ツーリングに出かけました。



会社に戻って来て、靴下がぬれている事に気づきました。

朝からずっと雨が降っていたのです。
革靴なので、しみないと思っていたのですが失敗でした(汗)


嫌われる2

革って、だんだん染みてくるんですね(汗)
いろんなプレゼンや打ち合わせににいったり
大切な方に会うための下見に神楽坂を歩いたりしていたら
靴下がびしょぬれになってしまいました。


嫌われる5

困りました。予定がつまっていて靴下を買う時間がありません。
自然に乾いてほしいと願っていましたが
いっこうに乾く様子は無く、濡れている足先が段々冷えてきました。
プレゼンをしている間に、鼻水が止まらなくなってきました(汗)


嫌われる4

寒いです。体全体が冷えてきました。
これでは風邪をひいてしまいそうです。
なんとか靴下を乾かしたいのですが
ドライヤーもなければ、ストーブもありません(汗)
どうしましょうか。。プレゼンしながら
ふと名案が浮かびました。

トイレです。トイレにある、あのドライタオルです。


嫌われる8

風が強めに出てくる上に、冬場は熱風だったりします。
あそこに靴下を通せば、すぐに乾くかもしれません。
次の打ち合わせまで、あと3分です。
思い立ったらすぐに実行に移さなくてはいけません。
すぐに準備開始です。靴下を脱いで手に装着しました。


嫌われる7

誰かがトイレに入ってくるまでに、事を済まさなくてはいけません。
この3分間が勝負です。風邪をひかないため
快適にいろんな方と話をするためには、このドライタオルが頼りです。
うまくいくでしょうか。乾くでしょうか。ドキドキしながら
靴下を履いた手をドライタオルに突っ込みました(汗)


嫌われる6

「ブォーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!!!!」

温かい強風が吹きました。これはすごいです。乾きそうです。
そしてなんだかとても楽しいです、爽快感があります。
手袋(靴下)をしてバイクで滑走している感じです。
ずっと続けていたくなります。
ツーリング気分です。最高です。

最高な気持ちを味わっていると
急に20秒風が自動的に止んでしまいました。
現実に戻されます。20秒では乾きません。
いったん靴下を履いた手をひっこめて
もう一度手を入れると再度動き出しました。
またツーリングの再開です。ここは鈴鹿です。
爽やかな風が吹き抜けて行きます。
これを繰り返して行けば乾きそうな気がします。

心地よくツーリングを楽しんでいる間に、ふと背後に誰かの視線を感じました。


嫌われる3

あれ?誰でしょうか?

トイレの入り口から感じる視線です。どなたでしょうか。
私は怪しいものではありません(汗)
裸足で手に靴下を履いていますが、ごく普通のサラリーマンです。
ちょっとツーリングを楽しんでいました。
そして今、風と一体化していました。
ご安心ください。大丈夫です。ちょっと事情がありまして
こんな「手に靴下」を履いている状況になっております。
どうぞトイレにお入りください。そう思ったものの。。

顔も見えないまま、その方は出て行かれてしまいました。


嫌われる1

どなたかも分からないままのお別れでした。
どなたでしょうか。いなくなってしまいました。
事情が説明出来ず残念です。
いろんな噂がたつのではないかとヒヤヒヤします(汗)

「サラリーマン三味線が、トイレで裸足で立っていて
 両手に自分が履いていたに靴下を手につけて
 楽しそうにドライタオルを使用していた。」


自分のことながら、文字にしてみるとかなり怪しい人間の感じがします。
文字にしてみなくても、見かけたら十分怪しい人の感じがします。
でも。。仕方ありません。奇人、変人、変態。。。
またいろいろ言われそうです。でも仕方ありません。
私は快適に仕事と三味線をしようと思って
エアータオルと向き合ったのですが、どう映ったかはわかりません。
どんなイメージも噂も、甘んじて受け入れて行きたいと思います。

どんな噂もイメージも、すべては自分の責任です。
靴下男として、今日も三味線と仕事頑張ります。







ネイルさせていただきました(汗)


早く帰って三味線の練習をしようと思いました。

会社のゲートを越えた瞬間、同僚から声をかけられました。
仕事の追加依頼でした。デスクに戻ってやるしかありません(汗)


つめ3

そんなに早く帰れるはずがありませんでした(汗)
戻って仕事です。仕事は急にやってきます。
三味線の今日の練習はあきらめることになりそうです。


つめ2

コツコツとお仕事です。
いろいろな雑念は取り払い黙々とやる事が大切です。
なんとか終える事が出来ました。終電に飛び込みました。


つめ9

乗り込んだ電車で、久しぶりに妖精を見かけました。
私が疲れている時だけなぜか見る、オカマの方です。
ご無沙汰しています。少し雰囲気が変わったようです。
この方を見かける時は、私が疲れている時が多いです(汗)


つめ8

年明けから仕事も三味線も
休み無く活動して来たので、知らないうちに私も
少し疲れているのかもしれません(汗)

眉間をおさえる指を良く見てみたら、爪先がボロボロでした。


つめ4

特に人差し指がボロボロです。
爪の弱い私は体調と、三味線の練習のしすぎで爪が2枚爪どころか
3枚爪のような状態になっていました(汗)

完全に三味線の糸に負けてしまっています。


つめ1

爪にやっと「糸道」が出来たと思って喜ぶ暇もなく
私の爪はすぐにボロボロになってしまいます。
この爪を補修してあげたい。そう思いました。
女性化粧品売り場のネイルコーナーに行くべきだと思いました。


つめ7

店員も含めて、売り場にいる方はみなさん女性の方でした。
男性は私一人です。ネイルをアートしたいのではなく
音色を安定させるために、ネイルを強くしたくてここへ来ました。
少し照れくさいのですが、真剣な気持ちでここにお邪魔しております。

探しまわったら答えは出るものです。
「爪を強くする」という商品に出逢いました。
探せば見つかるものです。藁をもすがる思いで購入しました。


つめ6

早速、爪に塗ってみました。私の爪がキラキラと輝きました。
そして塗ってみたら、液体が爪に染み、今までに無いくらい
爪に栄養が送られている感じがしました。

なんだかこれから爪が強くなる期待や
これから三味線の音が安定する嬉しさ、そしてピカピカ光る
自分の指先を見ていたら、嬉しい気持ちが湧いてきました。
爪一つで気分がとても高まりました。

ネイルってとても大切だと感じます。

疲れていたのに、とても華やかな気持ちになりました。
今日も自分のネイルに刺激されながら
三味線と仕事頑張ります。





■しゃみこさん、ご紹介ありがとうございます。
 ブログ「津軽三味線とつくしの和っか」に書いていただきました。恐縮です。
 http://syamiko4300.blog.fc2.com/blog-entry-297.html





正しく嫉妬するということ。



仕事の合間を利用して、お茶の水に来ました。

ここは大学や楽器屋さんが多い街です。
訪れたのは、ビルとビルの間にある不思議な「蔵」です。


しっと4

ここで行われている展覧会を見に来ました。

上野雄次さん(花いけ) × 中里和人 さん(写真)の
「花蔵(はなぐら)2015」という展覧会です。


しっと9

蔵のスペースをうまく利用しながら
花と写真の素晴らしいコラボレーション作品が飾られていました。
心を打つ素晴らしい作品の数々にドキドキしました。


しっと7

素晴らしい作品を見ると、少し嫉妬してしまいます(汗)

花道家の上野雄次さんは、この展覧会中に
作品を見てもらうだけではなく、蔵によじのぼって
蔵自体にも竹などを生けるパフォーマンスをされたようです。

しっと1

危険を顧みず、素晴らしい心意気です。
人として、パフォーマーとして、芸を魅せる人として
本当に尊敬してしまいます。やりきる事が大切です。
私ももっと良い個展やライブをしたいと思いました。

若い頃、嫉妬することはとても嫌な事でした。


しっと5

嫉妬は、自分自身の視野を狭くして、心を狭くするものに思えました。
でも、最近は「正しく嫉妬」することで
今の自分が新しい自分に変わっていくことが出来る
とても良いきっかけのような気がしています
嫉妬することで、自分の目線を上に上げてくれるような気がします。


しっと6

とにかく自分が激しく嫉妬するような
個展やライブに足を運ぶ事で、見えてくる事があります。
嫉妬は、次に自分が何か起こそうとする原動力になります。
嫉妬する事で、自分が何をしたいのかよくわかってきます。


しっと10

この展覧会を見た事で、三味線を通してやってみたい事が
くっきりと見えてきました。良い刺激を受けました。
でもまずは地道な練習を重ねていかなくてはとも思いました。
素晴らしい展覧会でした。良い嫉妬を感じました。

しっと2

嫉妬する対象に少しでも近づけるよう
努力して行きたいと思う事で、自分が変わって行く気がします。
私は少しでも自分を成長させるため、変化させていくために
これからも嫉妬する展覧会には足を運び
たくさんの刺激を受けながら、前向きに
進んでいきたいと思います。


嫉妬から逃げない事。そして嫉妬と真摯に向き合う事。
いろんなことに嫉妬しながら
そこから逃げず、真っ向勝負で今日も三味線と仕事頑張ります。



 ■「花蔵」の情報はこちらです。
 http://ocha-navi.solacity.jp/gallery/



三味線が生み出すもの



SHAMISEN ARTの個展を行った画廊へ向かうために
仕事を終えてすぐに、六本木へ向かっていました。

誰に会うか分からないので念のために
三味線も持って会場に行く事にしました。


jikonkaの7

三味線は、いつの間にか私の名刺のような存在になってきました。
今日はこの画廊で、ある方とお会いする約束になっていました。

以前から私のブログを応援してくださり
さらに個展もライブも見に来てくれた方です。


jikonkaの6

二人で、お酒を飲みながら沢山の話をしました。
独立してブランディングとコミュニケーションの会社を立ち上げて
忙しく頑張っているにも関わらず、いつも温かく応援してくださり恐縮です。
感謝の気持ちを込めて三味線を1曲
心を込めて演奏させていただきました。


jikonkaの5

喜んでいただけて良かったです。
私にできることは、これくらいですが、三味線を持って来て良かったです。

「三味線は君にとって『良い関係作り』をするものになってきているね。」

この方の言葉に、とてもハッとしました。
たしかに三味線を通して、様々な『良い関係』が生まれて来ているのです。


jikonkaの4

三味線を弾くことで、いろんな人と出逢う事が出来ています。
そして年齢、性別、職種、国籍を越えて
とても『良い関係』が生まれています。
三味線を弾いていなかったら出逢えない方々ばかりです。
ありがたいことです。三味線に感謝したいと思います。

「今度イベントの時に是非、三味線をもって来てください」


jikonkaの3

あるギャラリーの方から、お声がけ頂きました。
嬉しいお声がけありがとうございます。
真に受けて本当に持って行かせていただきました。

旧暦のお正月の楽しみ方を体感する「暦を楽しむ」という企画でした。
おめでたいイベントということで
ありがたいことに私の三味線コーナーまで
急に作っていただき、嬉しかったです。


jikonkaの8

ほんの少しだけ三味線の解説をして
自己紹介も兼ねて1曲演奏させていただきました。
どんな反応が起こるかドキドキしながら、楽しみながら演奏する事が出来
終わった瞬間に盛大な拍手までいただきました。
唐突な登場でしたが、聞いていただき、温かい拍手までありがとうございます。
素敵な空間、素敵な時間、さらに後半には
花道家の上野雄次さん、平間磨理夫さんの
素晴らしい花いけも楽しめました。


jikonkaの2

花も三味線も極めようとすると、その道は厳しく
道のりははるか遠いのですが、その道の途中でどんどん生まれてくる
『良い関係』をこれからも大切にして行きたいと思います。
素晴らしい花が生けられて、盛大な拍手が起こり
イベントは終了しました。素敵なイベントに呼んでくださって
とても良かったです。感激しながら帰ろうとしたところ。。


jikonkaの1

三味線の演奏を聞いたいろんな方から
声をかけていただきました。初めて津軽三味線を聞いてびっくりした方
興味をもった方、楽しんでくださった方などから
とても温かい言葉をかけていただきました。

今度別の場所でも弾いてほしいという方や
もっと長い時間聞いてみたいという方もいて嬉しかったです。
次回ライブのご案内をさせていただいたり
ホームページの告知をさせていただきました。
また新しい『良い関係』が生まれました。
三味線を持って来て良かったです。

今日も三味線に対する感謝の気持ちを忘れずに
三味線と仕事頑張ります。





■ギャラリーでの演奏の様子はこちらから見られます。
 http://kunikaze.jimdo.com/コラボレーションlive/

■jikonka tokyoのホームページはこちらになります。
 http://www.jikonka.com

■独立して立ち上げられた会社のHPです。
 個人から地域振興、さらに企業までいろんな相談に乗ってくれるそうです。
 http://www.bandclab.jp/company/

「はずさない」ということ(汗)



会社を辞めて、外国で暮らす事になった
後輩のためにDVDを選んでいました。

後輩が、向こうで元気が出る映画を選ぼうとしていたのです。





夜に行われる送別会の時に
それぞれが「元気の出るおススメ映画」を1本づつ持ち寄って
プレゼントしようという事になったのです。


元気になる映画を何にしようか迷いましたが
ようやく決める事が出来ました。


DVD7.jpg

個人的には、三味線の映画をお薦めしたいところですが
プレゼントなのでもう少し普遍的なものにしようと思い
「ニュー•シネマ•パラダイス」という古い名作映画を選びました。

やや定番感がありますが、映画愛にあふれた素敵な映画です。
レジで会計を終えて、送別会に向かいました。


DVD6.jpg

向かっている間に、急にふと小さく不安になりました。

こんなド定番な映画で良かったんでしょうか。
向こうで、ふと日本を懐かしく思った時に
洋画で良かったかどうかも疑問に思えて来ました。
もっと肩の力の抜けた、邦画の方が良いかもしれません。
慌ててお店に引き返し、商品を選び直しました。


DVD5.jpg

レジに選び直した商品を持って行きました。
真剣に考えに考えたあげ結果「釣りバカ日誌」を選んでいました。
日本の会社の良さや、肩の力の抜けた日本人の良さがここにはあります。
名作と言われる映画では意外と疲れてしまうのではないかと思い
日本の娯楽映画にしてみたのです。


あの、すいません。先ほどDVDを購入したものなんですが。。
 ちょっと間違えてしまいまして、こちらに変えたいんですが
 よろしいでしょうか。すいません。。」


レジの方が「研修生」だったようで、あたふたしながら
「店長」に助けを求める事になりました。


DVD4.jpg

間違えて購入したというのは、言い間違いでした(汗)
一度購入したのに、気が変わってしまいました。
店長と研修生が、レジでバタバタと再設定をしていました。
やはり「ニュー•シネマ•パラダイス」で良かったのかもしれません。
「ラストサムライ」のような定番にしてもよっかたかもしれません。
もしくは「男はつらいよ」でも良かったかもしれません。
考えてみたら「釣りバカ日誌」を急に送られるのも唐突な気がします。
だんだん私も再び迷って来てしまいました(汗)

店長から、はっきりとした声で確認がありました。


DVD3.jpg

「お客様、お待たせしております。確認させてください。
 こちらのニュー•シネマ•パラダイスをやめて
 釣りバカ日誌にするということでよろしいんですよね? 

 最終的にニュー•シネマ•パラダイスは間違えて購入で
 釣りバカ日誌のほうが正しいという事で間違いありませんよね?」

はい、間違いありません。なんだか改めて質問されると
とても恥ずかしくなってきました(汗)
そもそも「ニュー•シネマ•パラダイス」を
「釣りバカ日誌」と間違えて買ったという
私はどんな人なんでしょうか。この全く違う2つを迷っている
コンセプトのぶれた感じも、なんだかお恥ずかしい限りです(汗)


DVD2.jpg

送別会で「釣りバカ日誌」を送ってみたものの
結果的には大失敗でした(汗)

そんな映画を送っているのは私だけでした。
洋画の名作、お洒落映画、恋愛映画の中に混じって
私の持って行った「釣りバカ日誌」だけが浮いていて
後輩もあまりの唐突感に驚いているようでした。
真剣に考えた結果、完全にはずしてしまったようです(汗)
送られた後輩も、なんだかどう受け取ったらよいのか
釣り好きでもないため、とても困惑しているようでした。
私がセレクトを謝ったようです(汗)大変失礼しました。

プレゼントをはずした事が頭を離れず
朝、三味線の練習をしていると
いつも以上に音もはずしまくってしまいました。
音もプレゼントも「はずす」って、とても恥ずかしくなります。
出来る限り「はずさない」ようにしたいと思います。
演奏もプレゼントも奇をてらいすぎてはずしてしまうよりも
しっかりと定番で、素直で喜んでもらえるはずさないことを
目指して行こうと思いました。
反省しながら三味線を終えて会社に向かおうとしたところ。。


DVD1.jpg

ある場所から、演奏の依頼がありました。
嬉しいです。どんなところでも演奏させていただきます。

どんな曲を弾きましょうか。いろんなことをやってみたいです。
その演奏用に曲を作っても面白いかもしれません。
もしくは意外な曲を三味線で演奏してみたい気もします。
とてもワクワクしてきました。あ。。。
また、私は凝った事を考えすぎている感じがします(汗)

定番でいかなくてはと思い直しました。
考えすぎて唐突な曲のプレゼントをしては
また送別会と同じ過ちを犯しそうです。
そしてまた「はずす」感じがしてしまいます(汗)
素直にストレートな演奏をすることを心がけるようにします。

今日も定番をしっかりと。はずさないこと。
三味線と仕事頑張ります。

プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ