FC2ブログ

月と財布



テレビの画面から、なぜか聞き覚えのある声がしました。

慌てて画面を見てみると、同じ教室の方が映っていました。
突然のことで驚きましたが、間違いなくその方です。


くまさん6

船橋駅で、終電を乗り過ごした人の家に
ついていくという番組のようです。今までの生き方や
様々な趣味やなどの話をされていました。

趣味という事は。。きっと三味線の話もされるはずです。
あ、やっぱり三味線を取り出しました。嬉しいです。


くまさん5

津軽三味線について熱く語ってくれるかもしれません。
ドキドキしながら画面を見ていました。

「あ、私は、澤田流という流派の中でね、一番下手なんです。」

低姿勢な方です。なかなか言えるセリフではありません。
この方はマイクを持って語らせたら、ものすごい力を発揮します。


くまさん3

とぼけた口調と巧みな話術で
聞いている方を安心させたり、泣かせたり、笑わせたり
感心させたりします。人間味あふれる語りが出来る方です。

教室の中でも、その独特の話し方や
明るいキャラクターは、独自の光を放っていて
周りの人を温かい気持ちにしてくれます。


くまさん2

ある月がきれいな夜に、その方が財布を月にかざしていた事があります。
何をしているのか聞いてみたところ。

「こうしてね、月に向かって財布をあてると
 お金が貯まるって聞いた事があります。やってみたほうがいいですよ。」


街中で、真剣に財布を月にかざしていた姿が忘れられません。
満面の笑みで財布を見つめる横顔に、つい吹き出してしまいました。


くまさん8

独自の価値観や哲学と行動力を持った方なんだと感じました。
このとぼけた感じと、真面目な感じと、面白い感じが
私としてはたまりません。番組の中でも
不思議なキャラの方としてかなりの時間、紹介されていました。

三味線ライブでも、その力を発揮してくださっています。
私からお願いしてSPIRIT 2の時から参加していただいています。


くまさん4

嫌な顔ひとつせず引き受けてくだった上に
当日、三味線を聞きにきた方の緊張をほぐしながら
会場を得意の話術で大いに盛り上げてくださいました。
そこからはSPIRITにはなくてはならないキャラクターとして
毎回登場していただいています。貴重でありがたい存在です。


今回のライブにももちろん登場していただきます。


くまさん1

新たなコーナーにも登場していただく事になり
この方の持ち味を生かしたコーナーも誕生することになりました。
ともすると、どんどんストイックな雰囲気になりそうなこのライブに
温かい雰囲気や、楽しい空気を毎回、生み出してくれています。

この方じゃないと成立しない企画になりました。
新たなコーナーがどうなるかとても楽しみです。


くまさん7

この方の人間味がとてもいいなと思っています。
この方の人柄と語りが本当に素晴らしいと感じます。
人の緊張をほぐし、自分の恥ずかしい部分を隠さず
いつも明るく、一生懸命で、少しとぼけていて
人の心をホッとさせて温かくするこの語り。
これこそ、私が自分の三味線の演奏に求めているものかもしれません。
私がたどり着きたい演奏の姿なのかもしれません。
この方の語りのような人間味あふれる演奏が出来たら
いいなとテレビ画面を見ながら本気で思いました。

良い方との出会いで、自分が磨かれる気がします。
今日も仕事と三味線頑張ります。


中学生の感想



また、新たな演奏の依頼を受けました。

まずは会場になる場所の下見に来ました。
素晴らしい作りの、雰囲気のある立派な建物です。


元気7

見に来たら安心するかと思いましたが
立派な会場過ぎて、逆にドキドキしてきました(汗)
こんな立派な会場。。私で大丈夫でしょうか。。
少し不安になりながらも、イベントを主催する方と
内容について打ち合わせも行いました。


元気8

津軽三味線、澤田邦風が熱く深く語り演奏する1時間。
企画趣旨も理解しました。ありがたいお話です。
でも大丈夫でしょうか。私に出来るでしょうか。。

もうすでに仮の告知のポスターやチラシまで用意されていました。
見てみると、私がすごい扱いになっていることに驚きました(汗)


元気4

す、すいません。出来れば。。
もう少し私を、すごくない感じに扱っていただけると安心です(汗)
特別な人ではなく、普通の、ごく通りすがりの三味線の人
くらいにしてもらえませんでしょうか。。
あわてて、そんな謎なお願いをしてしまいました。

次から次に来る依頼のレベルが高まっていくと
つい尻込みしそうになる自分がいます。


元気6

本来、こういった扱いや、会場や、告知イメージにひるまず
自分を高めていければ、演奏の質も高まる気がします。
これからは告知イメージに自分を近づけるよう
意識を高めていこうと思います。

地道に上っていかなくてはと反省しました。

そのためにも、三味線の地道な練習を続けようと思います。


元気5

ドキドキしながらも依頼を、引き受けさせていただきました。
当日どんな事が出来て、どこまで内容を良くできるかは分かりません
私に出来るかどうかより、私がどこまで何が出来るかを
考えてみようと思います。前向きに挑戦したいと思います。


そんなことを考えていたところ、先日演奏した中学校から
刷り物をいただきました。何が載っているんでしょうか。。


元気3

この学校での演奏も、引き受けたときはドキドキでした。
年齢の離れた中学生に何が届くのか、まったく分からず不安な気持ちで
演奏をスタートしたのを覚えています。演奏を終えて盛大な拍手をもらい
ホッとしたのですが、どんな気持ちで聞いていたのか
一人一人に聞けないままで終わっていました。

よく見ると。。この紙に、演奏の感想が書かれているようです。
なんだか読むのがドキドキします。。(汗)


元気1

「指の動きが、すごくて上手だった。かっこよかった。
 音の変化がたくさんあって面白かった。」
「はっ!といって始まるのがかっこよかった。高い音から低い音へ
 変わるのが良かった。三味線も音色はきれいだった。」

など、初めて津軽三味線の演奏を聴いた
中学生の新鮮な感想が載っていました。
その言葉の1つ1つが自分の胸に新鮮に突き刺さりました。


元気2

三味線を聴いて面白がってくれた事
そして、はっ!というかけ声に驚いた事
さらに音色を感じてくれた事。感激しました。
中学生がこんなことを演奏から感じてくれたなんて
感激です。ドキドキしながらも演奏をやってみてよかったです。

嬉しいです。年齢の離れた中学生に、私の必死の演奏で、何かが
届いて良かったです。この感想文嬉しいです。
三味線を地道にコツコツやってきて本当に良かったなと思います。
この感想文を読んでいたら
地道な稽古を積んできたことが無駄じゃなかったと
思えて、温かい気持ちになりました。
自分が出来るかどうかを考えるよりも
目の前の依頼に一生懸命ぶつかっていけば
何かが伝わるという事を知りました。
1段1段、コツコツと様々な経験を積んで行きたいと思います。

この感想文、私の宝物にしたいと思います。
嬉しい気持ちで今日も三味線と仕事頑張ります。



築地のパワー


なんだか仕事が忙しくなってきました(汗)

最近は、体力不足か年齢かわかりませんが
さすがに徹夜は身にこたえるようになってきました。


築地7

なんとか企画書はまとまりましたが
今日一日打ち合わせやプレゼンを、乗り切ることができるでしょうか。

先日そんなことを思いながら、そのまま早朝築地に向かいました。


築地6

築地の場内は、朝のまだ暗い時間にも関わらず
沢山の方たちが働いていて、その活気のすごさに圧倒されます。

皆さん、真剣な顔でキビキビと働いています。


築地5

徹夜明けでフラフラと疲れた顔で歩いていると
ぶつかったり、突き飛ばされそうな勢いなので気が抜けません。

築地場内の早朝からやっている定食屋さんに入りました。


築地4

ここで食べる刺身定食や、焼き魚の定食、煮付けの定食は最高です。
味に厳しい築地の方たちを満足させているだけあります。

本当に美味しくて、なんだかとても元気が出ます。


築地3

築地の方たちと肩を並べながら定食を食べていると
なぜか普段よりガツガツとした食べ方になるから不思議です。
爪楊枝をくわえながらお会計をすませてお店を歩いていると
なんだか自分がパワフルな「築地の男」になった感じがします。


築地2

自分の体が、ひとまわり大きくなったような気がします。
場内を見渡すと、私よりも年齢の高い方が
朝から元気よく真剣に働いている姿を沢山見かけました。


寝不足だとか年齢だとか、そんなことは関係ないかのように
パワフルに働いています。それを見ていたらなぜか
徹夜明けの疲れもふっとび爽やかな気持ちになりました。
この仕事を終えたらまた三味線に全力投球したいと思います。


築地1

築地の方達って、早朝に
魚の旬を守るためにも1分1秒大事にしながら
黙々と自分のすべき仕事をされているんですね。
人が真剣になにかに取り組んでいる姿を見るっていいですね。
とても刺激されて、朝から元気がわいてきた感じがします。
人の心を動かす仕事や演奏を行うためにも
何事も真剣に精力的にやらなくてはと思いました。

数分の演奏に、イキの良い音や旬な心を込められるよう
寝不足でも一生懸命頑張りたいと思います。

築地に行って良かったです。
なんだかやる気がわいてきました。
旬な仕事や演奏ができるように、今日も仕事と三味線頑張ります。




■「 津軽三味線ライブ SPIRIT4 」3月20日に行われます。詳細はこちらで見られます。
          ↓
 http://kunikaze.jimdo.com/三味線ライブ/
 
築地8







仕事と三味線



2月、3月は大忙しです。

新しい仕事をいただきました。ありがとうございます。
かなり時間がなさそうな案件ですが、頑張ります(汗)


仕事11

まるでパズルのように、スケジュールがうまっていきます。
どんどん手帳が真っ黒になっていきます。

しっかりスケジュール管理をして、仕事を進めて行きたいと思います。


仕事9

そう思っていたところ、もう1つ仕事をいただきました。
大丈夫でしょうか。私に出来るでしょうか。

「大丈夫だよ。三味線あんなに出来るんだから、これも出来るでしょ。」


仕事10

なんだか謎な説得を受けました(汗)

一番心配しているのはスケジュールです。
ちょっといろんな案件が重なって、身動きがとれないので
もう少し時期がずれたり、遅めの進行にしていただければ。。
そういいかけたものの。。


仕事8

あっという間に、新しいチームに入る事になりました。
どうも、よろしくお願いします(汗)

なんだか仕事がパンパンになってきました。
大丈夫でしょうか。後輩の前でも、ついブツブツ
独り言を言うようになっているようです。


仕事3

なんとかスケジュールをやりくりして
引き受けた仕事を、完璧にこなしていきたいと思います。
そんなことを考えながら慌てて向かった三味線教室で。。

「すいません。今週は忙しくてあまり練習が出来ていません。」


教えさせていただいている方の一人が
そう言って申し訳なさそうにされていました。

仕事2

仕事が忙しかったようで、なかなか練習が出来なかったようです。

分かります。痛いほどよく分かります。


仕事が忙しいと、なかなか練習できないです。
練習しようと思っていた時間が、埋まってしまったりします。
まったく練習できないまま、1週間があっという間に過ぎたり
三味線に触れられなかったりという状況よく分かります。

仕事6

そして練習出来ないまま、教室に来るときの
落ち着かない気持ちや、なんだか申し訳ない気持ち
とてもよく分かります。私も同じなので大丈夫です。

毎日を乗りこえていくのは本当に大変です。
仕事や、様々な予定や、付き合いや、生活など
やらなくてはいけないことが次々に現れます。
忙しい日々のスケジュールを乗りこえて
ここに来られただけでも素晴らしいです。
大丈夫です。ここで練習していきましょう。
30分、三味線を弾くだけでも意味があります。

なんだか自分に言い聞かせているようにも感じました(汗)
そう言っている私も、あまり三味線に触れられていなくて
すいません。お恥ずかしい限りです。
でも触れられる時には、短時間でも集中して
気持ちを込めて、丁寧に三味線を弾きたいと思います。
一緒にお稽古頑張りましょう。
忙しく働きながらも、焦らず、ゆったりと楽しく
三味線を続けていきたいと思います。
今日も仕事と三味線頑張ります。



中学校にやってきました(汗)



ある中学校に到着しました。

音楽の先生と挨拶し、三味線の演奏の準備です。
授業時間に演奏するなんてドキドキします。


中学7

「キーーン、コーーーン、カーーーン、コーーーーン。」

チャイムが鳴りました。この音懐かしいです。
1時間目が終わって、休み時間になったようです。
しばらくすると、何人かが走ってくる足音が聴こえます。
気がつくと、すでに入り口のところに数人の中学生が来ていました。


中学6

私のほうを見ながら、恐る恐る教室に入ってきます(汗)
いつもの部屋に謎な楽器を持った大人がいるので、仕方ありません。
そんなに怪しいものじゃありません。どうぞ入ってください。

どんどん教室に入ってくれました。あっという間に教室が満員です。


中学5

この教室に、こんな人数入るんですね。驚きました。
ミーティングルームという部屋だそうです。
沢山の人数が入れるよう、机や椅子がない部屋でした。
そのため床に座って私の演奏が始まるのを待ってくれています。

懐かしいです。「体育座り」です。


中学3

みんな体育座りしながら、真剣な顔で私の方を見ています。
沢山の10代の中学生が見ている前で、三味線を構えている自分が
不思議な気持ちになりました。私は何者で、何でここにいるのか
一瞬分からなくなりました。チャイムが鳴って、我に返りました。

津軽三味線の演奏に来ていたんでした(汗)
授業スタートです。演奏を始めさせていただきます。


中学8

ゆっくりバチ付けをはじめて演奏スタートです。
30歳近く年齢の離れた中学生に何かが伝わるでしょうか。
心の距離は縮められるでしょうか。心配しながらも演奏を続けました。
演奏に気持ちがこもります。気持ちが伝わりますように。
心が伝わりますように。丁寧に演奏を続けていきました。

何曲も演奏するうちに、教室の空気が変わっていくのを感じました。


中学4

拍手の音に、気持ちが伝わってきます。
私への警戒心がなくなっていることを感じます。
笑顔がこぼれはじめました。三味線の音ってすごいです。
始めて会った中学生の心にも直接何かを語りかけている感じがします。

私にも遠い昔に中学生だった時期があったことを思い出します。
中学生の時の自分。その時の気持ち。心。感覚。
中学生の自分に演奏を聞かせるつもりで弾いてました。


自分を振り返っても、中学生は多感な時期です。
大人に対しても異性に対しても壁を作る頃のような気がします。
言葉に対して敏感な時期です。大人や他人の言葉を疑う時期です。

中学2

でも音に対しては、一番素直で直感的だったように思います。
耳にする音から沢山の事を感じて影響を受けていました。
私が三味線の音に感化されたのも同じ思春期です。
極力語る言葉を減らし、演奏に集中してみることにしました。

いつもの老人ホームとはまったく違うアプローチです。
ドキドキしながら、最後の曲を演奏し終えると。。

教室中に響く心盛大な拍手をいただくことができました。


中学1

嬉しかったです。
何かが伝わったのか、何も伝わらなかったのかは分かりません。
でも何かが届いた実感があります。

全力で、一番集中した良い演奏をする事が出来ました。
三味線の糸を通して、心の距離や年齢の距離が
ぐっと近づいた事を、拍手から感じました。
三味線を少し身近に感じてもらえたら嬉しいです。
そして必死で頑張る大人を少し感じてもらえたら嬉しいです。
私も、忘れかけていた中学生の自分を思い出す事も出来て
見失っていた大切な気持ちを取り戻した感じがします。

もっともっと純心に、思春期の気持ちで
三味線を頑張りたいと思いました。
まっすぐに無垢な気持ちで仕事と三味線頑張ります。



 
 ■学校での演奏の様子はこちらで見られます。
     ↓
 http://kunikaze.jimdo.com/学校での演奏/

プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ