暑さを乗り切る(汗)


なんだか最近、急に気温が上がってきている感じがします。
まだ5月にも関わらず、もう夏が始まったかのようです。

南町田の施設の演奏の日も、とても暑い1日でした。


家元3

室内での演奏で良かったです。屋外だったら大変でした。

室内とはいえ、演奏をしていると自然と体温が上がります(汗)
着物で演奏しているので、さらに暑く感じます。


暑さ2

体温が上がってくると、大量の汗をかきます。
スピードの速い曲を弾いている時など、汗を拭いている暇がありません。

私は汗っかきなので、これからの時期は対策が必要です。


暑さ1

良いものを見つけました。これ快適です。
「自宅で洗濯機で洗える着物」です。
これ汗っかきの私にはとても助かります。
生地はポリエステルで出来ていて
かなり丈夫なので洗濯機でジャブジャブ洗えます。

本来、着物は生地が繊細なので
洋服のように頻繁に洗濯する事が出来なくて困っていました。
とくに汗が着物についたりするとシミになりやすいこともあり
いつも演奏の後大丈夫かどうか心配ばかりしていましたが。。。
これを見つけてからは演奏中に汗のことを
まったく心配をする必要がなくなりました。
この夏の演奏も着物で快適に乗り切れそうな気もします。
この洗える着物を来て、これからの演奏、大量に汗かきながら
一生懸命頑張りたいと思います。


■今回の演奏の様子です。https://kunikaze.jimdo.com/ボランティア3/


にほんブログ村 音楽ブログ 三味線・津軽三味線へ
にほんブログ村

お酒とケーキと三味線と



会社の後輩が、仕事で賞を獲得したそうです。

前にいたセクションの方々から
そのお祝いも兼ねての「飲み会」に誘っていただきました。
おめでとうございます。私も楽しくお酒を飲ませていただきました。
会の終盤で、突然、テーブルにケーキが運ばれてきました。


ケーキ1

ケーキを運んできてくれた幹事が話し始めました。

「私たちからお祝いさせてください。
 仕事の賞の獲得おめでとうございます!
 そして邦風さん、新しいセクションへの移動おめでとうございます!

え?? 私まで?? ちょっとビックリして、なんだか恐縮しました(汗)
テーブルに運ばれたケーキを見てみると。。。


ケーキ3

あっ!!!!!!!な、なんと、ケーキに似顔絵が描かれています。
プロレスが大好きな後輩の似顔絵が描かれたその横に。。
なんと三味線を持った姿の私までチョコレートで描かれていました(汗)
髪型、服装、三味線、これは間違いなく私のようです。
皆さんで絵を考えて、ケーキ屋さんにお願いして作ってもらったそうです。
お祝いのサプライズプレゼントだそうです。
後輩だけでなく、私まで描いてくださるなんて。。。
温かいお心遣いに心から感激してしまいました。

嬉しいです。心のこもった美味しそうなケーキをみんなで
食べる事になりました。私の分も運ばれてきました。


ケーキ2

あ、気を使って、私の顔の部分を切って運んできてくださったようです(汗)
ありがとうございます。なんだか自分の顔を食べるのも複雑な気持ちですが。。
みなさまのサプライズプレゼント、感謝の気持ちでいただこうと思います。

「青森の、三味線の大会の優勝もおめでとうございます。」

突然の先輩の言葉にも驚きました。FACEBOOKで知ってくださったようです。
ありがとうございます。仕事とは直接関係のない三味線のことまで
おめでとうと言われて、なんだかさらに恐縮してしまいました(汗)
みなさんからのサプライズのケーキの味は
甘くて優しくてとろけるような味わいでした。
温かい上司や、優しい先輩、思いやりのある後輩のおかげで
今の私があると感じます。素敵な温かい方々です。
ご縁に感謝しながら、このご恩が少しでも返せるように
新しいセクションでも、今後の三味線活動でも、みなさまに
何か良い報告が出来るよう、これからも頑張っていきます。

今日は南町田で1時間の演奏してきます。頑張ります。



■今後の演奏予定を更新しました。
 https://kunikaze.jimdo.com/今後の出演予定/

にほんブログ村 音楽ブログ 三味線・津軽三味線へ
にほんブログ村

シーモア•バーンスタインさんの言葉



会社の帰りに、高田馬場にある老舗の映画館に立ち寄りました。

「シーモアさんと、大人のための人生入門」
という映画がどうしても見に行きたくなったからです。
89歳のピアノ教師シーモア•バースタインさんを撮った
ドキュメンタリー映画ということで興味がわきました。


シーモアさん2

この方は50歳で、コンサート活動に終止符を打ち
それ以降は「教える」ということに人生を捧げているそうです。
自分の今後の生き方を考えるうえでも参考になりそうです。
映画は、ピアノの前で美しい音を紡ぎだすシーモアさんの姿だけではなく
生徒に音楽を教えるシーンや、シーモアさんのこれまでの体験談
そして独自の人生の哲学についても、自身の言葉で語られていました。


シーモアさん3

音楽の素晴らしさ、そして音を愛するということ
さらにそれを表現することの素晴らしさと嬉しさ
音楽の心や哲学を伝えていく事の面白さが伝わってきました。

“ じぶんの心と向き合うこと、シンプルに生きること
 成功したい気持ちを手放すこと。
 積み重ねることで、人生は充実する。”


シーモアさんの言葉が私の心にとても深く響きました。
良い言葉を語られるシーモアさんの演奏にも釘付けになります。


シーモアさん1

何よりも一音一音、愛おしそうに、嬉しそうにピアノを奏でる
シーモアさんの優しい表情や眼差しに多くのことを感じました。
本気で音楽を愛するということ、人生を愛するということ
自分の人生を生きるということを教えてくれた気がします。

音楽と人生の融合を、シーモアさんの生き方から感じました。

ああ、これはとても良い映画に出会ってしまいました。
見終わってから、自分の人生と三味線のことを思いながら
今後の生き方について深く考えはじめている自分がいました。

“ 音楽に情熱を感じていたり
 楽器を練習する理由を理解していれば必ずできる。
 音楽家としての自分と普段の自分を
 深いレベルで一体化させることが。
 するとやがて音楽と人生は相互に作用し
 果てしない充実感に満たされる。”


私の胸を深く打つ言葉をいただきました。
私もいつか果てしない充実感に満たされることを夢見て
これからも三味線の一音一音を愛おしく思いながら
演奏活動と仕事と人生を大切にしていきたいと思います。



■映画「シーモアさんと、大人のための人生入門」
 とても良い映画で、自分の生き方を見つめ直す事が出来ました。
 http://www.uplink.co.jp/seymour/

WEB.jpg


■同時上映されていた「ブルーに生まれついて」も素晴らしかったです。
 ジャズがたまらなく好きになる音楽映画でした。
 http://borntobeblue.jp

にほんブログ村 音楽ブログ 三味線・津軽三味線へ
にほんブログ村

めまい(汗)


ロンドンで活躍している津軽三味線演奏者の一川響さんが
日本に一時帰国されたタイミングに合わせて開催された
教室の「名取勉強会」の講師を引き受けてくださいました。


切り開く1

ロンドンで三味線活動するにいたるまでの経緯や
現地での活動状況、日本と海外での反応の違いなど
いろんなお話をしてくださり、とても刺激を受けました。

私ももっと現状に満足せず、自分を高めなくてはと思います。


切り開く2

響さんの話を聞いて「現状維持」という気持ちではなく
つねに「向上すること」を考えて行動しようと思いました。

学んだ事は即実践です。依頼のあった施設での演奏で
今まで演奏した事ない曲にトライしてみる事にしました。


切り開く3

津軽ものの演奏以外に、秋田もの、全国の民謡、現代曲
童謡、演歌、流行歌など、ありとあらゆる曲をメドレー形式で
兄弟子と演奏させていただきました。
慣れていない曲ばかりでまったく気が抜けません。
曲数もいつもの倍の曲数で、1時間大忙しの演奏です(汗)
でも、チャレンジする気持ちや、必死で真剣な気持ちが伝わるのか
会場も皆さんも最後まで真剣に聴いてくださり
演奏を終えると、割れんばかりので盛大な拍手をいただきました。
最高だと言ってくださった方や、涙ぐんでいる方の近くに言って
お話ししたいと思ったものの。。。。

今回かなり集中して消耗したのか、少しフラフラになって
めまいまでしている自分に気づきました。
自分を向上させるって、なかなかの真剣勝負です(汗)
でもこれからも、フラフラしながらも
自分をもっと向上させるために頑張ります。



■フラフラになりながらも演奏しきった今回の様子です。
 https://www.kunikaze.com/演奏活動/

厳しい言葉


毎週のボランティア活動は、私のライフワークになっていました。

どうすれば楽しんでいただけるか試行錯誤し続けてきて
私の中で定番のスタイルが出来てきた感じがします。


邦楽さん2

定番スタイルが出来てくると、自分の中に安心感ができてきます。
でも、その「安心感」は気を抜くと「慣れ」に繋がる感じもします。

このままでいいのかどうか。。信頼する兄弟子に相談しました。


邦楽さん3

演奏プログラムを見るなり、兄弟子の顔が真剣な表情になりました。
どこか現状に甘んじている私の弱さやずるさを感じたようです。

曲目の見直しと、構成の修正、さらに1曲1曲の演奏の仕方を
兄弟子の厳しい指導のもとやり直すことになりました。


邦楽さん1

「だめ、曲の途中で、そんなあまい音をだしちゃ絶対ダメ。」
「君が気持ちよく弾いていると思った時が
 一番よくわからない演奏になっている。」

「自分の演奏に酔わない。よく聴く。とにかくよく聴く。」
「一音一音をしっかりと出し切る。責任を持って出し切る。」
「君の演奏の責任者は君だ。指揮者も演奏者も君だ。責任を持って。」
「リズムが違う。勝手なリズムになりすぎている。」
「あーーダメダメ。やり直し。最初から。」
「人差し指が0.1秒浮いている。遊んでる。あまい。」
「音がぼんやりしている。グラデーションみたい。もっとはっきりと。」
「君が思う以上に聴いている人は、君が何弾いてるかさっぱり分からない。」
「澤田邦風は綺麗な音を出せ。一音も荒い音を出すな。」
「クニュクニュした音が多過ぎる。指を動かし過ぎ。」
「せっかく演奏できる舞台に感謝しなきゃ。新たなトライをしなきゃ。」

すべて兄弟子からいただいた言葉です。すごいです。
厳しい言葉の裏に、私の演奏の脆弱さを叩き直そうとしてくれる
兄弟子の真剣さと温かさを感じました。
ここまで言っていただける事久しぶりです。感謝です。
尊敬する兄弟子と出会えた事に感謝しています。

しかもなんと。。今回のボランティア演奏も付き合ってくださいます。
身を引き締めながら本日の演奏頑張ろうと思います。
今日の兄弟子との演奏頑張ります。


にほんブログ村 音楽ブログ 三味線・津軽三味線へ
にほんブログ村
プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ