ポジショニングということ

お湯をわかしながら、考えました。

いたるところに目に見えないルールがあるんだなと。


もも3

三味線の舞台でも、何気なく座っているようで
その人の力量によって座るべき位置があるそうです。


もも1

もちろん舞台に寄って多少アレンジはありますが
中央、上手、下手の考え方を大切にし
師匠クラスの座る位置、その次に上手い人の位置、
そしてその次に上手い方の位置など、それぞれ座るべき位置があります。

私はまだ駆け出しなので、後列の端っこになることが多いです。

まだまだ未熟なので、なんだかここが落ち着いてしまいます(汗)

もも2

会社生活でも
いたるところに目に見えないルールがあります。

会社の会議やプレゼンテーションでは、誰がどこに座るかが重要です。
偉い人の座る位置、次に偉い人の位置、進行役の人の位置、
遠巻きに関わる人の位置、ベテランの位置、新人の位置
横から口を挟みたい人の位置、途中退席する人の位置、など
座る位置が重要で明確な意味を持ちます。

打ち合わせ、プレゼン、宴席などでは先に誰がどこに座るか
席の位置を真剣にシュミレーションして決めたりもします。


もも9

エレベーターに乗り込んだ時の、何気ない立ち位置も
目に見えないルールがあります。偉い人の位置、中堅の位置
新人の位置があります。私はボタンを操作する位置が
操作に少し緊張しますが、この位置が落ち着くようになってきました。


もも8

タクシーも、何気なく乗り込んでは
サラリーマン失格の扱いをされてしまいます。
偉い人の座る位置、ベテランの座る位置、新人、中堅の座る位置が
目に見えないルールで明確に決まっています。


もも10

ただ、これはルール通りすればいいわけではありません。

状況によって、どうルールを変化させるかという
判断能力も必要です。しかも状況に応じたアレンジを
タクシーに乗り込む一瞬で、判断する必要があります。


荷物を大量に抱えた新人、かなり太った中堅の方
体の細い中堅、腰が痛くて置くには座りたくない偉い人
道に詳しくて運転手さんに指示したいベテランなど
ルールを変化させる必要があります。

人生は応用問題の連続です。

先輩達と回転寿しに行きました。
まさに応用問題でした。
どこが良い席か。真ん中?上座?下座?
それとも寿司の流れてくるレーンの上流のほう?これは悩みました(汗)

もも7

さらにその方達と、健康ランドにいくことになりました。

もも6

岩風呂に遅れて入ろうとしたのですが
どこが私の座るべき位置か悩みました(汗)
これは先輩に教えられていません。
どこが上座で、どこが下座か。。どこが岩風呂の景観を
新参者として邪魔しない位置か、かなり難易度が高かったです(汗)

そして、その後のサウナ。。

もも5

来る前に、裸の付き合いだから
無礼講でと言われましたが。。
きっとここにもルールがあるはずです。
私の立場では、どこに座るのがいいのか。
暖房が目の前にある一段目、それとも温度の高くなる2段目?
奥?真ん中?入り口近く?どこでしょうか。。

考えれば、考えるほど奥が深いです。

もも4

自分の座るべき位置。ポジショニング。場所。
好きな所に座ればいいって思うのですが
なぜか場所には、日本人にとって重要な意味があるような気がします。
安易には座れません。ここからは応用問題です。

いろんな答えはあると思いますが、一生懸命考えてみます。
そして一番良い方法を見つけてみたいと思います。
お湯が沸きました。コーヒーを飲んで頭をすっきりさせながら
今日も悩みながら三味線と仕事頑張ります。

日本人代表に、選ばれました。

昨夜は、私の所属する部の飲み会でした。
「秋の夜の部会」ということで、みんなで乾杯しながら話し
とても心温まる部会になりました。




楽しかった昨晩から一夜明けて
今日も朝早くから仕事です。早朝であれば、電車も
かなり空いているかと思ったのですが。。
いつも以上の満員電車でした(汗)


dede7.jpg

みなさん、早くから仕事しているんですね(汗)
日本人って、本当に働き者です。
私は覚悟を決めて電車に乗り込み、
変な姿勢で身動きできないまま仕事に向かいました。


dede6.jpg

最寄り駅の階段は
まるで順位を競うレースのようです。
たくさんの足音が聞こえて、ものすごいスピードで
私を抜かして行きます。負けていられません(汗)
私も早足で階段を登って行きます。

駅を出て仕事場まで、道を歩いてあと少しというところで
外国から来られている見知らぬ親子に話しかけられました。


dede5.jpg

「スミマセン、アキハバラハドッチデスカ?」

え?私ですか?方向音痴の私に?
しかも少しだけ急いでいるタイミングですが。。

わかりました。この方も困っているんです。
秋葉原くらい案内できます。

「えっと。。いいですか?
 ここからJRの山手線という電車に乗ってですね、山手線です。
 駅はここを右に曲がった場所にあります。
 そこからですね、上野方向に向かう電車に乗って
 たしか。。5駅くらいだったと思います。
 まずはJRの駅に向かって下さいね。」


私なりに、丁寧に説明しました。


dede2.jpg

伝わったかな?と心配になりました。
するとその外国の方が、改めてまっすぐ私の目を見てこう言いました。

「ノーノー。アキハバラ。ジテンシャ。イクニハドッチデスカ?」

自転車!?? ここから秋葉原まで?? なぜ自転車で??
すごい距離ありますよ。私も自転車で行ったことないですよ(汗)

しかもこの時間に。しかもこの方向音痴の私に。

思わず他の方に交代してほしいと思ったのですが
この急いでいる通勤ラッシュで交代してくる方はいなさそうです。

でも考えてみれば。。。
こんなたくさんいる日本人の中で
わざわざ私を選んで聞いて道を訪ねてくれたということは
この方にとって私は、道を教えてくれそうな
日本人らしい人に見えたのかもしれません。
つまり今の私は、この場において日本人代表の役割なんです。


dede4.jpg

日本人代表。OK。かしこまりました。

日本人代表として、あなたに向き合いましょう。

日本人は優しいんですよ。
忙しくても、心をなくさないのが日本人なんですよ。
こんな満員電車や通勤レース中でも
心を失っていないのが日本のサラリーマンなんですよ。
私は仕事で忙しくても、三味線の心を忘れない
サラリーマン三味線 邦風でした。
ここで逃げる訳には行きません。
一緒に自転車で秋葉原まで行く方法を考えましょう。

でも、どうすれば。。


dede0.jpg


よく周りを見渡しました。。

少し離れたところに、地図らしき看板がありました。

希望の光が差し込みました。地図があれば分かります。
自転車で秋葉原まで行けますよ!一緒に地図を見ましょう!
私は地図を見ることが一番苦手なのですが
きっと外国の方よりは分かるはずです。日本人代表です。
必死に見ながら、こっちが北で、いまここで
道と方向を確認し、なんとか秋葉原まで行く道を見つけ
お伝えすることが出来ました。


dede1.jpg

行き方がなんとか伝わったようです。
親子の顔がぱっと明るくなりました。

「オッケー。サンキュー。アリガト。グッバーイ。」

お気をつけて。どういたしまして。
日本へようこそ。どうかご無事で、秋葉原に到着できますように。
そして日本を楽しんで頂けますように。

あ。。仕事。。打ち合わせが。。
すいません。今日は仕事、少し遅刻になりそうです。

「日本代表に選ばれたので、日本人として恥ずかしくないよう
 精一杯頑張って遅れました。すいません。」

駄目ですね、こんなの理由にはなりません(汗)
遅刻は「理由を語らず謝る」のがサラリーマンの掟でした。

今日も仕事と三味線頑張ります。

これからも、なで肩でいこう。


カバンの紐を、何度肩にかけても
気がつくと、するっと落ちてしまいます。
私の肩は、かなりの「なで肩」です。


ほほ1

中高生の頃、自分の肩が
他の人の角度と違うことがコンプレックスでした(汗)

ほほ2

写真に写る時は、少し両肩を上げて
男らしい怒り肩に見せるようにしたりしていました(汗)

どうすればなで肩が、いかり肩になれるか考えたこともあります。

先日、仕事で、ある女性とお会いした時に
その方の立っている姿勢がとても美しく、思わずはっとしました。


ほほ4

まるでモデルのように見えました。
上から何か紐で吊られているかのように
背筋がピンと一直線になっていて、とても綺麗な立ち方でした。
かといって、固く緊張している感じにも見えません。

ポイントは肩の見せ方でした。肩の位置を下げていたのです。

ほほ5

ピンとしているのに、緊張して見えず、美しく見せるために
あえてなで肩に見えるように、肩を下げていたのです。
姿勢を正しながら、さらに肩の位置を下げることで
首のラインがとても長く見えて
美しい姿勢がより際立って見えていたのです。

気づいたエレベーターの中で早速、練習しました(汗)

先日、会社で、昔、弓道をやられていた方が
弓道の、弓を射るその所作、構え方、姿勢などを教えてくれました。


ほほ3

美しい姿勢、力みの無いしなやかな動き、自然な構え方
そして心を無にして矢を放つ所作、的に当てるためだけではなく
これら一連の所作に重きをおくのが弓道の本質だそうです。
弓道の世界も、日本文化の奥深さが味わえそうで
とても興味がわきました。

力まないこと、力を抜くこと、真っすぐに向き合うこと。

今朝は、鏡に向かって、自分の三味線を弾く姿を
弾きながらしっかり見てみました。


ほほ7

改めて見てみると、いい音を出そうと思うあまり
力が入っていて、思った以上に肩の位置が上がっていました(汗)
力を抜いて自然にと思うのですが、弾き始めると
だんだんこんな姿勢になってなってしまいます。

肩の位置を下げてみました。


ほほ6

私のなで肩を、思い切りなで肩にしてみたのです。

なんだか、見た目だけ
背筋が伸びて上手い人の姿勢になった感じがしました(汗)

この姿勢で弾いてみたところ。。
いつもと違う弾き方になりました。肩が下がることで
手の力だけに頼れなくなるため、別の部分からの力が加わって
なぜか弾きやすくなったのです!

そして力も抜けて、なぜか音も強くなった感じがしました。

これ、すごいことに気づいたかもしれません。
肩の位置を下げただけなのに。。

肩。。体の使い方。。もしかして。。


体の使い方を考えるために
急に朝から、格闘家ブルース•リー見たくなりました。
じっくり観察してみました。

ほほ8

やっぱり!!!

戦っているシーンを見ると、驚くほど肩が上がっていなかったのです。
むしろ拳を突き出すときには、拳の位置よりも肩の位置が
必ず下がっているんです。しかも驚いたことに。。

ブルース•リーは、ものすごい「なで肩」なんです。
しかも、見たこと無いようなすごい角度の「なで肩」なんです。

驚きました。もしかしたら、あのなで肩が、あのスピードと力を
生んでいるのかもしれないと思いました。

私のなで肩が、ついに長所に変わるかもしれません。
今日からなで肩を誇りに、もっとなで肩になる努力しようと思いました。
今日も肩の位置を下げて、仕事と三味線頑張ります。




真剣な目で生きていますか?


会社の窓を、清掃されている方がいました。

清掃のベテランらしき方が、若い方に
厳しくも真剣にやり方を指導しているところに出会いました。

ほぼ無言のまま、若手にやらせてみたり
小声で何か注意したり、アドバイスしたり
かと思うと静かにベテラン自らがお手本となって
やり方を見せていました。




無口なベテランの方の目が
若手の方が清掃する動きを真剣に見ていて
その目が終始、とても厳しく驚きました。

xx2.jpg

真剣で鋭い眼光でした。それはプロの目でした。
若手のやることを温かく見守るというあまい目線ではありませんでした。
プロの目は、いついかなる時も
厳しい目である必要があるのかもしれません。

私もこういう目を持つ必要があるなと思いました。
仕事においてプロの目線であろうと思います。
若手の仕事をいつもより真剣な目で見つめることにしました(汗)


xx4.jpg

でも、なんだか疲れてしまったうえに
後輩の仕事の仕方や考え方は、特に厳しく言うところが
見当たらず、ただ目が疲れてしまいました(汗)


私はまだまだ真剣な目で後輩の間違っているところをつかめたり
後輩に対して、目だけで何か語れるほどの力はなさそうです。
月島での仕事の後だったので、たまには後輩と
いろいろ話そうと思って、一緒に月島で
もんじゃ焼きを食べて語らいに行くことにしました。

xx5.jpg

正直なところ、もんじゃを食べながらも
すきあらば、私の仕事への真剣なまなざしを見せたり
プロの目を見せながら、仕事のコツや大事なことを教えて
少し尊敬されるつもりでした。

あのガラス清掃の方のように、目で語りたかったのです。

でも。。。


xx6.jpg

なぜか、もんじゃ焼きを焼く時の煙が
後輩の方にはまったく行かず、私の方だけをめがけて
もくもくと立ちこめて、私の顔も見えず
後輩の顔も見えず、とても大事な話を
真剣な目でするどころではありませんでした(汗)
煙と格闘するのに精一杯でした。

煙で後輩の顔が見えない中、ふと
手に持っているもんじゃ焼き用のヘラが目に入りました。

このもんじゃ焼きのヘラに、使い方、もんじゃ焼きの食べ方には
美しい所作があると先輩から聞いたことがあるのを思い出しました。


xx7.jpg

ヘラを使って食べる時には
もんじゃをすくい上げるのは野暮だそうです。

ヘラですくって食べるのではなく、逆に
鉄板に上からヘラで押さえつけることで
ヘラにもんじゃをしっかりと密着させて、そのヘラを返すことなく
そのまま口に運ぶことが正しいもんじゃを食す時の美しい所作だそうです。


私は東京にくるまで、もんじゃを食べたことも
こんな所作があることも知りませんでした(汗)


xx8.jpg

これは難しく、なかなかうまく出来ませんでした。
でも、今日出来たのです。

自分が、「鉄板にヘラでもんじゃを押し付けた」と感じてから
そこでヘラをすぐあげず、さらに粘ってみるのです。
心の中でもう2秒だけ押し付けてみるのです。

心の中で「1、2」と数えながらヘラでもんじゃを押さえ続けるのです。

するとしっかりとヘラにもんじゃが引っ付いたのです。


これは。。。思っている以上にヘラを
ぐっと鉄板に押し込む力の使い方でした。
2秒の押し込みが大きな結果を出しました。

すごい発見でした。出来るようになりました。

これはもしかしたら。。。
三味線のバチの扱いにも応用できるかもしれません!!
よく見たら、もんじゃ焼きのヘラと、三味線のバチの形は
そっくりだと気づきました。小さいバチのようです!

xx9.jpg


バチで糸を叩くときに思っていることは
バチのふりによって、糸の振動を、しっかり三味線の皮に伝えて
三味線全体をしっかり響かせること。それをいかにしていかに響かせるか。

いままでは、バチを叩き付けるだけで
正確に糸の振動を皮に伝えるために
押さえつけが足りなかったのかもしれません。

バチでしっかり糸の振動を三味線の皮に押し付けたと思っても
そこからさらに数秒押し込むくらいの気持ちが必要な気がしました。

早速やってみたところ。。これが。。
音がいつもよりしっかり伸びました。切れ切れだった音に
伸びとハリが出てきました。全然音が変わる

まさに三味線全体が響いてくる感じがしました。
これはすごい!重要なことを気づいたのかもしれません。

もんじゃにヒントがありました。
月島ありがとうございます。後輩ありがとうございます。
何かつかめて来ました。今日も仕事も三味線も頑張ります。




青い鳥を追っています。


通勤の途中、家の近所でのあるお家から
三味線の音が聞こえてくることに気づきました。

津軽三味線ではなさそうでしたが、
優しい音色を出すために、いろんな技を使っているなと
聞いていて感じました。かなりの腕を持っているようです。

どんな方が弾いているのだろうか、と
思わず立ち止まってしまいました。


やや2

優しい音色は、かなり努力を重ねなければ出せません。
人が心地よく感じる優しい音色を、一生懸命研究しています。

先日は、電車の中で座っている私の目の前に
ご老人が立たれたので、あわてて席を譲りました。

やや3

これはとても分かりやすく、簡単にできる優しさです。

ただ。。世の中は、そんなに分かりやすいことばかりではありません。
微妙な年齢の方が目の前に立った時は、かなり悩みます(汗)


やや4

ご老人か、それともまだ働き盛りか
譲ることが優しいのか、失礼なのか、かなり迷います(汗)
「席かわります!」と言って「俺は老人じゃないよ!」
と思われたら申し訳ないので、なかなか言い出せないです。

そんな時に身につけた技です。青い鳥という技です。
ある瞬間、上の方に何かすごく重要なことが書いてある、という感じで
急に発見した顔を作り、思わずそれをたまらなく見たくて
つい我を忘れて立ち上がったようにするのです。

やや5

上の方に、何かとてつもない重要なもの。
たとえば、まるで幸せの青い鳥を車内で見つけたように
本気で自分で信じて表情を作ると上手く行きます。

そしてそれがまるで、羽ばたいてどこかに動いて行くのを
思わず自然に追っていくように
ゆっくり上を見上げながら車両の中を移動して行くのです。
こうして自然とできた座席の空きに
先ほどの方が座ってくれることを願いながら
振り返らず車内歩いていきます。
誰も傷つけない「優しさの技 • 青い鳥」です。
生きて行くには、いろんな優しさの技が必要です。

朝の窮屈な満員電車の中で
カップルが朝からとても仲良くしている時があります。
出来るだけ目をそらし、会話も聞かないようにし
二人の世界に入らないようにします。

やや7

カップルを取り囲む公園の木々のイメージで
自分の存在を消し、ただ太陽のほうを見て心を無にします。
公園に立っている木々の中の、木の役を演じきるのです。
これも優しさの技の一つです。

トイレの個室でもこの優しさは使えます。
隣の方がかかってきた仕事の電話に、思わず出てしまった時にも使えます。


やや6

この時もやさしさの技としては、自分の存在を消すことです。
相手の仕事の電話に、隣から絶対に音を立てないよう集中します。
水を流す音、紙を引っ張る音などもってのほかです。
ここがトイレであることがわかったら、その商談が
失敗する可能性もあります。隣り合うのも何かの縁です。
まるで空気のように、自分の存在をそこから消すようにします。
音を一切出さない空気をイメージすると
なぜか行動が上手くいきます。無音のまま行動が出来ます。

演じることは、自分をあたかも別の存在だと
信じこむことから始るのかもしれません。


やや8

私は役者ではありませんが
日常生活において、その場面に応じて
チルチルミチルを演じたり、木々になってみたり、
空気になってみたりしています。
すべては、自分が別の存在だと本気で信じ込むことで
出来ている気がします。

ということは。。三味線で考えると。。


やや9

自分は名人のように三味線が上手いと思い込んで弾けば
上手くなるかもしれないと思いました。
自分が未熟だと思って弾いているのと、名人だと思って弾くのでは
音が変わってくる感じがします。信じ込んでみようと思いました。

なりきることが重要です。信じ込むことです。

早速、三味線に向かってみました。
私は名人です。邦風名人。三味線の邦風(汗)。
名人になりきって弾いてみました。

あ。。お。。。少し音に余裕が生まれてきました。
何か変わったのです。
音に自信が出てきた感じがしました。
自分で名人だと思い込んだだけで
少し変わってきたのです。
バチの叩き方、指のスリ、すべてが堂々として来ました。
これはいいかもしれません。

録音してみました。でも。。聞いてみたら
名人にはありえない外した音が聞こえてきました(汗)
リズムはいいテンポになっていましたが、音はひどいものです(汗)
なりきるだけで出来るほどあまくはなさそうです。
当たり前でした。やはりきちんとした音を出すには
まだまだでした。きちんと修行します。

今日も仕事と三味線頑張ります(汗)。

プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ