屋外演奏で心配な事


薬の効きがめちゃくちゃ良いタイプなのかもしれません。

朝、目覚めると体調がすっかり良くなったのを感じました。
よく眠ったので、疲れもとれて調子がとても良いです。


外での演奏7

今日は屋外でのお祭りの演奏です。
1年前もこのお祭りで、演奏させていただいたのですが
とにかく寒くて手がかじかんでしまった覚えがあります。


外での演奏10

手がかじかんで、三味線を弾く指がスムーズに動きませんでした。
屋外で演奏する事の大変さを知ったこのお祭りに
今年もお声がけいただいてありがたいです。

今年もやっぱり朝は寒くて少し手がかじかみます。


外での演奏6

本番までには気温が上がってくれると嬉しいのですが
こればかりは神頼みの世界なので何とも言えません。

もし寒い場合に備えて、秘策を用意したいと思います。


外での演奏4

寒い国に出張に行った時に大量に買い込んだ
「カイロ」を持って行って指先を温めようと思います。

そしてさらなる秘策は、去年から食べ続けている
「刻みショウガ」です。冷え性には効果絶大だそうです。


外での演奏3

私は手先、足先が人一倍冷えやすいタイプなので
これをずっと食べ続けています。体温が上がるせいか
この夏はやたら汗をかいた気もしますが(汗)
寒くなってきた今こそ、絶大な効果を発揮してほしいです。

会場に向かう途中で、今回のイベントの看板を発見しました。


外での演奏8

あ!私の名前も載っています。嬉しいです。
まるで一人で演奏するかのように載っていますが
今回は私を含めた4人の名取で演奏させていただきます。

どんな屋外演奏になるか、とても楽しみです。


外での演奏2

しかも津軽三味線の4人の演奏で、なんと1時間もいただいています。
ありがたいです。沢山の津軽三味線の演奏を、そして三味線の音色を
通りがかる方に聴いていただき、感じていただければ嬉しいです。

ただ1点、心配なのは。。私が冷え性なことです(汗)


外での演奏1

カイロは用意して、体の至る所にセットしてみたものの
1時間の演奏を行っている間に、指先や体全体が
去年のように冷えきってしまわないか心配です(汗)

体中にセットしたカイロは効果を発揮してくれるでしょうか。
食べ続けてきたショウガは効果を発揮してくれるでしょうか。


屋外の演奏はいろんな不安が頭をよぎりますが
どんな状態でも精一杯自分のできる演奏を
楽しんで頑張りたいと思います。
今日の屋外のお祭りの演奏頑張ります。




■本日の屋外の演奏の様子、終わり次第こちらにアップします。
 http://kunikaze.jimdo.com/お祭り-イベント/

にほんブログ村 音楽ブログ 三味線・津軽三味線へ
にほんブログ村

告知

どうにも止まらない(汗)



喉や鼻に、少し風邪っぽい症状を感じました。

熱はありません。節々の痛みもありませんが
念のため病院で診ていただく事にしました。


桜の10月8

「あぁ、大丈夫です。熱もないので軽い風邪の症状でしょう。
 念のため風邪の総合的なお薬出しておきましょう。」


良かったです。大した事ないようです。
でも心配性なので熱もないのに病院に来てしまいました(汗)
念のための風邪の薬もいただいていこうと思います。


桜の10月7

「はい、それでは風邪の総合的なお薬お出ししておきます。
 1日3回、食後にお水と一緒にお飲みください。5日分お出しします。
 少し眠くなる成分も入っていますので、注意してくださいね。

了解しました。念のためのお薬しっかり飲ませていただきます。
いただいた念のための薬を飲んだところ。。。


桜の10月6

うわっ。。。何でしょうか。この眠さ。
少し眠くなる成分って、このことでしょうか。
飲んでからなんだか体に力が入りません(汗)
目がトロンとして、瞼を開けている事も辛くなってきました。

プレゼンに移動する電車の中でも、強烈な眠気との戦いが始まりました。


桜の10月5

私は、普段あまり薬を飲む習慣がないので
たまに飲んだ薬の効きが人一倍いいのかもしれません。
もしくは、大して調子が悪くないのに、念のために飲んだから
こんな強烈な眠気に襲われているのかもしれません。

プレゼンを終えてからも、あまりに眠気が止まらないので
早々に自宅に帰ることにしました。いやぁ、眠いです。。


桜の10月4

風邪薬って尋常じゃない眠さを引き起こすんですね(汗)
少し眠ろうと思いました。とても起きてはいられません。

そう思って眠ろうとしたところ、三味線が目に入りました。
せっかくこんなに早く帰ってきたので、できれば三味線を弾きたいです。
眠い目をこすりながらと重たい体を起こして三味線を構え
眠気を吹き飛ばすつもりでバチで弦を叩いてみました。


桜の10月3

うわっ!体に電流が走ったかのように、気持ちがシャキッとしました。
コーヒーを飲んでも、熱いお茶を飲んでも、顔を洗っても
眠くて仕方なかったはずななのに、三味線の音を聴いた瞬間に
体のスイッチがONになり、全身から眠気が吹き飛んでいくのを感じました。

三味線が私にとって、一番元気をくれるものなのかもしれません。


桜の10月2

秋田荷方節、津軽おはら節、津軽タント節など、今の私にとって
少し難易度が高い曲ほど集中して演奏出来て、眠気が吹き飛びます。
そして続いて弥三郎節、津軽音頭、津軽三下りの三下りメドレーを弾きました。
三下りの曲のメドレーです。私にとって三下りという調弦は、現実を忘れて
私を完全に異次元に連れて行ってくれる魅惑の調弦です。

一通り弾きたい曲を弾き終えると、いつの間にか私は
そのままソファーで数時間眠ってしまっていたたようです。


桜の10月1

びっくりしました。こんなこと珍しいです。
三味線を抱えたまま、完全に異次元にいってしまいました(汗)
やはり風邪薬の眠さは予想していた以上に強くて
隙あらば私を眠りの世界に誘うようです。
あぁ、もっと三味線を弾きたいのに強烈な眠気が瞼を覆います。

目を閉じると、桜が目に浮かびました。
秋なのに桜が見えました。あ、これがジュウガツザクラだそうです。
ああ、美しい。秋に桜が咲くなんて。素敵です。
素晴らしいです。世界は美しいです。
あれ? 私、何を見ているんでしょうか。
夢でしょうか?寝言でしょうか。。

ああ、すべては「念のためのお薬」の効き目のようです。
眠いです。とりあえず、この風邪薬の力で眠ってしまおうと思います。
十分に睡眠をとって、元気になってから
また三味線頑張りたいと思います。
週末は屋外でのお祭りの演奏が待っています。
万全の体調で挑めるよう、今日の睡眠頑張ります。



にほんブログ村 音楽ブログ 三味線・津軽三味線へ
にほんブログ村

働き者の手?



ある時、お医者さんが、母の手を見てこう言ったそうです。

「この手は、一生懸命働いてきた、働き者の手ですね。」


働き者8

子育てと、家事と、洋裁の仕事で
一日も休む事なく、忙しく動いてきた母の手を
お医者さんは「働き者の手」と表現してくれたそうです。


働き者7

生き方や、その人の人生は、手に現れるようです。

「働き者の手」と表現された母の手のように
私の手にも、いつか私らしさが滲み出てくるのかもしれません。


働き者3

改めて、まじまじと自分の「手」を見つめてみました。
いつの間にか私の手も、年齢を重ねた手になっていることを知りました。
毎週のように忙しく手を動かしているからかもしれません。


働き者9

様々なところで、三味線の本番の演奏を重ねるごとに
私の手にも「生き方」が刻まれていくような気がします。
もっともっといろんな経験をして、様々な方達と出逢いたいと思います。


働き者6

出逢った方達の心や温かい思いをしっかり感じて
その気持ちを演奏でお返し出来るように精進して行きたいと思います。

最近は、演奏を終えた後に沢山の方から握手を求められます。


働き者5

手のひらを通して、私への温かい応援の気持ちが伝わってきます。
応援してくださる方たちの思いに応えられるよう
しっかりと上手な演奏が出来るようになろうと思います。
こうして沢山の人との握手することも
私の手に「生き方」を刻んでくれるような気がします。


働き者4

沢山の場所で演奏して、沢山の方と握手して
だんだん、私らしい「手」が出来ていくような気がします。
手に人生が現れている、母の「働き者の手」を見習って
私も沢山の経験を積んでいきたい、そう思い始めたところ。。。


働き者1

また新たな演奏の依頼が入りました。
しかも来年の演奏の予約のようです。来年??
夏が終わったばかりだと思っていたのですが
もう2017年が近づいてきているようです(汗)

「お声がけありがとうございます!2017年1月ですね。
 喜んで演奏させていただきます!」

いつか私の手も母のような「働き者の手」に近づけますように。
来年の演奏の予定もどんどん入れていきたいと思います。
今日も三味線と仕事頑張ります。



にほんブログ村 音楽ブログ 三味線・津軽三味線へ
にほんブログ村

派手にいくか、地味にいくか。



ボランティアに向かいながら
街の様子が、ハロウィンの季節に向かっている事を感じました。

今年も、渋谷や六本木は盛り上がりそうな感じがします。


元住吉8

私は参加した事はありませんが、毎年少し様子が気になります。

ハロウィンの盛り上がりや、人気の「仮装」を
この時期は演奏で取り入れてみても面白いかもしません。


元住吉7

そう思って、先日東急ハンズに仮装のマスクを見に行ったのですが。。

10代、20代の若者が沢山ハロウィングッズの周りに集まっていて
40代の私は気後れしてしまい見る事が出来ませんでした(汗)


元住吉6

マスクが無理でも、特殊メイクぐらい出来そうな気がします。

本格ゾンビ風メイクやスプラッターメイクは無理でも
少しケガした風メイクや、血のりなどは私でもなんとかなりそうです


元住吉5

でも、これボランティアで喜ばれるでしょうか。
着物を着て、こんなメイクで登場して楽しんでもらえるでしょうか。

ハロウィンの雰囲気が、聴いている方に伝わるでしょうか(汗)


元住吉4

なんだか、本気で私の体調やコンディションを心配されそうです(汗)
ただでさえ、顔色が白く、不健康に見られがちなのに
血を流していたら、深刻な病気じゃないかと疑われしまいそうです。

元気を届けるつもりの演奏が、心配を与えてしまっては意味がありません。


元住吉3

妙な趣向をこらすことはやめておこうと思います。
格好はシンプルに、いつも通りの着物でいきたいと思います。
妙なやり方を無理してトライせず
誠心誠意、真面目に語り演奏するスタイルを貫きたいと思います。

初めて訪れた神奈川県の施設で1時間の演奏を行いました。


元住吉9

奇をてらったり、派手な現代曲を入れたりするのをやめてみました。
語りも語りすぎず、受けを狙おうとするのもうやめて
真摯な姿勢で今回の演奏を行ってみる事にしました。
地味かもしれません。クラッシックすぎるかもしれません。
やや心配しながら1時間の演奏を終えると。。。

いつもより盛大な拍手と声援をいただく事が出来ました。


元住吉2

あれ? みなさんの反響にこちらが驚いてしまいました(汗)
演奏した曲も、津軽ものの曲を中心にして
本当にクラッシックな曲ばかり弾いたつもりですが
いつもより何かがしっかり確実に届いたような気がします。

派手なもの、新しいもの、流行のものにばかり
気を取られていた自分を、なんだか反省してしまいました。
そんなことで無理に気をひこうとしなくていいことが分かりました。
津軽の伝統的な曲には人を惹き付ける力がありました。
そして津軽三味線の演奏には独特の力がありました。
地道な努力と技術は人の心をしっかり掴むという事を
今日の演奏で感じる事が出来ました。


これからも地道にコツコツ頑張りたいと思います。
今日も三味線と仕事頑張ります。



■今回の演奏の様子はこちらで見られます。
 http://kunikaze.jimdo.com/ボランティア3/


にほんブログ村 音楽ブログ 三味線・津軽三味線へ
にほんブログ村

秋田荷方節


小さい頃、秋田県の親戚が
家に泊まりにきてくれた事を思い出しました。

秋田に親戚がいるということは聴いていましたが
実際に会うのはこの時が初めての事でした。


秋田8

初めて会う秋田の親戚のおじさんに、とても緊張しました(汗)

どう迎えていいのか分からず私が戸惑っていると
秋田のおじさんは私に近づき頭をなでて笑ってくれました。


秋田7

「いやぁ、×○△○X×☆が○△○X×だ、んで○△☆○X×○ね!」

秋田のおじさんが笑顔で話しかけてくれた言葉が
何て言っているのかまったく聴きとれずびっくりした覚えがあります(汗)
陽気なおじさんでした。お酒を飲んだら、さらに
ハイテンションになり、唄って踊り始めました。


秋田6

お酒を飲んで、大人が唄って踊るのを間近で見たのは初めてでした。
顔を真っ赤にさせながら、沢山の唄と踊りを披露してくれました。
なんだか底抜けに明るく、楽しい気持ちになった覚えがあります。

その場で、せっかく来てくれた親戚を盛り上げようと
父が途中から「尺八」を吹き始めたのを覚えています。


秋田5

その頃父は仕事をしながら、コツコツと尺八教室に通っていました。
唄と踊りで会えた喜びを表現しようとする親戚と
その親戚に喜んでもらおうとする父の尺八の音色で
さらに大盛り上がりの夜になりました。


子供の私には父がなぜ尺八をいつもコツコツ練習してるのか
何のためにそんなことをしているのかよく分かりませんでした。


秋田4

尺八を吹くことの良さが、子供の私には理解出来ませんでした。
でも、父の尺八の音で嬉しそうな笑顔を浮かべて
一緒になって唄って踊る秋田の親戚の顔や踊りを見て
尺八を父がコツコツ練習していたことの意味が分かりました。

尺八ってすごいです。楽器ってすごいです。

あれから私は大人になり、楽器を弾くようになりました。


秋田3

父の尺八とは違いますが、三味線を弾くようになりました。
そして最近、私は津軽ものを弾きながら、少しづつ
「秋田音頭」「秋田おばこ」など「秋田」の曲を、演奏し始めています。
秋田の曲は、何か明るさと親しみやすさを感じて
弾きながら、なぜか秋田のおじさんの明るい笑顔を思い出します。

今、私が夢中なのは「秋田荷方節」という曲です。


秋田2

この曲、唄はゆっくりとした流れなのに
その伴奏の三味線の手やバチさばきがかなり細かく複雑で
リズムが早く独特なスピード感があってワクワクします。
ひたすら繰り返す押しバチやスクイの技法を体に馴染ませる事が
かなり難易度が高くて、何度も挫折しそうになります(汗)

でも、この独特なビート感、そして静かな高揚感がたまりません。


秋田1

秋田荷方節は何が何でも弾けるようになりたいです。
この曲が弾けるようになったら
おじさんに喜んでもらって、あの日のように
唄って踊ってほしいと思っている自分がいます。

すごく盛り上がって楽しい夜になる感じがします。
おじさんはもう、私の記憶の中にしかいなくて残念ですが
今もおじさんのことを思い浮かべながら
あの日の唄と踊りを思い浮かべながら
この曲を弾けるようになるよう今も猛練習です。

今日も三味線の練習とボランティア頑張ります。



にほんブログ村 音楽ブログ 三味線・津軽三味線へ
にほんブログ村
プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ