「楽風」の新しい一歩



いろんな演奏依頼が入ってきました。

澤田邦風に対する依頼以外に
津軽三味線ユニット「 楽風 gakufu 」で
演奏をお願いしたいという依頼も入るようになりました。


楽風−2

ここ最近「楽風」に対する問い合わせもくるようになりました。

今後を考えると、きちんと「楽風」の
ホームページを作っておいたほうが
分かりやすいがしてきました。

一念発起して、夜中に「楽風」のページ作りを開始しました。


楽風−1

自分のホームページを自分で作る勝邦師匠を尊敬しています。
私も、コツコツ、チクチク、切ったり、貼ったり、着色したり
デザイン作業を進めていきました。

こういう作業に入ったときの集中力は、自分でも驚きます。
一晩でいっきにページを完成させてしまいました。


楽風−3

まずは、ホームページ公開です。
公開してから、またコツコツと更新、改訂していこうと思います。

まずは未完成でも公開して、足りないものを後から足したり
いろんな声に耳を傾けて改善するところを探っていく。

このホームページの進め方と
とにかく未完成でも人前で演奏して、恥をかいて
自分に足りないところを見つけて改善、改良していく
私の演奏活動はどこか似ている気もします。

ホームページに足りないもの、私の演奏に足りないものを
これからも考え続けて、常に更新していきたいともいます。
今日も三味線の演奏活動頑張ります。


◆オープンした「楽風」ホームページです。
https://www.kunikaze.com


楽風ページ



にほんブログ村 音楽ブログ 三味線・津軽三味線へ
にほんブログ村

灯りと音色の夕べ


キャンドルの灯りって心が癒されます。
火の動きや変化は、揺れたり、うねったり、形を変えたり
大きくなったり、小さくなったりまるで生き物ののようです。

そして、どこか音楽的な感じもしてきます。


キャンドル2

火の動きを見つめていると、良い音楽を聴いているような
不思議と落ち着いた気持ちになってきます。

4月8日(土)に旧吉田家住宅歴史公園で
キャンドルスタジオ花織工房様の主催される
「灯りと音色の夕べ」に、演奏で出演させていただきます。


キャンドル1

情緒ある風情の日本家屋を舞台に、美しいキャンドルの灯りと
三味線の音色がコラボレーションすることになりました。

第一部は、その時期、満開になっている長屋門桜の木の下で演奏
第二部は、旧吉田家の書院の中で1時間の演奏

をさせていただきます。素敵な時間が流れそうな気がします。


キャンドル3

心癒されるキャンドルの灯りやデザインに興味がある方も
江戸時代末期に築造された国定指定文化財に興味がある方にも
津軽三味線の音色に興味がある方にも、桜を見たい方にも
きっと楽しんでいただける素敵なイベントになると思います。

都会の喧噪から離れて、温かく優しい心静かな時間を
お楽しみいただければ嬉しく思います。


ああ、今から当日の演奏を楽しみです。
本番に向けて今日も三味線の練習頑張ります。


◆詳細はこちらをご覧ください http://www.candlestudio.jp/news/9078

にほんブログ村 音楽ブログ 三味線・津軽三味線へ
にほんブログ村

悔しい思い


教室の発表会の当日は、ドタバタしていました(汗)

私が教えさせていただいている5人の生徒さんの
三味線の糸の調弦を、直前までしっかりと行っていました。


発表会2-3

一生懸命頑張っている生徒さんが、せっかくの初めての舞台で
演奏中に糸を切ったり、調弦が狂ってしまわないよう
糸の調子を確かめながら何度も糸を伸ばしました。

一人一人の楽器の状態を万全にして、舞台に送り出しました。


発表会2-2

会場の雰囲気にのまれず、落ち着いて演奏出来ますように。。
そう願いながら、頑張って曲を演奏している姿を見つめていました。
手が震えながらも、なんとか全員曲を弾ききる事が出来ました。

初めての大舞台での演奏にもかかわらず、皆さんよく頑張りました。


発表会2-1

素晴らしいです。大きな舞台で
一人で曲を弾ききった事素晴らしいです。
一番大きな拍手を舞台袖から送らせていただきました。

本番では、普段の練習と違うかも知れません。
緊張して思うように力が出せず、悔しい思いもされたかもしれません。
頭が真っ白になって、手も動かず、演奏ももつれたり
止まったりが当たり前です。


発表会2-4

初めての舞台で、自分の演奏が100%うまくいった人なんていません。
どの方も初デビューは苦い思いを抱えていると思います。
でも、きっと初めて舞台に上がって感じた
「悔しい思い」や「歯がゆい思い」は間違いなく今後の宝になります。
この「苦い思い」が、次への成長の原動力になる気がします。

「悔しい。次の舞台では、今回よりもうまく演奏したい。」
という「思い」を早い段階で本気で持つ事が出来れば
演奏の質も音色も変わってくる。そう信じています。

初舞台を終えた生徒さんが、さらに成長されることを願いながら
私ももっと成長出来るよう演奏活動頑張ります。


◆発表会の演奏の様子です。
https://kunikaze.jimdo.com/発表会/

大久保教室の発表会


今日は、2年に1回行われる、大久保教室の発表会です。

生徒さんたちがコツコツ頑張ってきた成果を舞台で発表します。
生徒さんが、舞台で力を発揮出来ますように。。。


発表会2

直前のお稽古は、私も思わず力が入ってしまいました(汗)

本番になったら、生徒さんを助ける事が出来ない分
お稽古では、本番の挑み方、心構えや、演奏の仕方など
私が大切だと思ういろんなことをお伝えさせていただきました。


発表会1

あとは、本番を迎えるのみです。自分の演奏よりドキドキします(汗)
どれだけ落ち着いて演奏出来るか、最後まで演奏出来るか
不安で大変になっていないかどうか、緊張しすぎないかどうか
そんなことを考えていたら、かなり早い時間に目が覚めてしまいました。

落ち着かないので、少し早めに会場に向かおうと思います。


発表会3

私が早く行ったところで、何が出来るという訳ではないのですが
楽器のコンディションのチェックや、糸のセッティング
本番直前のあがりをおさえること、調弦のお手伝いや世間話など
何か少しでもお役に立てることを探したいと思っています。

慣れない舞台に上がる事は大変だと思いますが
舞台に上がった人は、舞台を見ているだけの人よりも
はるかに沢山の大切なものを掴む事が出来ます。
演奏がうまくいくかいかないかよりも
「舞台に上がる」ということに意味があると思っています。

気持ちよく生徒さんが「舞台に上がる」ことが出来ますように。
舞台の大変さと楽しさを感じていただけますように。
今日の三味線の発表会頑張ります。



image.jpg

「思い」を感じる


三味線の演奏で、埼玉県に訪れていました。

「 施設にいる方の生活や心に彩りを与えてあげたいです。 」

その言葉に心を突き動かされて、ここまでやって来ました。


色紙3

人を動かすのは、その方の「思い」だと感じます。

お声がけ頂いた施設の方の「思い」を感じると
頑張って演奏に出向いている自分がいます。
演奏を終えると、施設の方から色紙をいただきました。


色紙2

色紙を手渡されるなんて、驚きました。
一体何が描かれているんでしょうか。。。

見てみると、色紙に描かれていたのは、私のイラストでした。
一生懸命、しかも私を男前に描いていただき感謝しております。


色紙1

ああ、このイラストからも施設の方の「思い」を感じます。
初めて訪れたにもかかわらず、温かい気持ちが伝わってきます。
私の演奏が、 施設にいる方の生活や心に
「彩り」を与えられたかどうかは分かりませんが
このイラストは私の心に彩りをくださいました。

「思い」を形にしていただき感謝しております。
そもそも私は、人の「思い」に応えることが好きで
こんな活動をしているのかもしれません。
これからもいろんな「思い」に応えられるよう
三味線の演奏頑張っていきたいと思います。


今日も三味線の稽古と演奏頑張ります。


◆今回の演奏の様子です。
https://kunikaze.jimdo.com/ボランティア3/
プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ