バチの滑り止めって、いるのかどうか考えました。



バチの滑り止めを使ってみてます。

三味線を弾くバチに、滑り止めの「ゴム」を使っています。
たしかに滑りにくくフィットします。
でも正直なところ
これ本当に必要なのかな?と思いながら使っていました。
はずして弾いてみてもそんなにバチが手から滑るような気もぜず
むしろ良いバチは持った感触がそのままのほうが
とてもよくフィット感があるので、やはりいらない気がしていました。


ただ今日の演奏で実感しました!
本番は緊張で手にやたら汗をかくのです。

練習の時には想像もしないくらい
手がつるつるしてバチが滑りそうな不安
がわきあがってくるのです。

そんな本番の特別な状況の中でこの滑り止めは効果絶大。
精神的にも「いまは手がつるつるしているけど滑り止めが付いている」
と思うだけでずいぶん気が楽になりました。


コンディションは練習の時と本番の時で全然違う
本番を想定して、必要な道具を用意しておく
ということを改めて感じる一日でした。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ