ストリートデビュー?!(汗)



先日移動中に、ストリートミュージシャンを見かけました。

高校生のヴォーカリストです。
純粋に真っすぐで伸びやかな歌声が、耳に飛び込んできました。


場所5

通り過ぎていく人を、いかに引き止めて演奏を聞かせるか
腕の見せ所です。なかなか人が集まらないようです。
一生懸命ギターを弾く手に、振り絞る声に力が入っています。

頑張ってください。大丈夫です。落ち着いてください。
思わず遠巻きに応援してしまいました(汗)


場所4

少しづつ力が抜けてきたようです。
驚くほど気持ちのよい声と伸びやかな演奏が響き渡り始めました。
その瞬間に、人が足を止め始めました。
ストリートって反応が正直です。いまいちな演奏には素通りを
気持ちのよい演奏は理屈抜きに人の足を止めるようです。


場所3

あっとう間に、人だかりが出来ていました。
そして割れんばかりの拍手が起こっていて、びっくりです。
ストリートは、一番のライブかもしれません。
私も津軽三味線でやってみようと思います。どうなるでしょうか。
大会などとは別に、自分の芸の実力が一番分かるかもしれません。
少し恐ろしい気もしますが、当たって砕ける気持ちで挑みたいと思います。

午後は次回のライブ会場の下見に行きました。


場所1

来年の「SPIRIT4」を、もっと進化させるために
新しい会場を探し、実際に自分で足を運んでみました。
あのストリートのライブ感と近い会場が理想です。
いくつか見ていくうちに素晴らしい会場候補が見つかりました。

その後は私の新たに行うイベントの会場に打ち合わせです。


場所7

事前に会場の情報をネットで見てはいましたが
実際の会場を見ると、やはりまったく新しいアイデアが湧いてきます。
担当の方からもアドバイスをいただき
このイベントがさらに面白いものになりそうな気がしてきました。

楽しみです。この場所で出来る事全力で頑張りたいと思います。


場所6

どんな場所でも一生懸命やれば、必ず誰かに思いは伝わります。
ストリートでも、小さな会場でも、大きな会場でも
お客さんがたった一人でも、その場所で自分の出来る事を
精一杯やることで次が開けるような気がします。
そんなことを考えていたら、私の携帯に連絡が来ました。


場所2

「はい!やらせていただきます!よろしくお願いします。」

新たなボランティアの依頼です。行かせてただきます。
狭くても少人数でも大丈夫です。その場所で出来る事
一生懸命やらせていただきます。頑張ります。
それでも、良い会場でやらせていただいている自分のあまさを感じます。
私は近々ストリートにデビューしなくてはと
なおさら思いました。この年齢でお恥ずかしい限りですが(汗)
良い舞台を与えられている事に甘んじていてはいけません。


場所8

どんな場所でも完璧な演奏ができるようになりたいです。
演奏することは、自分磨きにつながります。
頑張って自分を磨き続けようと思います。

そして三味線の勉強会に向かいます。すごい方のこだわりや技を
全員で共有したいと今月から勉強会を開かせていただきました。


どうなるでしょうか。面白くなるでしょうか。
良い学びがありますように。そして新たな発見がありますように。
そしてこの学びや発見が、次の演奏に生かされますように。
どんな場所でも良い演奏ができるよう頑張りたいと思います。
いろんな演奏できる場所を探していきたいと思います。
今日も三味線と仕事頑張ります。



気になる男(汗)



三味線の演奏で、また新たなお声がけがありました。

嬉しい事です。仕事が終わった後、そのお話を聞きにいきます。
急いで電車に乗るために駅に向かっていました。


カップル2

今年はオープンスペースで演奏出来る機会を増やしたいと思います。
今まで演奏した事無い場所で、演奏出来るのはワクワクします。

そんなことを考えながら、電車に飛び乗りました(汗)
席に座ると、目の前にいたカップルの方と目があいました。


カップル8

全身お洒落に気をつかっているカップルのようです。
二人が私の事を、上から下までジロジロと見ています。
私は仕事終わりの服装ですので、そんなに見ないでください。

すぐに目をそらし、気にしないようにしました。
何やら私を見ながら、二人でヒソヒソ話を始めています。
本人たちはヒソヒソのつもりでも、されている方には
はっきりと、何かからかわれている感じが伝わります。


カップル5

何を話しているのかは分かりませんが、ずっとヒソヒソ話をされていました。
落ち着かないうえに、なんだかよい気持ちがしません(汗)

電車に乗っていると、よくあることです。
こんなことに心が落ち着かなくなるのは
私の日常の精神修行がまだまだ未熟のせいです。
今こそ三味線で鍛えた精神を生かすべきだと思いました。


カップル6

一見、何か悪口を言われているような気がしますが
本当にそうなのかは分かりません。私の思い過ごしかもしれません。

演奏している時にも、お客さんの反応が良くないとき
「つまらないかな?」「退屈かな?」「もうやめたほうがいいかな?」
と勝手に思ってしまう時がありますが、私の思い込みだった事に
あとで気づく事があります。目の前の反応を気にしすぎていては
自分の演奏を見失う事になりそうです。
今後オープンスペースで弾く時には、もっと様々な反応が気になりそうです。

カップル4

目の前のカップルの反応に心乱されていては
大勢の前での演奏を務める事は出来ません。
小さい子供、カップル、ご老人の方
通りすがりの方、冷かしの方、眠い方などの前で演奏するには
強い精神力と、ポジティブに物事をとらえる考え方が必要です。

ポジティブにいきたいと思います。
電車でお会いしたカップルは、もしかしたら
こんなことを話しているのかもしれません。


カップル5

「ねえ見てみて。あの人の小指。ほら。」
「バチダコだね。あの人、三味線弾く人だな。」
「左手に血豆があるわ。かなり激しい弾き方をする人ね。津軽に違いないわ。」
「あ、あの座り方。あの姿勢。。尋常じゃないな。ぜったい澤田流の人だよ」
「もしかして。。間違いないな。ペンだこもある。
 あれはイラストも描く三味線演奏者の邦風だ!見てみろ。」
「本当だ。ものすごいオーラを感じるわ!三味線愛を感じるわ!」

そんな会話をしているということに勝手にしてみました(汗)
思うのは自由です。そう思ったら楽しくなってきました。
目の前にいる方は、かなり三味線の目利きの方に思えて
親近感もわき、駅に着いた時には、最高にポジティブな気持ちになりました。

カップル3

すべては想像ですが(汗)
自分がポジティブになれる会話を想像した方が
とても気分が良くなることを学びました。
あのカップルの会話を勝手にそう思い込めれば
何も気になる事はなく演奏に集中出来そうです。

あっという間に、待ち合わせ場所に着きました。
はじめまして。邦風です。これからどうぞよろしくお願いします。

カップル7

お声がけいただいたイベントの打ち合わせについてお話しできました。
初めてで不安な部分もありますが、すべては考え方次第です。
見ず知らずの方の前で演奏すること恐れずに取り組んでいこうと思います。
大切な事は、自分の気持ちをポジティブに保つ事です。

目の前の方の反応やリアクションに心を乱されず
私は私の考え方ややり方でリズムを保ちながら
心を落ち着けて丁寧に頑張って行こうと思います。
毎日をポジティブに生きたいと思います。
今日も三味線と仕事頑張ります。


真夜中の大捜査線(汗)



今月最後の、三味線のお稽古をさせていただきました。

基本の練習を繰り返し行いながら
質問に答えているうちに、自分でも基本の大切さを実感します。


携帯8

お稽古を終えて、一人教室に残って自分の練習を行いました。
新しい曲弾きの練習です。次回の大会までに作り替えたいと思います。
練習を終えたら、すっかり遅い時間になってしまいました(汗)

慌てて荷物をまとめて駅に向かおうとしたところ。。
あれ?携帯が見つかりません。どこにいったかな?


携帯7

教室に戻ってみたものの見当たりません。
どこに置き忘れたんでしょうか。必死に思い出しててみました。

あ。。もしかしたら。。分かりました!
きっと、この教室に来るときに乗った
あの電車に置き忘れてしまったようです(汗)
気持ちよくエアコンが効いていて、思わず寝てしまった電車です。


携帯6

慌てて降りて、あの座席に置き忘れたはずです。
電話がなくては、仕事も三味線関係の連絡も出来ません(汗)
すぐに駅の事務室に行き、「忘れ物」の確認をしていただく事にしました。

「置き忘れた携帯は何色ですか? なにか特徴はありますか?」


携帯5

銀色です。折りたたみです。
特徴は。。そうです。ストラップです。
三味線のバチのストラップがついています。
駅の方が不思議そうな顔をされました。
三味線のバチのイメージがわかないようです。
三味線の演奏の時に使うもので鼈甲のものです。
落とし物の中にないかどうか確認していただきました。
そんな珍しいストラップのついた携帯はないでようです(汗)

残念です。ということは電車ではないのかもしれません。
日中に、プレゼンに向かう道に落としたのかもしれません。


携帯4

とても暑かったので、ジャケットを脱いで歩いていた
あの時に落とした気がしてきました。なんだか今日は電話が鳴らず
穏やかな心地いい一日だと思っていましたが
どうやら、あの道に携帯を落っことしてしまったようです(汗)
なんとなくガシャッという音を聞いたような気もしてきました。
間違いありません。あの道に落ちているはずです。
まだあるでしょうか(汗)あってほしいです。
急いで現場に向かう事にしました。

落としたような気がする道に来ました。
このあたりです。夜中に一人で人目を気にせず大捜査です。


携帯3

見つかりません。どこに行ってしまったのでしょうか。
どんどん考えが変わります。もしかしたら会社かもしれません。
会社のデスクや会議室、打ち合わせスペースに
携帯を置き忘れている気がしてきました。
いつもあるものが無いのはなぜかとても心地悪いです(汗)
夜中に一人で、誰もいない会社に戻ることにしました。

あるといいのですが。。机の中、封筒の中など必死に探しました。


携帯2

どこにいってしまったんでしょうか。
心当たりはすべて当たりました。自分の携帯に電話もしてみましたが
ブルブルする様子もありません。

どこに行ってしまったんでしょうか。
とても気になりますが、時間も時間です。
今日はいったんあきらめて家に帰る事にしました。
とても心もとないですが、今日のところは引き上げて
明日の朝冷静にもう一度探して見ようと思います。
家に着いたらかなり遅い時間でした(汗)
なんだか急に眠気が込み上げました。
いったん十分に体を休めたいと思います。
そう思って布団に向かったところ。。


携帯1

布団の枕元に、ピカピカするものがありました。
私の携帯です。探していたバチのストラップのついた携帯です。
なぜかこんな枕元にありびっくりしました(汗)
あんなに探しまわった携帯が枕元にあるなんて。。
なんだか自分に拍子抜けしました。
そもそも教室でも、会社でも、電車でもなく
朝出た時から携帯を持っていかなかったようです。
なんて間が抜けているんでしょうか。どおりで見つからないわけです。
家に置きっぱなしにしたまま仕事に出かけて
夜まで携帯が無い事に気づかなかったようです。

でも見つかって良かったです。嬉しいです。
うわっ!すごい着信件数です(汗)
私が携帯をもっていかなかったことで
沢山の人から何度も電話があったのかもしれません。
いろんなことでご迷惑をおかけしてしまったかもしれません。
誰から何の案件か、ドキドキしました(汗)
おそるおそる着信履歴を見てみたところ。。

ほとんんどすべて自分からの着信でした(汗)
自分で携帯を鳴らして場所を探していたときの着信のようです。
またまた拍子抜けしましたが、少しホッとしました。
ほとんど着信が自分だけなんて、嬉しいような淋しいような
とはいえ、あまりいろんな人に迷惑をかけずにすんだようです。
良かったです。これで安心して眠れそうです。

これからは同じ間違いをおかさないようにしたいと思います。
三味線と同じように肌身離さず、道具を大切にしていきたいと思います。
今日も三味線と仕事頑張ります。







お客様が一人でも(汗)



「良かったら、こんどのお祭りの演奏、子供たちに混じって出てみない?」

ある先生から、お声がけをいただきました。
ありがとうございます。屋外でのお祭りでの演奏の参加は初めてです。


ぶた公園8

ぜひよろしくお願いします。二つ返事で引き受けさせていただきました。
出来るかどうかは二の次で、とにかく立てる舞台には
積極的に出る事が大切だということも、この先生から教えていただきました。

かなり若いメンバーに混じっての参加です。


ぶた公園7

しかもそれぞれのソロ演奏があり、私は最後のおおとりになっています。
技術とは関係なく、年の功でおおとりにしていただきました(汗)
頑張りたいと思います。気持ちで若い方に負けてはいけません。
気は心から。舞台上だけでも心を若く持つために
普段はかないピンクのズボンをはいて登場しました(汗)


ぶた公園8

あ、ズボンではなくパンツ、ボトムスというべきでした(汗)
ピンクパンツの邦風です。一生懸命若々しい演奏をしたいと思います。
今日はこのパンツで心を込めて演奏したいと思いました。

お声がけくださったこの先生も、同じ舞台で
一緒に演奏されるそうです。気合いが入ります。


ぶた公園2

私の斜め後ろで、全体のサポートをする形で
演奏されています。その音色が聴こえるたびに身が引き締まりました。
自分の音との違い、そして間合い、抑揚のすごさを感じます。
さすがプロの演奏です。舞台上でいろんなことを教えていただきました。
以前に私が演奏中に糸を切ってしまった時のことを思い出しました。

ぶた公園6

「糸を切ってしまってなんでそのまま、トボトボ舞台を離れるんだ。
 頭を下げて、すいませんもう1回弾かせてくださいとなぜ言わないんだ。
 恥ずかしくてもお願いするんだよ。お願いしてもう一回弾ければ
 そのほうが自分のためにいいんだよ。」

私は、あの日以来この言葉を忘れた事はありません。
そしてこの先生は、お願いされる限り
どこまでも演奏に行かれていることを知りました。


ぶた公園5

「お客さんがたった一人でも、その一人が子供でも
 心をこめて三味線を弾く。聞いてくれる人が一人でもいたら
 一生懸命全力で演奏する。それが大切。それが芸人。」


その言葉通り、あらゆるところに出かけて
本当に子供一人しかいないところでも全力で演奏されていることを
奥様のブログで知りました。この芸人魂、当たり前ですが
私なんて足下にもおよびませんが、同じ舞台に立たせていただいて
感激しました。とりのソロ演奏、心をこめて演奏させていただきました。
本当にいつも温かいアドバイスありがとうございます。


ぶた公園4

日頃の感謝を込めて、すべての力を出し切ってソロを終える事が出来ました。
私の演奏は、相変わらずまだまだ頑張らなくてはと思う演奏でしたが
こんなに良い舞台に立たせていただいてありがとうございます。
そして同じ舞台の上で、様々な事を教えていただきました。
今までのアドバイスも思い出し、とても身が引き締まる思いでした。

今日はお声がけいただき、心から感謝しております。

ぶた公園3

私ももっといろんな場所で、沢山人がいる今日のような場所でも
逆に誰も人がいないようなところでも
変わる事無く一生懸命心をこめたプロの演奏ができるよう
もっと精進していかなくてはと思います。

「またよろしくね。」

その言葉を聞いて緊張の糸がいっきにほぐれました。
実はかなり緊張していたようです。
本番終了後に爪を切る時に、尋常でない自分の手の震えを感じました(汗)

ぶた公園1

指先が震えて、全然爪が切れませんでした(汗)
相当緊張していたようです。子供の演奏の上手さ、尊敬する方との同じ舞台
そしてプロとの音色の差、さらに不慣れな祭りと、年功序列の「おおとり」に
私は落ち着いて取り組んだつもりですが
私の指先はとても正直で、ブルブルと震えていました。

本番が終わったというのに止まらない震えに
まだまだ未熟な自分を感じました。
今日はピンクのパンツで、テンションをあげて少し余裕な振りをして
舞台に挑んでみましたが、やはり経験がまだまだ浅いようです。

もっと経験を積んで良い演奏が出来るよう
今日も三味線と仕事頑張ります。



■奥様のブログです。これを読んで私も頑張っていこうと思いました。
 http://ameblo.jp/aiyabushi/entry-12029263006.html

■ホームページを更新です。お祭りに参加させていただき嬉しかったです。
 http://kunikaze.jimdo.com/private/




ドラムと三味線と古武道と。



どんな姿勢をとるのが、三味線の演奏にとって
一番良い状態なのか考えていました。
まっすぐにピンと背筋を伸ばして弾いていたときもありますが
最近は少しだけ背中を丸くして弾いてみています。


こぶどう8

これはピアノ演奏者の姿勢からヒントを得て真似ています。
指先にしっかり力を乗せていくために、ピアニストは
少し背中を丸めているような気がしたからです。
他の楽器をやられている方にも学びたくなりました。
近くの席にいる会社の上司がドラムをやられています。。


「次長、お忙しいところすいません。あの、
 唐突ですが、今話しかけてもよろしいでしょうか。」

こぶどう7

大丈夫だそうです。でもすいません。
全然仕事の話じゃないのですがよろしいですか?
恐縮です。音楽の話です(汗)
ドラムを叩く時の姿勢や体の使い方について
少し教えていただいてほしいのですが。。

「あのね、まずドラムのリズムって言うのは、そもそも発祥からして……」


こぶどう6

とてもわかりやすく、詳しく教えていただきました。
そしてドラムのスティックにいかに力をのせていくか
その体の使い方について教わりました。なるほど。
やはり腕が自由になる姿勢や、体の上手い使い方があるんですね!
勉強になりました。感謝です。ありがとうございます。


「例えばね、こういうこと。ズッズッターーーン、ツカ、ズッズッターーーン
 ズッズッターーーン、ツカ、ズッズッターーーン、わかる?
 体の構造と使い方で、リズムがこんな感じになるんだよ。」

こぶどう4

なんとなくですが、分かる感じがしました。
津軽三味線も同じように、日本人独特の間やリズムがある気がします。
本当に音楽好きな方です。二人で音楽の話に熱がこもってきました。
話は体の使い方にいき、肩甲骨の使い方について語り合いました。

「たとえば、この柱を押す時にどう押していくか。
 上から、下から? どっちが力が発揮できる?
 そしてどっちが肩甲骨の力を感じる? 押してみてどう感じる?」


こぶどう5

朝から二人で、柱に向かってぶつかり稽古状態です(汗)
周りの妙な視線も感じますが、上司は真剣に私に
大切な事を教えてくれようとしています。
手に力をいれるためには、姿勢と肩甲骨の使い方が重要なようです。

そしてヒントはどうも「ナンバ走り」にあるようです。
「ナンバ走り」とは右手と右脚、左手と左脚を同時に出すという
江戸時代の日本の飛脚の走り方のことです。


こぶどう3

二人で「ナンバ走り」について語り合いました。
私もこの「ナンバ走り」は、古武術研究家の甲野善紀さんの著作で
知っているつもりでしたが、上司は「体の使い方」や「ナンバ走り」
について、とても多くの本を読んでいるようです。
二人で会社で「ナンバ走り」をトライさせていただきました。
やはり音楽を突き詰めていくと、体の使い方にたどりつき
そして古武術の世界におのずとたどり着くという事が分かりました。

この古武術の原理を生かせれば、三味線だけでなく
パソコン仕事も体をいためることなく
スムーズに、しかも効率的に業務をこなせそうな気がしました。


こぶどう2

甲野さんの著書にある「井桁崩しの原理」を活用して
変なところに力みを起こさず、スムーズに
体全体の力を効率的に、そして効果的に指先に乗せていくことができれば
仕事も三味線も、力強く心のこもった仕上がりになりそうです。
背骨と肩甲骨の関係、そして体の使い方を知る事が重要な気がしました。

お忙しいところいろいろ教えていただきありがとうございました。
心なしか、余計な肩の力が抜けて来た感じがします。


こぶどう1

ドラムや体の使い方に詳しい上司に、いろいろ教えていただいたおかげです。

まったく仕事ではない話にも関わらず
丁寧に教えていただきありがとうございます。
なんだかとても古武術に興味がわいてきました。

体の使い方から見た三味線の良い弾き方。
古武術の思想を生かした、三味線の力の使い方。


そんなことを知りたくなりました。
何か三味線の弾き方の盲点や、すごい発見に繋がるかもしれません。
なんだかワクワクしてきました。思い立ったら即行動です。
古武術の甲野先生に会いにいかせていただくことにしました。
どんな姿勢で、体の力をどう生かせば
バチ先に全身の力を乗せられるのか、知りたくなったのです。
体の使い方の達人にお会いして、どこの動き方に無理があり
どうすれば自然に最大の力が発揮出来るのか
そのヒントを教えていただこうと思います。

甲野先生の本気の生き様には足下にも及びませんが
私も真剣に情熱をもって三味線に取り組んでいます。
どんなご意見をいただけるか、とてもか楽しみです。
またご報告させていただこうと思います。
ドキドキしながら今日も地道な三味線の練習と仕事頑張ります。




プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ