スランプ?100年早い?

仕事がややスランプに陥っていました。
スランプ、という言葉を使うといつも
中学校の時の担任の先生のがいつも頭に浮かびます。

チューチューというあだ名の先生でした。
なぜそんなあだ名になったかは忘れましたが(汗)
明るくて人を育てる事に情熱的な先生でした。


へ1

チューチューはいつも本気でした。
授業も汗かきながら唾飛ばしながら、必死に教えてくれます。
勉強だけでなく、学ぶ姿勢、生きる姿勢についても
本気で語る事もありました。当時の私は、迫力に圧倒されつつ
真剣に聞きつつ、でもなぜかうつらうつら寝てしまう時もありました(汗)


へ2

今思えば、なんだか眠かった時期でした(汗)
チューチューはそっと忍びよってきます。
寝ているのでまったく気づきません(汗)


へ3

目の前に立って、真正面からものすごい勢いで
「なんで大事な話をしているのに寝てるんだ!真剣に聞け!
お前は疲れたら寝るのか!そんなあまい気持ちでここにいるのか!」

と怒られました(汗)寝耳に水どころではありません。
寝耳に怒号で心臓が飛び出そうになりました(汗)


へ4

最近三味線で、なかなか出ない音があります。
一時期出ていたのに、急に出なくなった音があるのです。
やればやるほど、意識すればするほど出なくなっているのです。
その瞬間なぜかチューチューの言葉が頭に浮かびます(汗)

「お前最近体調も勉強も部活も、スランプって思ってないか?
スランプ?不調?ふざけるな。お前がスランプなんて思うなんて
100年早いぞ!最高レベルまでやってそれでも調子がでない時が
スランプだぞ。お前なんて本当に全然まだまだだ。ちゃんとやれ!」


ほんとうにその通りです。スランプ、不調という言葉に
逃げそうな自分をびしっと律してくれます。


へ5

同級生からあとでこんな話を聞きました。
私は寝るたびに怒られた記憶しかなかったのですが、
あるときチューチューは寝ている私の側でこんなことを言ったそうです。

「みんな見てごらん。こいつまた寝ているよ。
 ほら目をつむって真剣な顔をして(笑)でもね、みんな。
 こいつは寝ているようで、もしかしたら考え事を
 しているのかもしれないな。未来の自分を、世の中を真剣に
 考えているのかもしれないよ(笑)邪魔しちゃいけないかもね。
 いつも怒ってしまうけど、試しに今日はこのままにしてみよう(笑)
 何かいいこと思いつくやつになればいいね(笑)」


あとで聞いて冷や汗をかきました(汗)全く知りませんでした。
そんなこと。怒られてばかりだと思っていました。
この皮肉、このユーモア、この厳しさと温かさ。
なんだか、チューチューのこの言葉忘れられません。

私は今でも、ちゃんとやれていることもあれば
ちゃんとやれていないこともいっぱいです(汗)

チューチューごめんなさい。あの時も寝ているだけでした(汗)
あの時考えていたかもしれない未来が今と思うと
何も出来ていない自分に申し訳なさで焦ります。
あのときの居眠りを「何か考えているかもしれない」と見逃してくれた恩を
少しでも返せるように今日も三味線と仕事頑張ります(汗)

生むことと育てること。

キャサリン妃に子供が誕生したと聞きました。
おめでたいニュースです。新しい命の誕生です。
ご夫婦ともに良い表情でした。

私にもいいニュースがありました。
い1

ライブに向けてコツコツ作っていた曲がほぼ完成したのです。
「SPIRIT」という曲です。初めての三味線の2人用の演奏曲です。
曲作りなんてまともにやったことがないのに一生懸命やってみました(汗)


い2

突然お風呂に入っている時や歩いている時に
思い浮かぶ事をメモしながら、それらの断片を
楽譜化することを繰り返しかなり長い期間悩みながら作りました。
楽譜上は良い曲になったような気がします(汗)

い5

問題はここからです。楽譜に起こしたところからが始まりです。
先輩の兄弟子にこの曲を「2人の演奏」として形にできるよう
時間をとっていただいて練習に練習を重ねました(汗)

時間と回数を重なるほど、楽譜だけだった音楽が
立体感を持って見えてきました。見えて来た瞬間
心が震えるほど嬉しかったです。


い4

練習をドアの外で聞いていた姉弟子が
いまの2人の演奏のいいとこを誉めてくださり、
さらにもっと改良するところ、出来ていないところ、目指すべき方向

をたくさんアドバイスしてくれました。嬉しかったです。
長い時間付き合ってくださって、いろんな発想を加えていただきました。


い3

私の大好きなサイゼリアで、
この曲をもっとよくするにはどうするのがいいか
さらに三味線をもっと楽しんでもらうライブにするにはどうすべきか

たくさん意見やアドバイスをいただくことができました。

師匠までも心配してくださり、どういう技やアレンジを加えるか
真剣に長時間アドバイスしてくれました。ありがたいです。
兄弟子、姉弟子、師匠感謝です。
本当に新しい『SPIRIT』という曲が完成しそうです。

曲作りは作ることよりも、きちんと育てる事のほうが大切

ということを教えていただいた気がします。
育て方によって良くもなれば悪くもなります。
私の作った不出来な曲を
真剣に周りの方が育てようとしてくれた結果、
かなりいいものになる兆しが見えてきました。嬉しいです。
ありがたいです。
この曲が、生みっぱなしの曲にならなにように
私も真剣に育てていきたいと思います。
どう育てるべきか、どう良く育てるかの知恵をいただきました。
この曲、素晴らしい曲になりそうです。
頑張っていい曲として演奏できるよう今から練習にはげみたいと思います。

三味線をメジャーにしたいです。

千原ジュニアさんが
三味線を習っているというお話を聞きました。
人気のある方が、三味線に興味を持ってくれて
そして広めてくれるのはとても嬉しいことです。


よ1

芸能人の方や有名な方がどんどん和楽器に取り組んでくれれば
和楽器や三味線の人気がどんどん上がるといいなと思います。

朝、テレビでニュースを見ていると
「さあ、みなさんお待ちかねのスポーツです!」
と言って、急にスポーツ番組になってしまいました。


よ2

私はあまりスポーツに興味がありませんが
「さあ、みなさんお待ちかねの」
という言葉から、多くの方はスポーツに興味があって
ニュースを見ながらも待ちかねているんだと思いました。
三味線がスポーツのようにメジャーになって
「さあ、みなさんお待ちかねの和楽器です!」
と、ニュースの途中で言ってくれるようになったら嬉しいです。

昨日仕事でお会いした方と趣味の話になり三味線の話になったのですが。。

よ3

三味線のイメージ自体がまったくないそうで、
どんな音でどんな感じか、何が面白いのかなかなか理解してもらえず
熱く語れば語るほど空回りしてしまって伝わりませんでした(汗)

同じ会社で、ダンスに夢中な方がいます。
とても頑張っていて、いろんなステージにも出演しています。
道は違いますが、仕事をしながら自分の好きな世界を
追求しようとしていることを心から応援しています。

よ4

ダンスは今、とてもメジャーです。大人気です。にも関わらず
「三味線いいっすね!いつか三味線とダンスで一緒にやりましょう!」
と言って応援してくれます。ありがたいことです。
もっと私の腕をあげなくてはと思います(汗)

野球、サッカー、ゴルフ、ダンスに比べると
三味線は、やっている方の人数も少なく、見る機会も少なく
よくわからなくて、難しそうで、まだまだマイナーな世界

に感じられているような感じがします。

よ5

私に何が出来るかはわかりませんが
三味線を知らない人に、もっともっと知ってもらえると嬉しい
といつも思っています。できればもっともっとメジャーで身近な存在に
感じてもらえるといいなと思います。

「さあ、みなさんお待ちかねの津軽三味線です!」
というセリフをニュース番組の中で聞きたいと本気で思っています(汗)
まだまだ腕はあまいのですが、SNS、ブログ、ボランティア、ライブなどで
どんどん三味線の音を聞いていただける機会
を増やしていきたいと思います。そんなことを考えながら
今日も三味線の練習と仕事頑張ります。

ざんしんな毎日です。

クライアントの方が帰り際に
エレベーターに乗る私たちを、丁寧にお見送りしてくれました。

や2

思わず恐縮してしまい、扉が完全に閉まるまで、
閉まってからも、こちらもずっと頭を下げた状態を保ちました(汗)

どの時点で、頭を上げるか悩み数十秒感そのまま頭を下げ続けました(汗)
終わるタイミングってとても難しいです。

電話を切る時も、よく悩みます(汗)
相手が受話器を置くまで、先に切らないというルールを守っています。

や4

でも、相手もこちらが置くまで切るのを待っているので
お互いぜんぜん繋がったまま、無言の数秒を過ごす事になります(汗)

切り時がとても難しいです。


かなり昔に、少林寺拳法を昔習っていたときに
「やめ!」という合図があっても、お互いすぐやめるのではなく
じっとお互いに構えたまま、気を抜かずお互いから目を離さず
数秒感、相手の動きに注意を払ってからやめるということ教えられました。

や1

残心(ざんしん)というそうです。心を残すと書きます。
最後を過ぎても数秒感は気を抜いては行けない、そこに心を残しておくこと
終わりまで集中する事が大切と教えていただきました。

三味線でも、上手い人は
演奏を終わってすぐにやめるのではなく、弾き終わっても
最後の音の余韻が響いている間、そしてそれが消えてからの数秒感も
じっと目を閉じて、左手を揺らし続けていました。

や3

真似をしてやってみるのですが
私は1、2秒が限界です(汗)なんだか周りの視線と
あまりの間に耐えられなくなってしまいます(汗)

最後の最後まで気を抜かない演奏をするために頑張って練習中です。

いつもメールを送ったり、コメント送ったり、ブログを書いたり
していますが、送った瞬間に目を離してしまいます。

や5

大切なのは、送ってから数秒感かもしれません。
今日からは、残心です。書いていたときの気持ちを、送信中にも持ち続け
「しっかり届いてください。」と念じながら送ってみます。

今日も仕事に心を込めて、演奏に思いを込めて
最後まで気を抜かないように頑張ります。

いつも読んでいただきありがとうございます。
しばらくの間、感謝の念を送ります。

初心にいつも帰るために

に1

久しぶりの上司と、お仕事を一緒にさせていただいています。

どんなことがあっても、この方の仕事は断らない。
と私は心に決めています。引き受けるのが大変な時も
受けた仕事が大変な時も私は絶対に断る事なくその仕事をやり遂げました。

「柿の種」が大好きな方だったので、今でも「柿の種」を食べるときには
その方を思い出し、背筋が伸びます(汗)


に2

サラリーマンになって2年目の時に、
初めて私一人の仕事を任せてくれた方がこの方です(汗)
誰も一人前と認めてくれていない時に、一人前と信じて任せてくれた恩を
私は忘れません。その時のデスクに置いてあったメモ
嬉しくていまでも大切に持っています。

に3

師匠の三味線の仕事に、初めて連れて行っていただいたとき
とても緊張しましたが、初めて舞台に立てたと思うと
嬉しい気持ちでいっぱいになりました。

さらに終わったあと、封筒に入った
「お弁当代」を初めていただきました(汗)

に5

「初めてもらったものは、神棚に飾っておくといいよ。」

神棚は部屋にありませんでしたが、師匠の言葉通り、
いまだに目に付くところに飾ってあります。

初めてのものを飾ると、初心に帰って身が引き締まります。

に4

どんなことも
続けていると最初の感動を忘れてしまいそうになります。
最初に持っていたドキドキする気持ちを
いつも持ち続けたいと思っています。

初めて買ったプラスチックのバチ
師匠からいただいた初めてのお弁当代、
上司から初めてもらった仕事依頼のメモ、
初めて会社員になった時の名刺、そして初めて私の演奏を
聞いてくれた方が、送ってくれた励ましの手紙
いつも最初の気持ちを忘れないよう
毎朝必ず見るところに全部飾るようにしています。
毎朝とても気持ちが引き締まります。

「最初の気持ちを忘れませんように。慢心しませんように。」

気持ちを引き締めながら、今日も三味線と仕事頑張ります。
プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ