アイデア打ち合わせは戦場です。

打ち合わせ


いつの間にか会社の中では
ベテランという扱いになってきてしまいました。
最近打ち合わせが、正直怖いです。
みんなで考えてきたアイデアを持ち寄るのですが
若手のころとは違って、ベテランとして
何案くらい持っていくのがいいか悩みます(汗)

ベテランが100案頑張って持ってきたら、
その必死さに若手がひいてしまいそうな気がします。
かといって1案というのも、よっぽど確信がない限り
難しいです。そもそも、そんなに自信がありません(汗)
今日の打ち合わせは10案にしました。
ゆるい案も少しまじっていますが
ベテランらしい、いい量な感じがします。

「じゃあ、みんなどんどんアイデアを発表していこう。
 まずは若手からいこうか。新人からいこう!」


こういう打ち合わせはだいたい若い順になります。
2人、3人、4人どんどん発表していきます。
私の順番はラストの8人目ですが、私の番まで来るあいだに
持ってきた10案がどんどん出しづらくなってきました(汗)

すでに、途中で私の持っている10案が危うい状況になってきました。
4案がすでに若手ともろにかぶってしまいました。
若手と同じ案では、ベテランの意味がなくて出しづらいです。

2案は私のアイデアをより進化させた案が新人から出てしまいました。
アイデアは同じでも、私のほうが浅いので出しづらいです。

さらに2案は、若手が「浅いよ、こんな案。」と怒られていました。
まずいです。それ私も書いてきてしまいました(汗)出せません(汗)


10案持ってきたのに、すでに残るは2案です(汗)困りました。

「いいじゃん!この案!最高だよ、素晴らしい!」

私の前に案をを出した人がすごい勢いで褒められていました。
その案、私の残り2案のうちの1案と同じです。。(涙)
困りました。後輩の手柄を横取りするみたいで逆に出しづらいです。
残る1案を自分でたしかめたところ。。
自分でも驚くほど、ものすごくゆるい案です。
でも、これしかありません(大汗)
しかも1案です。自信もない案で1案です。。
トリです。みんな期待して私の案を見ようとしてくれます。
思いきって1案を説明しました。

「ん。。。え? ん。。。。これ1案?。。あ、ん?。。。。。。
 あー、なるほど、そうか、さすが。あえてこういう案をおすんだ。
  なるほど、、、逆にすごいね。ベテランは違うね!これをおすんだね、」


違います。まったくおしてません。
なんでこの1案をだしているのかも自分で分かりません。
妙な間があった後、みんなが真剣に案を
理解しようとしてくれています(大汗)
みんなベテランに対して優しくて、持ってきた1案にはよっぽど深い考えや
意味があるんだろうと思って解釈してくれています。
ありがたいけれど申し訳ないです。うわっ、見ないでください。
流してください。こんな案ですいません(汗)

「はい、あえて、こういう案を考えてきました(涙)」
ベテランの苦しまぎれの発言です。どうかお許しください。
いやあ、情けなかったです。まさかこの案1点押しになるなんて。
やはりこれからは100案は一応用意しておいたほうがよさそうです。

そういえば。。

「若手に弾く手を全部やられちゃったよ!」

ある三味線の名人がライブの中で言ったことを思い出しました。
じょんから節を様々な人が弾いた後の
最後のトリをその名人の方が務めたのですが
先にいろんな方がさまざまなフレーズを弾いた後なので
やるフレーズがなくて、やりにくいと言って笑っていました。

ただ、演奏しはじめた途端会場が盛り上がりました。
誰も弾かなかった即興フレーズからはじまり
途中に聞いたこともないすごいメロディーライン
様々な演奏のバリエーションもいれて
他の人とはまったく違うじょんから節を聞かせてくれました。
さすが!と心の底から感動しました。

トリを務める人はやはり
技の数とテクニックと経験がいるんだと思いました。
自分の中に、たくさんの引き出しや技の数
があれば、人の出さないアイデアで勝負できるんだと思いました。
私もトリを務められる技術や経験を積んでいきたいと思います。
今日も仕事と三味線頑張ります(汗)




誤解です。私は無罪です。

サウンド

電車の中で

朝の満員電車で
誰かが聞いているヘッドフォンから音がかなりの音量で
漏れていました。ロック系の音で、ヴォーカルの歌詞も
はっきり聞き取れるほど漏れていました。

私もヘッドフォンをして音楽を聴いていたのですが
周りの人の目線や表情から、
私が疑われている事がわかってきました(汗)

すいません。この音は私ではありません(汗)
ヘッドフォンはしていますがロックではありません。
聞いているのは、今週の教室で唄えるように
「黒石よされ節」という民謡の三味線と唄を聞いています。
しかも周りに聞こえてしまうと恥ずかしいので
かなりボリュームを小さくして
周囲に漏れないようにかなり気を使っているので
絶対に私ではありません。
私の生き方の中にも、見た目的にも
あまりロックという要素はないはずなのですが
ものすごい勢いで周りの方から睨まれてしまいます(汗)

「あ、この音違います。だってほら、私が聞いているの
 民謡ですよ。こんな激しいドラムやギターは入っていなくて
 楽器は三味線と、合間に少し入る和太鼓だけですよ」


と言って聞かせたいくらいなのですが
それも変わった人として扱われそうで出来ません。
いっそのこと毎日通勤するときに
私は和楽器を聞いています
というバッジなどあれば嬉しいなと思いました。
もしかしたら和楽器をしている人同士
交流も出来るかもしれません(笑)

その時、電車が急ブレーキを踏み
乗っていた人たちがドドッと倒れそうになって
私もよろけた瞬間、だれかに引っかかって
ヘッドフォンが再生プレーヤー本体から抜けてしまいました(汗)

「ベベベベンベベン はっ!
 くぅろいぃ〜しぃ〜〜♪ よさぁれぇ〜〜ぶぅ〜〜〜しぃ〜〜〜♪」


車内に民謡が響き渡りました(汗)
これがプロの民謡であればまだいいのですが
なんと稽古中に私が唄っている声が、
すごいボリュームで流れたのです(大汗)
かなり怪しい音程で私の声が響き渡り、あまりに恥ずかしくて
慌てて電源を切りました(汗)
急に流れた怪しい音程の民謡に大爆笑する人、
びっくりする人、ニヤニヤする人、不信に思う人、ひそひそ話しする人
などいろんな反応があり、赤面してしまいましたが。。
激しい音漏れのロックを聞いている疑い
だけは逃れることができました。恥ずかしさと引き換えに
無罪を勝ち取りました(涙)

なんとか不幸中の幸いです。
こんな風にとつぜん私の歌声が流れても恥ずかしくないレベルに
自分の唄のクオリティーも上げていこうと思いました。
今週も仕事と三味線と唄と頑張ります。

広がる髪と三味線の皮

かみ

天気予報によると

もうすぐ梅雨入りするそうです。
冬がようやく春になったと喜んでいたら
もう梅雨の時期なんですね(汗)

なんだか今朝鏡を見たら
私の髪の毛の膨張もすごいことになっていました。
もともと天然パーマ気味なので
広がり、毛先の暴れ具合は植物的な感じでした(汗)

昨日も湿度がすごくて
私の髪の毛の広がりもフニャフニャと
広がり放題だったのですが
なんと三味線まで湿気にでやられてしまいました。

「あ!!破れてる!!」

と思わず大声で叫んでしまいました。
昨日、三味線のイベントがあったのですが
持ってきた三味線の皮が激しく破れていることに気づいて
思わず声を出してしまったのです。(汗)

三味線の皮は湿気に弱く、ある程度まで耐えるものの
ひどい湿度や、急な温度差があったりして限界をこえると
突然、皮がばりっと音をたてて破れてしまうのです。
本番前なのでかなり動揺してしまいました(汗)

こんな場面に慣れている方から

「とりあえず裏側だからガムテープで塞いで演奏しなさい。
 多少の音の悪さは我慢して弾けばいい。」


とアドバイスをいただいて、ガムテープで裏側を補修して
なんとか演奏を終えることができました。
でも、皮だけでなく糸の調子もひどく狂ってしまい
気が気ではない演奏が続きましたが、無事終える事が出来ました。
すぐに皮張りの修理に出そうと思います(汗)

三味線にとって湿気の多い大変な季節

のはじまりを感じました。梅雨の三味線の管理はかなり大変そうです。
練習場所、演奏場所、収納場所の状態に気を使わなくてはいけません。
私は湿度とか温度とかの変化を、あまり感じず気づくのが
鈍いタイプなので特に気をつける必要がありそうです(汗)

私の髪の毛が、湿度を感じるセンサー

だと思って、こまめにチェックしてみようと思いました。

今日も髪の広がり方からして、かなり湿度は高いようです。
三味線のコンディションに気をつけながら
そして自分の体調管理にも気をつけながら
今週も頑張ろうと思います。

呼吸を合わせるということ。

呼吸

人と話すときに。

「そういえば。この前!こんな‥‥‥」

と人に言おうと思うと、

「でね!結論から言っちゃうとね!つまりね!あの‥‥‥」

という声の大きい聞き取りやすい人と、
タイミングがかぶってかき消されてしまいます。
タイミングがかぶったことも、もともと声の小さい事も、
途中でかき消された事もまるでなかったことのように
急に聞き役に回ろうとしたりします(汗)
言おうと思っていた事、突然やめて譲る感じ、なぜか恥ずかしい感じ
日常生活でよくあります。なんだか人と話すのって難しいです。
逆に声の小さい人、無口な人のことも気になります。
私の声が知らない間にかき消していないか、
気になって話に集中できません。

「自分の演奏を聞いてくれという姿勢ではだめ。
 唄い手の伴奏に徹する。そのためには唄い手の呼吸を読むんだよ。」


三味線の兄弟子が、民謡の伴奏をする時、いわゆる「唄付け」の
極意を教えてくれました。唄い手の呼吸に併せて、
相手と同じ息の吸い込み方息のはき方を感じながら、
その呼吸を感じながら呼吸を合わせて演奏する。
その結果いかに相手の唄をひきたてるか
それが三味線の唄付けの極意だそうです。

相手の呼吸を読む?

私にも、他の人も誰もが呼吸をしています。
その呼吸にはリズムや流れや間があるそうです。
いろんな癖や、いろんな調子があるそうです。
練習と本番でも、そして
その人のその日のテンションによっても変わるそうです。
その呼吸が読めれば、演奏の唄付けにおいて
一番大切なところが掴めるそうです。

すごいレベルの話です。
私にはまだまだ先の課題に感じました(汗)

今日の打ち合わせも、たくさんの自分の発言はタイミングを外し
言葉はかき消され、いろんな人のタイミングとかぶり、自分の意見を
うまく言えずじまいでした。
が、最後に自分の意見を言おうという気持ちをぐっと抑え
自分の意見を言うのをやめて話している人を観察してみました。
目や口ではなく、いろんな人の肩と喉と胸の動きにじっくり注目しました。
驚くほどの発見がありました。

「こんな風な考え方もできませんか?例えば、、、」

自分でも驚くほどの話出しでした。
急に自然に自分が話し始めたので自分でも驚きました。
しかも聞こえるかどうかの
小さくこもりがちな声でしたが、
なぜか最後まで真剣に聞いてもらう事が出来ました。
初めての経験でした(汗)

相手の話をしっかり聞いているうちに、
相手のリズムと呼吸を感じて、それにあわせてタイミングを掴んだのです。
兄弟子!すごいことを教えてくれた!!と気づきました。

唄付けの演奏の心は、相手を尊重する心

につながっているのかもしれません。
相手を一番尊重する気持ちがある上で
自分の演奏をどうさりげなく聞かせるか。
でもまずは相手の呼吸さえつかめるほど
徹底的に相手を思いやり尊重することができなければ、
何も始まらないんだと気づきました。

私はいままで相手の呼吸をつかむことができたいなかったように思います。
相手を尊重し、呼吸を合わせる事
自分の意見を聞かせる事や、主張する事よりも
まずは基本としてそこができていなければ
何も出来ないんだとわかりました。
唄付けの極意。何か大切なものがつかめた気がします。
今日も一日頑張ります。

イタリア大好きです。

サイゼリア

イタリアが大好きです。

でも恥ずかしながらイタリアにはいったことがありません(汗)
そう思えるのは、いつも行くサイゼリアのおかげです。
行った事もないのに、勝手にイタリアを大好きになっています。

実は最近ハマっているわけではなく、学生の頃からです。
八王子にあったサイゼリアによく通っていました。
イタリア料理を安い値段で楽しめて
気さくで気兼ねなく食べられます。味も美味しいです。

イタリア料理=高い
こんなイメージをなくして、日本人にとってイタリア料理=楽しい、
気さくなイメージにしたことがとても偉いと思います。すごいです。
学生時代にエスカルゴのオーブン焼きなんて
絶対食べられないないものだと思っていたのに
このお店のおかげで食べられました(汗)嬉しかったです!

こんな形で、敷居の高そうなものを、ポピュラーにできないかな
親しみのあるものにできないかな、と思ってしまいました。

津軽三味線=敷居が高い

と思っている方も多いようです。
伝統芸能や和楽器のいいイメージもあれば
とっつきにくくて、距離があるように
思われる時もあります。
もともとは日本人にとって親しみのある楽器なので
津軽三味線=楽しい、気さく、と思えるようなことが
できないかなと思ったりします。
私がそんなことをいきなり考えたところで
なかなか一筋縄では行きませんが
出来そうなことから出来る範囲で
こつこつやっていきたいと思います。

そんなことをぼんやり考えていたところ

「空いているお皿かたづけてもいいでしょうか?」

と、店員さんが私のテーブルの食べ終わった皿を
片付けてくれようとました。
「あ、お願いします。」と言ったとたん
1皿、2皿、フォーク、ナイフ、グラス、プレート
一人の女性の店員さんがそんなに持てるかと思うほど
どんどん自分の体に皿をのせていき、テーブルにあったものすべてを
片付けて行きました。すごい!サイゼリア!
当たり前のようにものすごい量の皿を片付けてくれます。
カッコいい!人間の限界を超える量を持っています。

気さくにみせつつ、すごい技を見せる 

これはまさに私のやりたいライブの理想型だと思いました。
入り口を拡げる演奏や行動がしたいと思います。
三味線を聞いた事ない人、接点のない人に
聞いてもらえる入り口を拡げたいと思っています。

なんだ、三味線って聞いて感じればいいんだ

と思ってもらえるようなことができれば嬉しいです。
今日はその結論が出るまでサイゼリアのドリンクバーを飲み続けたのですが
結局結論が出なかったので、ワインを注文しました。
これも安くて美味しくて涙が出そうでした(笑)いたれりつくせりです。

サイゼリアには、何か三味線のヒントになりそうなものが
たくさんある気がします。今週また来ようと思います。
ありがとうございます。サイゼリア。イタリア大好きです。
プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ