育爪効果と今後の予定


銀座三笠会館にて、一人で30分の
津軽三味線演奏の時間をいただきました。

かしこまった席での演奏は、なんだかワクワクします。


三笠2

こういう広い会場での一人の三味線演奏は
少し前の自分だったら相当、緊張してしまう場所でした(汗)

今は、あまり緊張する事はありません。
落ち着いて自分の左手が奏でる音に集中していきました。


三笠3

あれ? なんかいつも音が違います。
糸を抑える左手の爪の調子がいつもと違う感じがしました。
爪が固く強くなって、はっきりした音が出ています。
すごいです。「育爪効果」がもう出ているようです。

会場から盛大な拍手をいただく事が出来ました。


三笠1

演奏を終えると、会場で聴いてくださった方々から
三味線について、今後の私の演奏予定や出演するイベントについて
沢山の質問を受けました。あ、ありがとうございます。

今回の演奏こんなに喜んでいただいて恐縮です(汗)

えっと、今後はですね2月何日かに目黒のイベントがあって
会場は、えっとなんてとこだっけ、その後にコンサートがあって
えっと日にちは、、、演奏後に急に受けた質問に答えられず
スケジュール表も持っていなくて思わずしどろもどろに
なってしまいました(汗)今後のスケジュールについて
すぐに答えられるようちゃんとまとめておかないと
いけないなと反省しました。というわけでホームページに
今後の予定をまとめてみました。
今日からまた新しい本番に向かって三味線頑張ります。



◆澤田邦風が出演する今後の予定はこちらで見られます。まとめてみました。
 https://kunikaze.jimdo.com/今後の出演予定/

◆今回の銀座三笠会館での演奏の様子です。
 https://kunikaze.jimdo.com/依頼演奏/


にほんブログ村 音楽ブログ 三味線・津軽三味線へ
にほんブログ村

「育爪」はじめました。


ああ、また演奏していたら爪が2枚爪になりました。

私の爪は薄くて、弱くて、すぐに割れたりします(汗)
ああ、演奏のためにもっと強くて頑丈な爪が欲しいです。


育爪4

最近「育爪(いくづめ)」という言葉を聴くようになりました。
弱い爪を何かで補強するのではなく、しっかり強く丈夫な爪に
育てていく事が流行っているそうです。

まずは40度のお湯で2分爪を温めるそうです。


育爪3

そして丁寧にヤスリがけをしたあと
植物油を爪に垂直にしっかり染み込ませ
さらに爪を何度も丁寧にもみ込んでいくそうです。

これを日々何度も繰り返していくと
丈夫で割れにくい、しかもピンクの美しい爪になるそうです♪


育爪2

爪がピンクかどうかは私にとってはどちらでもいいのですが
丈夫になり、割れにくい爪になることは
三味線の演奏にとってかなり大きな意味があります。
演奏や音が安定する気がします。

何度もいろんな補強材を使ったりして
解消しようとしていましたが
爪そのものを「強く育てる」という発想がありませんでした。
これは地道で大変ですが、爪に対して悩んでいる事の
本質的な解決に繋がる気もします。
ああ、楽しみです。早速日々の習慣にしてみます。
1日10回「育爪」を行う事が良いそうです。
1日10回???一瞬めげそうになりましたが
良い演奏のため頑張ってみたいと思います。

本日は銀座にて演奏してきます。
控え室で「育爪」に励みながら、本番の演奏頑張ります。


師匠の津軽三味線演奏2



東京メトロ 銀座駅で行われた
「津軽三味線のしらべ」を見に行ってきました。

う、うわっ!早めに着いたのに
すでに沢山の人だかりが出来ています。


銀座1

せっかく来たのに、師匠の姿がまったく見えません(汗)
ものすごい人数が銀座のオアシスに押し寄せています。
あ!位置を少し移動したらようやく見えました。

今日は完全に一人の観客として
師匠の語りや演奏を聞いて喜んでいる私がいました。


銀座2

ゾクゾクする素晴らしい演奏、ワクワクする自由奔放な掛け合い
さすが師匠の演奏です。観客として存分に楽しませていただきました。
ああ、三味線はもしかしたら、自分が弾くよりも
聴くだけの方が純粋に楽しいかも。。。

いやいや。私は何を言っているんでしょうか。
そう思いかけた自分を慌てて制することにしました(汗)


銀座3

レベルは違えど、私にもまだまだ演奏しなければいけない舞台があります。
自分が弾く事をあきらめて、聞く側にまわるのはまだ早すぎました。

師匠の演奏を最後まで聴いて、大盛り上がりの会場を後にしながら
急いで大久保教室に戻りお稽古の時間に入ることにしました。
演奏する側よりも、聴く側の楽さに身を委ねたくなる自分を
ぐっと封じ込んでお稽古に打ち込もうと思います。
素晴らしい演奏を聴くと、つい私が頑張って弾く意味について
思わず見失ってしまいそうになりますが
こんな時こそ刺激を受けて自分も頑張らなくてはいけません。
津軽三味線の素晴らしさや芸術性を表現出来るよう
いつか師匠のような演奏ができることを目指して。
今日も自分としっかり向き合って、三味線頑張ります。



■東京メトロ 銀座駅「津軽三味線のしらべ」の様子です。
 師匠のブログです→ http://tsugaru-shamisen.music.coocan.jp/?page_id=1868


にほんブログ村 音楽ブログ 三味線・津軽三味線へ
にほんブログ村

ONとOFF


「仕事に三味線に忙しそうですが大丈夫ですか?
 せめて週末くらい、ちゃんと休めていますか?」


いろんな方に、よく聞かれます。
週末はすべて三味線の演奏活動に捧げています。


十条台3

週末に仕事をしているわけではないので、休めている気もしますが
でも演奏で休めていないと言えば、休めていない気もします。
週末はいつも緊張状態の「本番モード」に自分を置いています。

演奏の予定を終えると、完全に脱力してホッとする自分がいます。


十条台2

演奏用に着ていた着物やハッピを脱ぐと
「本番モード」が解除されて、やっと「OFFモード」に切り替わります。
身も心も軽くなり、気持ちが楽になった感じがします。

しばらくこの開放感を味わいたいところですが。。。


十条台1

すぐに気持ちを切り替えなくてはいけません。
週末の「演奏の終わり」は、週明けの「仕事の始まり」です。
着物やハッピから仕事着に着替えて、仕事が始まります。
ここからまた仕事モードのスイッチをONにしなくてはいけません。

でも、正直なところ、なかなか人間切り替えがうまくいきません。
ここをこうすれば、あの演奏こうしたらもっと良くなったのに。
今度こそ、あの曲はこうしよう。
次回までにあの演奏はこのレベルにしなくては。。。
あれ?なぜか三味線モードのスイッチがONになっているようです(汗)
少し休んで仕事スイッチをONにして
今日も三味線と仕事頑張ります。



■週末の演奏の様子はこちらで見られます。
https://kunikaze.jimdo.com/ボランティア3/

にほんブログ村 音楽ブログ 三味線・津軽三味線へ
にほんブログ村

プロの対応力


師匠の演奏のお仕事をお供させていただき
本番で、沢山の事を学ばせていただきました。

本番直前に、急遽、演奏の内容を大幅に
組み直す事になり焦りました(汗)


南町田1

本番直前にも関わらず師匠は
まったく動じることなく、求められる形に演奏内容を構成し直していました。
どんな状況にも臨機応変に対応できる力が必要だと学びました。

当日の内容の変更にドキドキしてしまう私は、まだまだ未熟です(汗)


南町田2

主催者の方が求める形に、どんな形でも変幻自在に
演奏内容を変えていく対応力や余裕があること、そのために持っている
「引き出しの多さ」こそプロのすごさだと実感しました。

そんなことを考えながら、先日、町田の施設で演奏をしていました。


南町田3

1時間心を込めて演奏をさせていただき
無事終える事が出来ました。ホッとしました。
途中で、予定と違う事が起きたり、思っている進行と違うことになると
ついドキドキしてしまう自分の未熟さを感じます。
でも、私も、少しづつでも、こうして本番経験を多く積んで
臨機応変に施設の方の要望や、聴いてくださる方のリクエストなどにあわせて
すぐに演奏内容を組み立て直せる「対応力」や「引き出し」を
増やせるようにしていきたいと思います。


本日は北区にて本番の演奏をさせていただきます。
自分をしっかり鍛えられるよう、頑張ります。


■町田での演奏の様子です。https://kunikaze.jimdo.com/ボランティア3/
プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ