コーヒーとブルボンと三味線と



寝不足な毎日です。
眠気を飛ばすためにも、朝はブラックのコーヒーがが欠かせません。
「アマレロブルボン」という豆を挽いてみました。


コーヒー8

アマレロブルボン。上品な香りと苦みがありながら
柔らかい優しい甘みを感じる豆で、ブラックで飲むのに適した良い豆です。
ブルボンというのはコーヒーの木の品種のことだそうです。

コーヒー1

純血な品種のため、育てるのが難しい反面
出来た豆は、独特な濃厚なコクと丸みを生む豆に仕上がるそうです。
これはコーヒーショップの店員さんの受け売りです(汗)


コーヒー2

見たこともない、ブルボンという木のことを想像しながら
コーヒーを飲みました。ここにブルボンのルマンドがあれば最高の朝でした。
良い時間を堪能したいところですが、そろそろ出社です(汗)


コーヒー7

昨日また難しい仕事を引き受けてしまいました(汗)
今の「20代の気持ち」をわかっていないと出来ない仕事です。
なんで私が。。と思いましたがやってみることにしました(汗)

コヒー9

遥か遠い昔になってしまった20代を思い出し(汗)
頑張ってみようと思います。そういえば。。先日も整骨院で。。

私の体と20代の体についての話がありました。

今のような生活スタイルを続けて年齢を重ねていくと
柔軟性がなくなって「固い木のような体」になってしまうので
気をつけましょうと言われました(汗)

コーヒー5

先生。固い木って(汗)なんとなく例えが切ないです(笑)
気をつけるようにします。出来れば味のある木になっていきたいです。

木と言えば。。
津軽三味線も木で出来ています。
主に、花梨か、紅木(こうき)とよばれる木が使われています。

コーヒー3

重みと独特な固さがあって、太く深い音を作り出してくれます。
「トチ」と呼ばれる虎柄のような木目の美しさは
見るたびに魅了されてしまいます。この木と自分の指で対話しながら
自分流の音色作りをしなければといつも思います。
木と糸に触れる左手の指の揺らし方を試行錯誤中です。


コーヒー4

音が生まれるどのタイミングで指を揺らし、どれくらい指を上下させるか。
それによって音色がまったく変わってくるので不思議です。
いい音が出る瞬間は、絶妙なタイミングと力の入れ方があります。
そして棹全体から音が響くように感じます。


コーヒー7

よい木の力をよい音に変えられるよう今朝も練習に力が入りました。
固くならないよう、柔軟性を持って三味線に取り組んで
味わいのある音を出せるようになりたいと思います。
そんなことを考えながら仕事に向かうと。
メンバーの中で私が一番ベテランだということに気づきました(汗)


コーヒー6

まだまだ若手か中堅のつもりでしたが
いつの間にか一番責任のある立場に立っていました(汗)
後ろからチョロチョロとついていこうと思う気持ちを捨てて
先頭に立つ覚悟を持たなくてはなりません。
朝から気合いが入ってきました。

20代を見習って、考え方が固くならないよう
柔軟性を持って仕事に取り組んで
味わいのあるベテランになりたいと思います。

コツコツといろんな経験を積み重ねることで
良い年輪を刻んでいけるよう、今日も仕事と三味線頑張ります。


親指は、もうすでに死んでいる。



昨日はプレゼンを終えた後に
クライアントの方から「良かったよ」という親指をたてた
合図をいただくことが出来ました。
親指ひとつでも相手の気持ちが伝わってきて、とても嬉しかったです。


親指01

仲間と夜、近くの店で軽く乾杯をしました。
最近、三味線における「ドラえもんの手」を意識するようになってから
人の手の動きが気になって仕方ありません(汗)
ふと、先ほどのクライアントの親指を思い出しました。
親指ってすごい存在なのかもしれません。
思わず、ジョッキを持つ親指に目がいきました。

親指08

実は、ある三味線の上手な方から
私の演奏について治すべきポイントを指摘していただいたのです。
それは左手の親指の動かし方についての指摘でした。


「あなたの演奏の仕方にはすでに弱点があります。左手の親指が死んでいます。」

親指02

こう言われました。演奏の弱点?左手の親指が死んでいる??
指摘に驚きました(汗)

言葉の意味が分からず、恥ずかしながら教えていただきました(汗)
親指をうまく活かしきれていないということのようです。
それどころか親指が無駄な動きをしているため親指の活躍を
殺してしまっているとのことです。

親指04

親指の本来の動き。活躍。親指を活かす。
親指を活かすという方法があるそうです。
本来ぐっと棹を握り込む形を親指がとることで
しっかりした生きた音を出すことができるのに
私の場合はそれが出来ていないため
音を殺してしまって弱くしているんだそうです。


親指07

分かりやすくするために親指に顔を描いてみました(汗)
私の顔を描いた親指で、三味線を演奏してみると
少し私の指の動きがわかりやすくなるかもしれません。
こんな動きになります(汗)


親指05

落ち着きが無い人のように、顔がかなりはげしく動くのです(汗)
しかもかなり機敏に忙しそうに動くのですが、無駄な動きが多い感じです。
仕事をしている自分を見ているようでした(汗)
親指です。すべてのポイントは親指の使い方かもしれません。

親指09

ぐっと棹を握り込むように親指を絞り込むことに集中させていけば
掌も派手に外側に開きにくくなる感じがしてきました。
すでに死んでいた左手を活かして行く方法が見えて来たかもしれません!
私の左手はすでに死んでいたかもしれませんが、活かしていくのも私次第です。

親指03

乾杯は早々に切り上げて、帰って練習することにしました。
思い立ったら即、実行です。アータタタタタタターーーーッ!!
三味線は格闘技です。武道です。そしてすべてのコツは
ちょっとした体の使い方にあるのかもしれません。

親指06

真剣勝負しました。すると。。
練習の中で、音の変化が分かってきました!
親指を活かすことで、音圧、音力、音色変わることが分かってきました。
もしかしたら。。これが「ドラえもんの手」にもつながるコツかもしれません。
親指の握り方。親指の角度と力の入れ方。
これを極めると、他の4本の指の力の入り方も変わる気がします。

もう少し研究して活かします。親指を。左手を。
今日も仕事と三味線頑張ります!


ドラえもん師匠に学ぶ



ある方の話を聞きながら、私はこんな発言をしてしまいました。

「そうでしたか、大変な恋愛でしたね(汗)
 でもきっと、無駄じゃないです。私には分かりませんが、
 人生にとって意味のある経験のはずですよ。
 一生懸命、恋愛した事は無駄なことなんてないと思います。」


どらえ5

なぜ私が恋愛のスペシャリストのような発言をしているのか
自分でも、自分がよくわかりませんでしたが(汗)
元気になって、また新しい恋愛に向かっていってほしいと思いました。

それとは別に、その方の持っているグラスの持ち方が
とても気になりました。包み込むような優しい持ち方でした。
これは。。まさに、私が今研究している三味線の持ち方です。


どらえ7

グラスを持つ手を見つめながら
三味線の糸を押さえる左手の形について考えていました。

なぜなら「左手の動き方」がとても重要だと考え始めていたからです。


どら02

どうも最近、自分の左手の動き方に違和感を感じていたのです。
研究するために、いろんな映像を見ながら、徹底的に上手い人の演奏する
左手の形を見てみました。すると。。


ぶろぐ4

上手い人は、まさに包み込むような優しい持ち方でした。
指が無駄に開いたり、派手に動くことがなく、
棹をやわらかく包み込んだ、ふわっと丸い形のまま指が動いていました。
この形は、どこかで見たことが。。あっ!!これは。


どらえ2

それはまるでドラえもんの手のようでした。
手の内側が見えず、全体に丸く、一塊の動きをしている不思議な動き方でした。
五本の指がパラパラと動かず、丸い一塊になって柔らかく動くのです。

どら01

私の場合は。。

動きが大きく、かなり無駄で派手な動き方をします。
一見大きく華やかな動きに見えますが、動きが大きく無駄が多い分
ツボをおさえるタイミングがずれてしまいます。
どらえ3

ここに左手の動き方のヒントがあるような気がします。
私の手もドラえもんのように動かさなくてはと思いました。
新しい練習法を開発してみました。
つい開いたり派手な動きをしてしまう自分の手に
ガムテープを巻き付けて演奏してみたのです。


どらえ6

すると。。上手い人の動き方とそっくりになりました。
つまり私の動き方にはやはり無駄が多く
いかにロスの多い指の動き方をしていたかがよくわかりました。
普段の弾き方と違うため相当弾きにくく、指も届きにくかったものの
ガムテープがつっぱる瞬間が、無駄な動きが発生する瞬間だということが
自分でわかるようになってきました。

ヒントは「ドラえもんの手」にありました。

どらえ1

これでガムテープを外しても、似たような動きが出来るようになれば
上手い人の弾き方に少し近づけるかもしれません。
でも、ガムテープを外した瞬間にまた動きが元に戻りそうになります。
先ほどの感覚を忘れないよう、小さな動きで正確にできるよう
練習を繰り返すことにしました。
丸く柔らかく包み込むように、外側に開かず内側に巻き込むように。
無駄な動きを極力減らし、効率的に指を動かす。
不自由そうなこの手の動かし方に、自由な演奏の鍵がある気がしました。

頑張って、ドラえもんの手を持ちたいと思います。

秘密道具というにはあまりに地味ですが(汗)ガムテープをつけながら
今日も仕事と三味線頑張ってみます。




邦風教室 lesson1「伸ばすこと」




 「邦風さん、練習や本番で、三味線を弾く前に
  何か気をつけていることあったら教えて下さい。」


という質問をいただきました。気をつけていること。私の場合は。。
「伸ばすこと」にかなり気を使います。


教室6

みなさん、すでにされているかもしれませんが
三味線を弾く前には、手のストレッチを行ったほうが良さそうです。
激しく使う左手の神経は、しらない間に痛むことが多いようです。
掌を外側にしっかり伸ばして、手首も柔らかくしてから
行うようにしています。


教室5

早く弾きたい気持ちをぐっとおさえて。
長く気持ちよく三味線と付き合って行くために
しっかり手の神経を伸ばしておきます。
手のストレッチの後は、次は三味線の糸を伸ばします。


教室7

三味線の糸は伸びやすく、音が狂いやすいので
演奏の前にしっかり伸ばしておく必要があります。
しっかりストレッチを終えた手で、糸をぐいぐい引っ張ります。


教室3

そして引っ張るたびに、その都度、音を確かめます。
もうこれ以上、音が狂わないと感じるところまで
しっかり耳で確認して糸を調整します。

練習だからいいやというあまい気持ちは捨てなければいけません。

教室4

常に本番の気持ちで練習も取り組みたいと思っています。
もう伸びたり、狂ったりすることがない
という状態まで手と耳で確認しながら、糸を引っ張ります。
手の神経をしっかり伸ばした後に、糸をしっかり伸ばすことは
きちんとした演奏を行うためにとても重要に感じています。


先日、仕事でかなりの力技のいる仕事を依頼されました。


教室2

後輩と一緒にやってみようと、引き受けることにしました。
ストレスは抱えそうですが、自分の力を、そして後輩の力も
伸ばすことができるチャンスかもしれません。

背筋を伸ばして、頭も柔軟にして、取り組みたいと思います。
納期は伸びないようです(汗)では自分の能力を伸ばします。

自分の力を伸ばすこと。そして後輩の力を伸ばすこと。


教室1

その両方を大切にしている素晴らしい方を、ソチオリンピックで知りました。
自分の力を伸ばすことと人の力を伸ばすことを大切にする生き方は
私にとってメダルをとったこと以上に
素晴らしい価値ある生き方に感じました。
私も、自分の力だけでなく、人の力を伸ばせるようになりたいと思います。


教室8

私も、しっかり伸ばしてみようと思います。

自分の力と、後輩の力を。この力技の仕事の中で。
ストレスのある仕事は、力を伸ばすチャンスだと感じています。
糸を手で伸ばすように、しっかりとゆっくりと
お互いの力を伸ばして行けるようにしたいです。

お互いの力の伸びを耳で、心で感じながらやってみようと思います。

今日も仕事と三味線頑張ります。邦風教室 でした(笑)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
邦風教室 Lesson1のポイントです(笑)

■三味線を弾く前にしっかりストレッチを行いましょう
■複雑な手さばきで手の神経の故障をしないようにしましょう
■糸は練習でも本番でもしっかり伸ばしましょう
■大変な仕事も引き受けてみましょう。自分の力を伸ばし
 後輩の力を伸ばすチャンスがある可能性もあります
■ブログの話が脱線したり、伸びすぎないよう気をつけます(汗)





木を見て森を見る


久しぶりにお会いした上司と、喫茶店で会話をしました。

「いま厳しい仕事が多いだろ。いろんな意味で大変だろ。
 いろいろ振り回されて大変だよな。疲れるよな。無理すんなよ。」


骨7

会うのも久しぶりで、まだ何も詳しく話していないのに
まるで普段の私の仕事ぶりが見えているかのようで、不思議に感じました。
いろんな話ができて心が軽くなりました。不思議でありがたい存在です。
フッと心が軽くなりました。不思議と言えば。。

骨6

最近、手の痺れをおさえるために通っている
整骨院の先生も不思議な存在です。
同じように、私が何も言わなくても体の状態から
いろんなことを見通します。不思議です。


骨4

何も言わなくても体の状態から、すべてが分かるようです。
私の背中を手で確かめながらこう言いました。

「何か首や背中に強い違和感を感じます。かなり精神的に姿勢的にも
 長時間、変な負担がかかる仕事をされましたか?」


首や背中?精神的に??はい、まさに昨日やってきたばかりです(汗)


骨2

昨日の大変な仕事、なぜわかるんでしょうか(汗)
かなり胃がキリキリする場面の連続の仕事でした。
確かに、首や背中や、精神的にもきつかったかもしれません。

それ以外にも、さらにいろんな角度から私の体のねじれやゆがみを見つけ出し
その原因を探ってくれました。仕事、三味線、重い荷物運び、通勤電車、
パソコン作業など、一つ一つ原因を見つけてくれました。


骨3

探っていくうちに、手の痺れが
確実に首から来ているということがわかったそうです。
私は全く知りませんでしたが、首には手を動かす神経が集中していて
そこを痛めているために手の痺れを誘発している可能性が高いとのことでした。
まるで体の中や、痛みの流れが目に見えているかのようで驚きました。


骨5

首の神経の痛みを取り除くことが大切ということで
本格的な首の神経の治療が始りました。
体の骨の歪みを治しながら、首の神経の圧迫や炎症を
おさえていく施術を行っていただきました。

不思議なほど私の体の根本の問題点を見つけだし治療していただきました。
あれ??体が。。そして手がかなり軽い。。


骨1

指先の動きも滑らかで、軽くなって来た感じがします。
気のせいでしょうか。。血流も良くなって来た感じがします。
私はこんな質問をしました。

「毎日三味線を弾いても良いですか?」

やりたいのであれば首に負担をかけない状態で
全体の血流が良くなる良い姿勢で弾くようアドバイスをいただきました。
早速、出勤前に早起きして三味線の練習をしました。


骨8

先生に教えていただいた姿勢で弾いてみました。
その結果。。手の握る力ももどってきた感じがします。
軽い力で強い力が出せる感じが出て戻って気がします。
同時に手の神経を休めながら弾く
新しい三味線の構え方のヒントをいただけたような気がします。
まさか整骨院の先生から三味線を弾く姿勢を学ぶなんて。。(汗)
手の痺れも手の問題と思っていたのですが、全身の使い方の問題でした。
さらに一番大切にすべきところは、首だったようです。

今日は気持ちよく練習が出来ました。
目に見えない原因や問題をつきとめる人って凄いと思いました。
目の前の症状から、大きな原因を突き止めるのはまさに
木を見て、全体の森を見るかのようです。
原因を見つけていただきありがとうございます。
次の大会に向けて頑張れそうな気がしてきました。
今日も仕事と三味線頑張ります。


プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ