1,000円の男です。




ある三味線大会を見に行ってきました。

厳しいテープ審査が事前にある大会のため
私は見事に落っこちてしまいましたが(汗)
応援だけでも行きたいと思って
恥ずかしながら会場へ見に行ってきました。

以前からよく知っている方や、ブログでやりとりを
させていただいている方も何人も出場されていて
手に汗握る白熱した演奏が続く大会でした。


シール6

見に来て良かったです。来年は私もこの舞台に立ちたいです。
そう思って静かに会場を後にしようとしたところ。。。
初めてお会いする方から声をかけていただきました。


「邦風さんですよね、ブログ見ていますよ!
 お会い出来て嬉しいです。あなたのブログのファンです。
 邦風さん、上手いですね!すごいですね。感心します」


という方に声をかけていただきました。ありがとうございます。
恐縮です(汗)読んでいただいて嬉しいです。これからも頑張ります。

シール1

でも、今回は演奏していないのですが。。
上手くなったというのは何のことでしょうか。
私の演奏どこかで聞かれたんですかね?
もしかしてどこかで見られた私の演奏が少し上手くなっていたんでしょうか。

「邦風さん、絵がどんどん上手くなってますよ!すごいです!」

あ!絵でしたか(汗)たしかにどんどん描き慣れてきました。
ありがとうございます。演奏ではなく「絵を誉められる三味線弾き」なんて
聞いたことがありませんが、誉められて嬉しいです(汗)

「あれ!邦風さん、何か服についていますよ。」


シール2

え?服に何かついている?あ、本当ですね。何でしょうか。

あ!シールのようです。シールに1,000円という値段が書いてありました。
何かの拍子に付いてしまったようです。いつからでしょうか(汗)
しかもどこで付いたものでしょうか。全く気づきませんでした。
自分に値段を付けて歩いていたとは、しかもそれが1,000円だなんて。。
1,000円の男、邦風。お恥ずかしい限りです(汗)

シールと言えば。。先日ある仕事で変更が入り
修正部分を1枚1枚手作業でシールを貼ることになりました。


シール8

これが気が遠くなるほど地道な作業でした(汗)
同じ位置に同じ角度で、貼り続ける作業を繰り返しているうちに
今自分が何をしているのか、これが現実なのか夢なのか
今どこにに自分がいて、何を繰り返し行っているのか
やっていてよく分からなくなるほど地道でクラクラする作業でした。

そのせいか、少しシールのことが嫌にさえなってきました(汗)
三味線大会の帰りに少し買い物をしたのですが、
それを丁寧に紙袋にいれていただき
その持ち手のところをまとめるように
「シール」で留めていただきました。


シール3

いつも紙袋はこうしてシールで留めていただいているのですが
このシールにどんな意味があり、本当にこの袋の紐を
シールで留める必要があるのか、袋を開けにくくないかなど
このシールの必要性について思わず考えていました(汗)

さらにシールと言えば。。
私は「レンタルCD」によく行くのですが、曲名などが書かれている
大事な位置にバーコードなどのシールがべたっと貼られていて
見にくくなっていて驚くことがあります。
借りる上で、「肝心な情報」がシールに隠れているのです。


シール02

なんで、ここにシール貼るんでしょうか(汗)
肝心な曲名や演奏者が見えないです。あと1センチずらしてくれれば
このCDを借りるかどうか決断出来るのに(汗)

とても残念なシールの貼られ方でした。

シールの貼り方ひとつにも、お店の方の音楽への愛情や
気配りのきめ細やかさが出てしまうようです。
シールと言えば、三味線でもシールが貼られています。
いわゆる「ツボの位置を示すシール」です。


シート01

これは音を奏でる上でとても目印になります。
すべての位置が分かるようにしたシールや、あるポイントだけ
分かるようにしたシールなど様々なものがあります。

でも、このシールに頼ることは良くない気がしています。
最近になって、この目印をはがしてしまいました。


シール4

はがす瞬間はドキドキしましたが
はがしてしまえばとても気持ちがいいです。
そして私の三味線は、綺麗まっさらな状態でまったく目印がなくなりました
今も目印になるものを一切つけていない潔い状態で弾いています。

頼るのは耳と指の感覚です。
そのため激しく位置移動した後のツボや指運びは
自然とうまく行くときもあれば、思い切り外すしてしまうこともあります(汗)
でも本来ボサマ芸だった歴史を考えていくと
ツボの位置を目で確認せず、指と耳で感じながら弾いて行くことは
正しいやり方のような気がして行きました。

「ポイントだけでも貼った方が良いよ。」

とアドバイスを受けるときもありますが、たしかに
なかなか音を外正確にとりきれていないので
いまはまだシールに頼った方が良い時期だったような気もします(汗)
とはいえ今はこれで頑張ってみたいと思います。
いつか良い演奏を出来るように頑張りたいと思います。
まだまだ道のりは長そうですが
なんの印もない三味線とともに二人三脚で頑張ってみようと思います。

今日も三味線と仕事頑張ります。


■懐かし琴の君さま
読んでいただき、コメントありがとうございます。
私もどんなやり方が良いのか試行錯誤中です。これからも頑張って行きます。

■さとよしさま
コメントありがとうございます。前回のブログに返信させていただきました。
さとよしさんの三味線愛に深く感銘を受けています。これからも頑張ります。

■ぶちゃネコさま
いつも読んでいただきありがとうございます。返信返させていただきました。
汗かき恥かきながらこれからも一緒に頑張りましょう。よろしくお願いします。

■南さま
いつも読んでいただきありがとうございます。
地道にコツコツ頑張って行きたいと思います。これからもよろしくお願いします。

■竹の音さま
前回のコメントありがとうございます。本日神戸大会申し込みしました。
会場でお会い出来ることを楽しみにこれからも頑張ります。

■ようこそ!さま
いつもコメントありがとうございます。読んでいただいて感謝です。
どうぞ夏バテしないように旅行楽しんでくださいね。私も毎日頑張ります♪

■しもっちさま
いつもブログ拝見させていただいています。前回を反省しながら次の大会に向かわれる
素晴らしい挑戦に心打たれました。私も神戸に向けて頑張ります。




ぜったいに怒らないということ。



ある三味線の会に参加した時に
ものすごく激しく、生徒さんに怒る、別の教室の先生を見かけました。
普段から、とても厳しい指導をするかたのようです。


おこる6

私だったら、怒られることにドキドキしてしまい
あまり演奏に集中出来なくなりそうです(汗)
先生によって、教室によって、いろんな教え方があるものですね(汗)
怒られると人は、どうしても萎縮してしまいます。

私は仕事で後輩に、ほんとんど怒ることはありません。


おこる7

ぜったいに怒らないと自分で決めています。
どんなトラブルも失敗も、一生懸命やっているうえで
起きていることです。話をよく聞いて、一緒に悩み
新しいやり方を考えるようにします。
話しているうちに、自分も後輩から学んだり教えられたりします。


おこる8

怒ることよりも、お互いにしっかり話すことが大切です。
じっくり話していくと、意外と自分の考えのほうが間違っていたり
古い考えだったりすることに気づくこともあります(汗)
結果として、新しい気づきをもらうことが出来ます。

昨日、電車に乗っていた時に、先輩らしき人から
大声で怒られている新人っぽい方を見かけました。


おこる4

かなり激しい口調で、仕事の失敗を責められていました。
申し訳なさそうに何度も新人の子が、頭を下げています。
何があったか分かりませんが、いろんな人が見ているところで
激しく責めるのは、どうかもうやめてあげてください。
そしてもうかなり後輩の方は反省しているようです。


おこる3

次は話を聞いてあげて下さい。
後輩の方にも、何か事情があるはずです。
失敗したくて失敗した人なんていません。
静かに語りかければきっと心を開いて語りだしてくれます。
先輩の責める口調はどんどん激しくなっていきます。
どんな失敗をしたのか分かりません。私が口を挟むことも出来ないまま
2人は途中の駅で降りて行きました。


おこる2

降りてからも、まだ怒っていようです(汗)
そんなに、人の見ているところで激しく怒らないであげてほしいな。
新人の方にも言いたいことが沢山あるはずです。
特に新人は、会社では弱い立場です。
ただでさえ意見が言いにくいのに、怒る人には、
さらに心を開いて話が出来なくなってしまうので
しばらくしたら、きちんと聞いてあげてほしいと心から思いました。

でも「怒ることが上手」な方もいます。
ある先輩のことを思い出しました。


おこる1

この方は、昔から仕事で激しく怒る方です(汗)
新人の頃からことあるごとに大声で怒鳴られていました。
ベテランに近づいている今も、激しく怒られる時もあります。
若い頃は、落ち込んだり、逆にそこまで怒られることかと
頭に来たり、言い返したりしてしまう時もありましたが
最近では、私のためにあえて怒ってくれていることを感じる時も多く
むしろ怒られること自体をありがたく感じてしまいます。

よく聞いてみると、怒り方が上手いのです。
激しく責めているようで、決して私の人格を
否定するようなことは言っていません。

おこる5

仕事に対する姿勢だけを、責めていることに気づきます。
言い返すほど本当に自分が一生懸命仕事に向かえているか
自分で自分に問いかけることになります。
大概の仕事に慣れてきてしまっている自分に
「喝」を入れてくれていることに気づきます。
怒り方に筋も通っていることも勉強になります。
そして、いつも誰もいない部屋でドアを閉めてから
怒ることも一貫しています。
そして最後の言葉はいつも決まっています。

「これ以上はもう言わない。お前なら分かるな。」

随分、たくさん言われた後なのですが(汗)
必ずこう言って言葉を止めるのです。
これがなぜかありがたい気持ちになるから不思議です。
本当は、まだ言おうとしていることがあるんですね(汗)
途中で止めてもらい、そして最後は信じてくれる心遣いに
新人の頃から感謝しております。これがこの方のやり方です。
怒り方のうまい方です。私には真似することは出来ません。

私は、私のやり方でいきたいと思います。
怒らないこと。そして人に温かく、人に優しく
しっかりと心に話しかけるやり方でいきたいと思います。
私は私らしく。今日も三味線と仕事頑張ります。



■竹の音さま
いつも読んでいただきありがとうございます。
新しい気づきをありがとうございます。
道具を丁寧に大切に扱う人間になりたいと思います。
たしかに人格は足下に表れると言うくらいなので、
私も靴を綺麗に磨こうと思います。

■ぶちゃネコさま
ブログを読んでいただきありがとうございます。
そうなんです。本番用の三味線、暑い時期に汗かきながら使うの
私も気を使います。練習用の三味線で出せる最高の音を出す
技術を身につけて行こうと思います。
そしてブログの印象と離れすぎないよう
ヒゲの手入れも気をつけていきます(笑)

■しもっちさま
会場で声をかけていただきいただきありがとうございます。
素晴らしい演奏でした。厳選された人数の演奏者で繰り広げられる舞台で
ゆっくりと堂々と演奏されている姿に感動しました。
私も一生懸命頑張って行こうと思います。本当にお疲れさまでした。




安い三味線とエフワンと。



朝から競合プレゼンテーションに参加しました。

参加会社が多い競合のため、待ち合いスペースで
ひたすら自分たちの順番を待っていました。


競合8

プレゼン準備で、徹夜明けのまま来ています。
せっかく綺麗の剃ったヒゲも、またまた生えて来てしまいました(汗)

だいぶ時間が経って、ようやく前のプレゼンが終わったようです。
プレゼンを終えた競合の会社が、出て来たようです。


競合7

おつかれさまでした。次は我々の番ですね。頑張ります。
どんな会社でしょうか。よくよく競合の会社を見ていると
向こうもかなりこちらの様子をうかがっていることに気づきました(汗)

なんだか全員とても、おしゃれなスーツを着こなしています。


競合6

しかも腕時計、眼鏡、靴、ワイシャツ、カフスボタン、すべて
外国製のお洒落なブランドで、とても品の良い香水の香りさえします。
上品で、とてもセンスの良さそうなチームです(汗)

対するこちらは徹夜明けのうすらヒゲに
少し疲れたスーツ姿です。見た目は、かなり劣勢な気がしてきました(汗)


「先輩、今のチームすごくお洒落なスーツを着ていて
 出来そうなチームですね。我々、負けていませんかね。。。」

競合5

不安になって、思わず隣に座っていた先輩に質問しました。
先輩が静かに私に低い声で答えてくれました。

「いいか?見た目は確かに大事だけど、問題は中身だぞ。
 この仕事に対して、どれだけ真剣に取り組んで
 必死に汗をかけるかが大事なんだぞ。

 おしゃれなスーツなんてどうでもいいんだ。 
 ちなみに、俺のスーツいくらだと思う? エフワンだぞ。エフワン。」

 先輩のスーツがいくらか?わかりません。エフワン? 
 F1? スーツのブランド名でしょうか。。(汗)

競合4

「お前エフワン知らないのか? 
 サラリーマンの味方、エフワン。覚えとけ。安くて素晴らしいぞ。
 スーツを買うならエフワンだ。なんと、すごいことに2着で3万円だぞ。
 すごいだろ?このスーツだったら、何にも気にすることなく
 仕事に集中して、目一杯働くことが出来る。
 この仕事のためにいっぱい汗かいて、かけずり回ることが出来る。
 1着ボロボロになっても、もう1着あるしな(笑)
 安いスーツで中身のある本当のプレゼンをしてこそ本当の勝負だ。
 今日の俺を見ておけよ。これが本当の競合プレゼンだ。」


競合1

プレゼンが始まると、言葉通り先輩は汗かきながら
人間性にあふれた情熱的なプレゼンをしました。
おしゃれさや洗練とはほど遠い、アナログなプレゼンでした。
エフワンのスーツは激しい身振り手振りでくしゃくしゃになりがら
汗まみれになりがら、先輩と一緒になって頑張っている感じがしました。
必死さと、気迫を感じる真剣なプレゼンテーションが
確実に聞く人の心をつかまえている感じがしました。
このプレゼン、きっと勝ったような気がします。わかりませんが(汗)

そういえば。。ふと。。
三味線の兄弟子から最近言われたことを思い出しました。


競合3

「高い三味線や、良い楽器に頼らずに
 悪い三味線で良い音を出せるようにしてみると良い練習になる。
 練習用の安い楽器で、出るはずのない最高の音を出してみるといい。」

安い楽器で、最高の音を出す?
良い三味線、良いバチ、良い糸、良い駒にこだわったほうが
全体に良い音に近づけると思っていたのですが。
あえて練習用の楽器で良い音を??と戸惑っていたところ。

その場で、練習用の三味線を構えて
兄弟子がいとも簡単に、最高の音を奏でてくれました。


競合2

度肝をぬかれました。
どんな楽器でもすごい音は出るんですね。。
どこかで、安い楽器では本当の良い音を
出せないと思っていた自分を恥ずかしく思いました(汗)
兄弟子の出した音の素晴らしさに、心底驚きました(汗)
自分の腕と耳で、音は作り出せるということを知りました。

道具のせいにしすぎていました。

道具よりも中身です。自分の力です。


安い三味線とエフワンと。
すべては値段でも外見でもなく
自分の実力と中身の勝負でした。
心を打つには道具よりも腕を磨こうと思いました。
今日から練習用の三味線で仕事頑張ろうと思います。
エフワンものぞいてみます。先輩ありがとうございます。
兄弟子ありがとうございます。
大事なことを教えていただいた気がします。

今日も心を熱くしながら頑張ります。




■竹の音さま
いつも応援していただきありがとうございます。
大会で私を見かけていたんですね!ぜひ今度は声かけて下さい♪

■懐かし琴の君さま
いいね!していただきありがとうございます。
私も旧友の活躍や頑張りに負けないよう精進します!

■さとよしさま
いつもいいね!していただきありがとうございます。
三味線にとって湿気の多い季節ですが、お互いお稽古頑張りましょう♪

■ようこそ!さま
いつも読んでいただき、感想を送っていただけること嬉しく思います。
これからもコツコツと頑張ります。

■香里さま
読んでいただいてありがとうございます。
体調に気をつけてお仕事、無理なさらないようにしてくださいね。

私の似顔絵(汗)




先日、ある女子大に行かせていただきました。

大した内容の話は出来ませんでしたが
私なりに仕事について一生懸命語らせていただきました。


ひげ8

真剣に聞く学生の姿を見ていると、つい話に熱がこもります。

汗かきながら、仕事の話をしているうちに
やりがいの話や、目標、夢の話、人生の話など
予定していなかった沢山の話をしてしまいました。
講義が終わって教室を出ようとすると、一人の学生が近づいてきました。


ひげ7

何か私と話したいことがあるようです。
質問でしょうか。この機会に、なんでも聞いて下さい。

「今日の講義とても感銘を受けました。私も自分らしく
 やりたいことを見つけようと思いました。
 今日は本当にありがとうございました。」


直接お礼の言葉をいただき、驚きました(汗)
真剣に聞いていただきありがとうございます。

ひげ6

ご丁寧にお礼と感想までいただき、恐縮です(汗)

「私も自分の強みがあります。もし良ければ。。見ていただけませんか?
 絵が得意なんです。それも似顔絵が得意なんです。」


似顔絵? 強み。それは素晴らしいです。強みがあることは人生において
とても素晴らしいことです。え??私を描いたんですか?いつの間に?
え??講義中にですか(汗) せっかくなので見せて下さい。
描いていただいてありがとうございます。嬉しいです。
楽しみです。どんな私が描かれたんでしょうか。

ワクワクしながら、早速見せていただいたところ。。


ひげ5

え?????????これ、私ですか??(汗)

たしかに髪型は私っぽい感じがします。
かなり男っぽい私の姿ですね。でも眉毛がすごいですね(汗)
そして何よりも。。。ヒゲがえらく濃いですね。。
コソドロのようなヒゲが、しっかりと口の周りに描き込まれていました。
朝綺麗に剃って来たんですが、こんな印象なんですね(汗)
あ、ありがとうございます。でも、私こんなにヒゲが濃い感じでしょうか。。
あ!! 何か言わなくては。。


ひげ4

「ありがとうございます。上手ですね。自分ではわかりませんが
 私はこんな印象の顔なんですかね(汗)?」

恐る恐る聞いてみました。どうなんでしょうか(汗)

「はい、私はリアルなタッチを目指しているのでかなりリアルに描きました。」

そうですか。。これがリアルな私なんですね。
教えていただいてありがとうございます。
ブログの中ではかなり美化して描いていたのかもしれません。
教えていただきありがとうございます(汗)
少しリアルなタッチに修正して行こうかと思います。


ひげ1

手始めに、三味線を弾いている姿としてはこんな感じでよいでしょうか(汗)
もう決して若くはないので、いつの間にかヒゲも濃くなって来たようです。
こんな姿で公園で三味線を弾いていたかと思うと
なんだか自分の怪しい雰囲気を直さなくてはと思ってきました。
こんなコソドロのような風貌な人が三味線を弾いていても
あまり三味線が良いものに見えないのではと心配になったのです(汗)
もっと綺麗に丁寧にヒゲをそろうと思いました。

思い立ったらすぐ行動です。2種類のひげ剃りで剃るようにしました。


ひげ2

毎日剃っているはずなのに
学生から見ると「あのヒゲの人」と思われていたかもしれません(汗)
私の人格とはまったく別に、勝手に「ヒゲの人」になってしまうのは困ります。
自分にヒゲの印象があるなんて思っても見ませんでした。
いつもきちんと剃れていないために
こんな印象になってしまったのかも知れません。
そう思いながら、何度も何度もひげ剃りを往復させて
「ヒゲ」を一生懸命剃りましたが、なかなか完璧に
綺麗に剃るのは難しいですね(汗)

しかも朝剃っても、夕方にはまた幾分か濃くなっている気がします。
何かよい手はないかと化粧品売り場に行きました。


ひげ3

シェーバーで剃る前に
綺麗に剃るためにつけるローションがあるんですね!

「ツルツルになるシェービング前のローションで爽快素肌!」

これです。きっとこれが私の印象を変えてくれる気がします。
このブログのイラストがむさ苦しくならないよう
三味線を弾いている姿が怪しげに見えないよう
これからは、毎日これを試してみようと思います。
そしてひげ剃りは場合によっては朝夕2回を心がけたいと思います。

あの学生の似顔絵のおかげで、また一つ自分を改善出来そうです。
今日も三味線と仕事とひげ剃り頑張ります。


休日のスタイル



三連休の最終日は、休日出勤でした。

いつもより少しラフな格好で、会社に向かいます。
電車も空いていて、座れるためとても快適な出勤です。


私服8

会社に着いてゲートに向かおうとしたところで
誰かとすれ違いました。その瞬間にその方から挨拶されました。

まったく気づきませんでしたが、営業部長でした(汗)


私服7

いつものスーツ姿とあまりに違いすぎて
まさか営業部長とは思いませんでした(汗)
普段はそういう格好なんですね。イメージが全く違っていました。

エレベーターを待っている間も
なんだかいろんな方の私服が気になってきました。


私服6-

私服って、けっこう本人の個性やセンスがでますね(汗)
スーツ姿だと気づきにくいのですが、私服になった途端に
好みや主張がバラバラで、なぜこの共通項のない人たちが
同じチームでやっているのか分からない感じさえしました。
朝一番の打ち合わせに出てみると。。


私服2

打ち合わせの内容とは別のそれぞれの主張が
私服の中で繰り広げられていました(汗)
真面目な内容の打ち合わせにも関わらず
それぞれの私服の主張が気になって仕方ありませんでした。
スーツやジャケットは仕事における「道具」ですが
いつもの「道具」が変わると思わず戸惑ってしまいます。

そういえば。先日。
ある上手い三味線演奏者の方に目の前で弾いていただいたのですが。。


私服4

その場にあった、安い練習用の三味線を構えて
しかも私の持っていたバチを使い、即興で演奏してくれたのです。
私だったらいつもとは違う「慣れない道具」に戸惑ったり、失敗したり
道具のクセをつかむまでに時間がかかったりしそうなところですが
その方は、まったく道具のせいにすることなく
素晴らしい音で、しかも完璧な演奏を聴かせて下さいました。
むしろ何十年も使い込んだ楽器のように、その場で弾いてくれたのです。
安い三味線とも、私のバチとも思えない音が響き渡り
感動して鳥肌が立ってしまいました(汗)

上手い方になると、道具を選ばないようです。

私服3

どんな安い三味線とバチでも良い音を出せる
高度な技術と腕を持っているようです。

私もしっかりしたコツや三味線の演奏の本質をはやく掴んで
誰の三味線でも、どんなバチでも、良い音を出せるようになるために
日々特訓を積んで行きたいと思います。


弘法 筆を選ばず。
三味線の上手い方は、どんな三味線でも良い音を出す。
サラリーマンは、スーツを着ていなくても。。


私服5

どんな格好でもきちんと仕事の結果を出す。。
もちろんお洒落に越したことはないのですが(汗)
どんな私服を着ていても、高いクオリティーの仕事をすることが
重要な気がしてきました。でも、やっぱり。。

なんだか見慣れない格好が多くて戸惑います(汗)

さらに遅れてやってきた、いつもグレーのスーツを着た次長の私服が。。


私服1

思いの他おしゃれな姿で現れました(汗)
ピンクです。そして白のパンツです。そして短パンです。
お洒落な夏用で颯爽と現れました。イメージが変わりますね。
なんだかいつもの次長と違いすぎてやりにくい気もしました(汗)
でも、プロはいつもと違う状況でも、平然と仕事できなくてはと思い
どんな格好でも、どんな三味線でも、素晴らしい内容が展開出来るよう
その場に集中して頑張ることにしました。

休日出勤って面白いです。
普段見れないその方の個性を見られることが楽しいです。
連休も明けました。今日から仕事と三味線頑張ります。邦風


プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ