アリとして生きるか。キリギリスとして生きるか。





たまたま入った本屋で手にした

「Like a KIRI-GIRISU」(株式会社KADOKAWA)という本を読んでいて
イソップ童話の「アリとキリギリス」というお話について
ずっと考え続けていました。

自分はアリなのか、キリギリスなのかについて考えていたのです。
アリはコツコツと働き続ける存在、キリギリスは自由で気ままにに
日々楽しく生きる存在と聞いた覚えがあります。


万次郎3

近年、ウォルトディズニーによって書き換えられた
「アリとキリギリス」に出てくるキリギリスは
アリたちがコツコツ働いている間、それを横目に自分のやりたいこと
楽器(ヴァイオリン)の練習をし続けた存在として
キリギリスが登場するそうです。

本をもう少しで読み終わるあたりで
誘っていただいた舞台の開始時間になりました。


万次郎2

キリギリスは、蓄えがなく倒れてしまうのではなく
そのコツコツ練習した演奏を聞きたい他の昆虫たちに招かれて
楽器を演奏し、魅了し、喜ばせ、食料や飲み物をもらうという
意外な展開になっているそうです。

これには自分の人生を考えさせられました。

私は一体どっちになりたいのか。。
サラリーマン。三味線。アリとキリギリス。どっちになりたいんでしょうか。。
素晴らしいステージが始まりました。

万次郎1

津軽民謡手踊りの「尾原家万次郎女ショー」です。
唄、三味線、踊りが一体となった素晴らしい舞台でした。
何もない舞台が華やかな唄、踊り、三味線で、まるで花が咲くように
賑やかに彩られていき、心を掴まれてしまいました。
民謡の唄声は本当に華やかで温かくて素敵でした。


万次郎10

美しく伸びやかな声に圧倒されました。
そしてさらにその唄い手の方を盛り上げる三味線の演奏は
さすがに名人と言われる方達だけに
それぞれに味のある華麗で繊細で力強くて見事な演奏でした。


万次郎4

名人たちの集結、それぞれの演奏、そしてそれぞれの生き方
それぞれの音色がぶつかる素晴らしい舞台で、見応えがありました。
バチの振り方一つにも、個性や味や生き様を感じるほどでした。
そして初めて生で見る踊りも。。

万次郎9

生き生きとした生命力を感じる素晴らしい踊りでした。
私は踊りについては詳しく分かりませんが、わからない私でさえも
軽快で、美しくて、アクロバティックな津軽の踊りにウキウキして
一緒に踊りたくなってしまいました。

万次郎8

踊りってすごいです。唄ってすごいです。三味線ってすごいです。
三味一体となった素晴らしい舞台に、感動し魅了させれました。
これは芸術であり、エンターテイメントだと実感しました。
さすがにこの道のプロや名人たちの舞台です。

万次郎7

どこをとってもあまりにすごいレベルで、思わず私は

「この世界にはすごい人がいっぱいいる。私は見ているだけで十分です。」

という気持ちに一瞬なるほど素晴らしい舞台でした。。
唄に演奏に踊りに全人生、全力でかけている人には
頭が下がりました。その覚悟や生き様は、やはり音になって
すべて現れている感じがします。

万次郎6

アリかキリギリスか。。
キリギリスの演奏にはたどりつけない働きアリの自分を感じましたが(汗)
でも負けん気精神で、少しでも素晴らしい演奏に近づけるように
頑張ってみたいと思いました。

思ったものの。。今日も休日出勤です(汗)
私はアリでした。働きアリです(汗)

でもキリギリスの好きな道をつき進む
まっすぐな精神に素晴らしさを感じて尊敬します。
そしてアリの忍耐強さや地道な努力も素敵です。
キリギリスのように演奏や唄や踊りで人々を魅了をすることも
アリのようにコツコツ働くことも
最終的には人に感動を与えます。
どちらも与えたいのは感動です。
どちらも楽な道はありません。
同じように避けて通れない地道な努力があります。
アリもキリギリスもどちらも人を元気にする素晴らしい存在です。
自分はどうしたいのか考えながらも
どちらもコツコツ地道な努力は重ねていきたいと思います。

今日も仕事と三味線頑張ります。邦風
(この素晴らしい舞台の余韻が消えていないうちに仕事を頑張ります。)


■ Like a KIRI-GIRISU / 伊藤氏貴著 株式会社 KADOKAWA  2014年1月2日初版発行




頭に何を入れますか?



休日に会社に向かったところ、営業部長とすれ違いました。
昔、かなりお世話になった方です。
大ベテランなのに休日出勤でしょうか。


スコトーマ1

GW前にはよくある光景です。
お忙しいんですね。おつかれさまです。
思わず近づいて目の前で挨拶してみたのですが。。


スコトーマ2

まったく気づかないようです(汗)
まっすぐ前を見たまま素通りして行ってしまいました。
これもよくあることです。頭の中に別の気になることが入っていると
人は目の前のことが見えなくなります。
きっと来週のゴルフコンペのことで
頭がいっぱいだったんだと思います。


スコトーマ3

スコトーマというそうです。盲点を意味します。
その時に、脳が重要なことだと判断した事以外は
すべて情報を遮断してしまう機能の事だそうです。
逆に、あることを意識すると、それに関連する情報ばかりが
最優先で頭に飛び込んでくる機能のようです。

例えば「お金儲け」を意識すると
その瞬間から街を歩いていても儲けに関することばかりが
飛び込んでくるようになるようです。


スコトーマ6

私はお金儲けよりもコンペよりも
「三味線」で何が出来るかを最近頭の中に入れています。
そのためか、あちこちから三味線に関する情報が飛び込んできます。
街を歩いていても、たくさんの三味線に関するヒントが見つかります。


スコトーマ4

雲の形を見ていても三味線に見えたり
見上げた電線が三線符に見えたりもします。
細い路地にひっそりとある三味線屋さんを偶然に見つけ出したり
たまたま入った本屋で、三味線に関する珍しい本を手にしたりします。
昨日は踏切の音が、バチ付けの音とリズムのように聞こえて
思わず聞き入ってしまいました。


スコトーマ5

近づいている青森の三味線大会の影響で
どんどん意識が三味線に集中しているのかもしれません。
眠っている時も舞台で演奏している夢を見ます。
私もスコトーマが生まれやすくなっている状態かも知れません(汗)
誰かとすれ違っても見落としてしまう可能性が高いです。

少し気分転換です。頭の中で「花」のことを考えることにしました。
植物のことを考えると不思議と気分がリラックスします。


スコトーマ9

不思議なものです。そう思った瞬間から。
見える景色のあちこちから、どんどん植物が目に飛び込んできました。
こんなに植物が身の回りにあったかと思うほど
身の回りの植物が見えて来て、私の目に映る景色は植物だらけになりました。


スコトーマ7

すごいです!頭の中に何を入れるかで
見えてくる景色がまったく変わるんですね。
自分の頭の中に「キーワード検索」や「フィルター」があるかのようです。

頭の中の検索ワードに
「お金」をいれるのも「悩み」をいれるのも「仕事」をいれるのも
「花」をいれるのも「三味線」をいれるのもすべて自由です。
頭に入れたもので、飛び込んでくる情報は変わるようです。
私は大会に向けては「三味線」を入れようと思います。

その瞬間に飛び込んできました。


スコトーマ8

ある方から、すごい音源をいただいたのです。
何かのヒントにと、ボサマから三味線を学んだ方の
貴重な「演奏の音」をCDでいただいたのです。
聞いてみました。驚きました。

これはすごいです。演奏を聴いて鳥肌が立ってしまいました。
このリズム。この音色。この情緒。この哀愁。この優しさ。
素晴らしい音源、資料、情報、心が私に飛び込んできました。
これはすごいです。目から鱗です。
頭の中に「三味線」をいれていて良かったです。
こんな音との出会いと発見がありました。
よい刺激になる音源をいただき心から感謝です。

そして今日は兄弟子にお誘いいただき
現代の三味線の名人たちが集結するライブに行ってきます。
良い情報がどんどん入ってきます。ありがたいです。
私はこれからも大切なものを頭に入れて行きたいと思います。
今日も三味線と仕事頑張ります。


ドントマインドの精神で(汗)



ある仕事で、仲間が失敗してしまいました(汗)
たまにはあることです。ドンマイです。
ドンマイってもしかしたら、死語ですかね(汗)

今回の件で相当ショックを受けて、責任も感じてしまったようです。

立ち直る1

そんなに落ち込まないで下さい。

この経験を次に生かしていけば大丈夫です。
気にしすぎないようにいきましょう。

立ち直る2

いろいろ話しましたが、なかなか失敗が頭から離れないようでした。
ふと目に入った隣の女性の読んでいる本のタイトルも
朝から驚きました(汗)
そうです。前向きに進めば、何事もリセットできます。
真剣に語りかけることにしました。


立ち直る3

「今日の失敗はきっと悪い失敗じゃないはずです。
 いつもの仕事の仕方より、かなり挑戦したと思います。
 挑戦をせず失敗しないよりも
 挑戦をして失敗することには価値があると思います。」


立ち直る4

「高い目標をもって挑んだこともすごいです。
 全然目標に届かなかったことを落ち込むのではなく
 高い目標を掲げた自分を誇りに思って頑張ることができればきっと
 さらに前進できると思います。きっと大丈夫です。


こんなことを言いながら、三味線ことがふと頭に浮かびました。
それは5月の三味線大会に向けてこのタイミングで
新たな無謀なトライをしようとている自分に対しても言っている言葉でした。


立ち直る5

なんと、このタイミングで
自分の演奏力を高めるために「新たな難しい技」を3つ
演奏の中に入れてみることにしたのです。

現状の演奏に自分が満足してしまわないようにとはいえ
このタイミングからなのでかなり無謀なトライです(汗)

失敗のリスクは高まりますが、チャレンジすることが大切と感じています。


立ち直る6

これまで通りの演奏をするほうが安全で確実ですが
自分をさらに進歩させるためには、チャレンジも大切な気がしたのです。
高い目標に現実には届かなくても
高い目標を掲げることで何かが変わる感じがします。

「多分だけど。。。僕らは柳に飛びつくカエルみたいな感じがします。
 より高い柳に向かってジャンプすることが大切じゃないでしょうか。
 届かなくてもずっと頑張っていれば、すこしづつ筋力もついて
 コツも分かって、いつか届く時も来るかもしれません。
 届かなくても落ち込まずジャンプし続ければきっと
 少しづつ何かが変わる感じがします。」


立ち直る7

 「でも。もちろんすぐには届きません。
  いっぱい尻もちもつくし、笑われたり、恥もかくと思います。
  なんでこんな恥ずかしい想いをするのか
  チャレンジしなければ
  そんな想いもしなくてすむのにと思う時もあるでしょう。
  でも、こんな言葉を聞いた覚えがあります。

  何ができたかよりも何をしようとしたかが大切。

  誰の言葉なのかは忘れましたがとても良い言葉だと思います。

  どこまで飛べたかよりも、どこまで飛ぼうとしたかが大切。
  失敗よりも、どんなチャレンジをしたかが大切。

  そんな風に置き換えられるかもしれません。
  次回もあきらめず、高い目標に向かって頑張っていきましょう」



立ち直る8

 仕事仲間の顔に笑顔が戻りました。
 不思議なものです。話しているうちに私も自分の言葉で元気が出てきました。

 私は私に話しかけているかのようになってしまいました(汗)
 何が出来たかよりも何をしようとしたか。
 どこまで飛べたかよりもどこまで飛ぼうとしたか。
 失敗よりもチャレンジしたかどうか。
 ああ、まさに今の私にが言われているかのようです。
 頑張ります。あまりに難しい技に挫折しかけていましたが
 挑戦しなくてはと思いました。

 よし!やってみるケロ。飛んでみるケロ。恥かいてみるケロ。
 今日も仕事と三味線頑張ってみるケロ!
 柳に飛びつくカエルのように今日も頑張ります。


■竹の音さま
いつもコメントありがとうございます。私も目標を下げずに頑張ります。

■Uはらさま
いつもいいね!の応援ありがとうございます。いつも嬉しいです。頑張ります。

■懐かし事の君さま
いつも温かいコメントありがとうございます。現状に流されず私も頑張ります。

■香里さま
いつもメッセージありがとうございます。徹夜にめげずに頑張ります。

■さとよしさま
いつもいいね!の応援ありがとうございます。歌舞伎近々行ってみます。今日も頑張りましょう!

■かずえさま
コメントありがとうございます。先日の記事のコメント欄にお返事書かせていただきました。頑張ります。

■邦風ホームページ「大事なコツ」少しだけ更新しました。
お時間のあるときにでもどうぞ。http://kunikaze.jimdo.com/大事なコツ/

忙しいとき。暇なとき。




座ろうとした瞬間に電車が動き
足下がぐらついてしまったおじさんが
私の膝の上にちょこんと座りました。
なんだかお互い気恥ずかしかったです(汗)


依頼7

体勢のバランスを崩したようです(汗)
バランスってとても大切だと感じました。
乗り込んだエレベーターで久しぶりに同期に会いました。


依頼8

「最近忙しいよね?」となんとなく聞いたところ
いろんな仕事が止まってしまい、相当暇なようでした。
やることがなくなって会社の居心地がとても悪いそうで、悩んでいました。


依頼6

気持ちとてもよく分かります。
同じ会社でも状況は人それぞれのようです。
忙しいときは「暇」に憧れ、暇の時は「忙しさ」に憧れるようです。
お互い無い物ねだりのようです。

人間の心のスピードを、自転車で例えると。。
すごいスピードで走る自転車はとても緊張感があって
気持ちよいのですが、危なさは高まり、周りも見えなくなります。
逆に自転車でゆっくり走ると、周りの景色はよく見えて
穏やかなのですがスピードが遅くてバランスが保てず
足もとがフラフラしてしまいます。


依頼5

大切なことは、忙しい時も暇な時もフラフラせず
変わらない一定の自分を保ち続けることかもしれません。
私も仕事が忙しくなったり暇になったりすると心がフラフラします。
そうなると仕事以外にも本気で頑張っている
三味線の練習時間が減ってしまい、演奏は下手になります。
逆に仕事が暇になると、演奏が少しだけ上達します。
まさに反比例のグラフのようです(汗)


依頼4

仕事が忙しくて三味線に触れられない時はストレスがたまりますが
逆に、仕事が暇な時期にどんどん三味線がうまくなってくると
それはそれで、これでいいのかと不安になります(汗)難しいものです。
やはり仕事と三味線のバランスがぎりぎりの緊張感を保っていることが
一番精神的にも健全な気がします。


依頼2

仕事は仕事で限界までやり
その残りの時間で出来る限り三味線に全力を尽くす。
体力的にも、精神的にもぎりぎりのところで
良いバランスが保てるような気がします。

周りばかりを見て焦ったり悩んだりする余裕もなく
自分のことだけで足下がフラフラすることもない
絶妙な緊張感が自分の体を前に前に押し出せる感じがします。


依頼3

忙しすぎても駄目、暇すぎても駄目、サラリーマンは
この絶妙なバランスを保ち続けることが大切だと思っています。

「忙しい時には余裕を持って、あえてゆっくり周りも見て
 暇な時には、少し心のスピードを上げて
 自分の気持ちの赴くままい沢山のことを吸収することが大切」


依頼1

思わずエレベーターの中で、働き方について話しているうちに
同僚と同じような結論に達してお互い笑ってしまいました。

忙しい時は心をゆっくりと、暇な時はあえて心を忙しく加速させる。

これがとても大切なことのように思いました。
忙しい時はあえて周りも見る余裕を持つようにして
暇な時は自分の心を退屈させないよう沢山の興味のアンテナを
はるようにする。仕事の波に、心を右往左往されずに
一定のテンションを保つように心がけたいと思いました。

良い演奏は良い練習から、良い練習は良い仕事から、良い仕事は良い心から
まずは良い心を持って仕事に挑みたいと思います。
今日もまずは仕事を頑張り、三味線を頑張りたいと思います。

アイ•ドント•「能」?




ドタバタな広島出張を終えて
すぐに東京に戻ることになりました。

東京〜広島はかなりの距離があるはずなのですが
新幹線だとあっという間です。

能10

隣に座った出張帰りの方が
3本目の缶ビールをプシュッ!とあけて
いかの薫製を食べ終わった頃に東京に着きました。


能8

なにもかもスピードの速い時代です。
広島で最終日に訪れた厳島のことを思い出していました。
安芸の宮島として日本三景のひとつに選ばれている美しい島です。


能7

海中の大鳥居や、平安時代の赤い神殿が有名な「厳島神社」で
「能」の舞台が行われているのが目に飛び込んできました。
初めて生で見る能の舞台、しかも水中に浮かぶ神殿の上での舞台です。


能5

静かに、ゆっくりと舞う動きの優雅さ
そして独特のためをとる謡の方たちの声、静かに奏でられる囃子
すべての「間」が気持ちよく、思わず自分がいまどこにいるのか
よく分からなくなってしまいました。

この「テンポ」と「ため」と「間」が何ともたまらないのです。


能6

正直なところ私は、ストーリーや、踊りの意味や、謡の方たちが謡っている
歌詞の意味など、能の基礎知識がなく、何を意味して演じられているのか
全く意味が分かっていません(汗)日本人としてお恥ずかしい限りです(汗)
それでも聞こえてくる間があまりに心地よく、その場を離れられなくなりました。
「謡(うたい)」という声楽の方たちの声が、またたまりません。


能4

「よーーーーーーーーーーっ!」
「うんっ!」「ほーーーっ」「いよーーっ」「ほっ!」

これも何を言っているのかは全く分かりませんが(汗)
何とも絶妙な呼吸や間合いで気持ちがよいのです。
隣で声を出す方の息づかいを感じながら、舞の呼吸に息を合わせながら
実に気持ちのよいリズムが生み出されるのです。


能3

1000年前のビートボックスを聞いているかのようです。
この日本人独特の間や呼吸やリズムが
自分の体の中にすーーっと入ってきて、染み込んでくるのが分かりました。
しかもゆっくりと、落ち着いたテンポにひきこまれて
最後まで見終わった時、一体何時間見ていたのかわからなくなるほどでした。


舞台を出て行く演者の方たちは
出て行く時もゆっくり出て行かれるんですね。


能2

忙しい私の毎日の動きとは、対照的な動きでした。
ゆっくりと、じっくりと、重々しく、軽やかに、一歩一歩を
確かめながら歩くように。焦らず、急がず、丁寧に。
ついついバタバタしがちな自分の毎日の動きを見つめ直したいと思いました。

普段の動きのせっかちさが演奏にも現れています。
「ゆっくり」のリズムを体に浸透させてみようと思います。


能1

今日は駅まで、ゆっくり出社してみます。
少しだけ腹の据わった良い仕事ができそうな感じがしてきました。
ゆっくりと、じっくりと、重々しく、軽やかに、一歩一歩を
確かめながら歩くように。焦らず、急がず、丁寧に。

「うんっ!」「ほーーーっ」「いよーーっ」「ほっ!」

今日から再び東京で、仕事と三味線頑張ります。行ってきます。

■ホームページをいろいろと更新してみました
お時間のある時にでものぞいてみて下さい。SHAMISEN ARTも好評だったので追加しました。
邦風ホームページです。http://kunikaze.jimdo.com



■新たにホームページで「大事なコツ」のコーナーはじめました。
こちらも邦風ホームページでご覧いただけます。http://kunikaze.jimdo.com


■香里さんへ
いつもコメントありがとうございます。
お恥ずかしい失敗だらけの毎日ですが、前向きに進んで行こうと思います。
大変な毎日を楽しく頑張って行きましょう♪ 邦風


■さとよしさん
いつも読んでいただいて応援していただきありがとうございます。
「いいね!」も押していただいて嬉しいです。
これからもコツコツ更新して行きます♪ 邦風


■NGNWさんへ
私もイエス、ノーはっきり言えないタイプなので
せめて音だけでもはっきりした音が出せるようになりたいです。
広島から戻ったので練習、頑張ります! 邦風

プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ