頑張ってる風ではない生き方を。

手打ち風

うどんを食べに行きました。

うどん屋さんの看板に

「手打ち風うどん」

と文字が書かれていました。手打ち風?「風」?
手打ちのようで手打ちではなく、かといってすべて機械ということでもなく
その中間にある「手打ちのようなうどん」ということでしょうか。
入ろうと思っていたお店の前で、
この「風」という一文字に入ることを少し迷ってしまいました。

でも食べてみたらとても美味しく、結局は味なんだと思いました(汗)
むしろ「手打ち」ではなく、「手打ち風」とちゃんと書くなんて
正直なお店で正直な店長さんかもしれないと思いました。

「今度の仕事、今風な視点でやってみてほしい」

会社で上司から言われました。
今風。いまふう。今っぽいけど今ではない視点で。
新っぽいけど新しくない視点で。
それは新しい視点なのかどうなのか怪しくなってきました(汗)

「三味線の、くにふうさんですよね?」

先日初めてお会いした方に、私の邦風の名前をこう呼ばれました。
正しくは、「くにかぜ」という読み方になりますが
あまり聞き慣れないので「くにふう」と呼ぶ気持ちもよくわかります。

くにふう。邦ふう。くにのようだけど、くにではない人。邦楽風な人。
邦楽のようで邦楽ではない。和のようで和ではない。
あくまで和風な感じの男。でも本当の和にはなにか足りない人(汗)
なんだか〜風というだけですごく中途半端に感じる
気がしてきました。手作り風パスタ。本格風料理。一流風シェフ。
風がつくとやや弱く感じてしまいます。
真剣風な人。美人風な人。知的風な人。一生懸命風な人。
風がつくだけでなんだかどれももう一歩、
足りていない人な気がしてきます(汗)

これはまさに今の自分だと感じました(汗)

いまの自分はまだまだもう一歩足りていない。
 このまだまだ足りていない感じをなんとかしよう!


そう思いました。まだまだ 〜風な生き方をしているような気がします。
サラリーマン風 三味線。がんばる風サラリーマン。津軽風な三味線の演奏。
本格風な演奏を目指そう風なまっすぐ風な生き方をしてる風の人。
もう一歩頑張らないと、こんな感じになってしまいそうです。

来週の青森で三味線の大会に向けて気を引き締めようと思いました。
ちゃんと自分の曲、自分の演奏、自分の音になっているか
もう一度チェックしようと思います。
〜風な演奏ではいけない。ちゃんと自分の演奏にしなくては。
今日も自分自身の音をしっかり見つけられるよう本気で頑張ります。

コメントの投稿

非公開コメント

確かに

何々風って問われると…はっきりした解答出来ないです!!日本語は曖昧な意味をもつものが多く日本人はグレー好きと外国の方から言われる民族らしいです、断言出来ないんですね…結局自信がないのかな?今の私にはぴったりです…乗り越えた壁なのに何度かテープ聞いていると何故か…違っているように思え師匠と合わせるとどこかずれている(涙)明日もまた…そのずれを修復しますやはり壁は簡単ではありませんね、邦風さんはもう私にとっては届かないほど上に生きてる方です、追いつきたいけど今は無理ですね、青森大会マイペースで頑張って下さい。応援してます 全く何年やっても上達しない自分でも向き合って行きます。良いGWお過ごし下さい

No title

こんばんは、邦風さん!

『風』とか『的』とか『チック』とか『な感じ』などなど、
それがついた途端に急に怪しくなる言葉って
ありますよね。

なるべく使わないようにしよう、
とは思っていてもいつの間にか
『前回みたいな感じで…』『少しだけ手作りチックに…』
『でも田舎風に見えないように…』『がんばってます的な…』
そんな言葉にまみれています。イカンイカン!

邦風さんを『くにふうさん』って間違える方も
いらっしゃるんですね。
急に落語家さんの名前みたいに聞こえてくるから
不思議です。ちょっとかわいい。

邦風さんはいつも目の前のことに真摯に向き合っていて
『〇〇風なもの』とは真逆の場所にいるホンモノですよ。
来週の青森での大会、ご健闘ご活躍をお祈り申し上げます。

≪このところの植物背景シリーズ、大好きです!≫

Re: 確かに

サーフさん
コメントありがとうございます。たしかに日本語は曖昧なグレーな言葉が多いですよね。でも
なんだかこの曖昧な言葉のほうが伝わったりするから、想像力豊かな民族な感じもしますね♪
サーフさんは違いを聞き取る能力がすごくなっている感じがします。
師匠と合わせるとどこかずれているのを感じて、修復を頑張っているんですね。
「何か違うな」と感じられる事がまずすごいことだと思います。
そしてその何かを探ろうとすることがいい音を見つける事に繋がるそうです。
私は「自分で完璧!」と思って弾いていると、師匠や兄弟子に
「何か違う」ところを指摘していただくことの繰り返しなので
「何か違うこと」を自分で気づけないことが毎回の反省です(汗)
サーフさんの気づきは毎回素晴らしいなと思っております。
壁を乗り越えるの大変だと思いますがマイペースで頑張ってくださいね。
私も青森大会マイペースで頑張ってみます。サーフさんも良いGWお過ごし下さい

コメントありがとうございます。

おはようございます。いつもコメントありがとうございます。

たしかに『風』以外にも
『的』とか『チック』とか『な感じ』という言葉もありますね!
私もそんな言葉をたくさん使ってしまいがちで
自分の意志を曖昧にしてしまっています(汗)
仕事でも三味線でも、曖昧に進めると
結局ははっきりした形に仕上がらずぼんやりしたものに
なってしまって後で苦労しますので
これからはもっと自分の意志をはっきり人に伝えなくては
と思っております(汗)
なかなか難しいのですが。。

邦風さんを『くにふう』って間違えられたり
『ほーふー』や『ほーぷ』と呼ばれたこともあります。
ほーぷは希望の星みたいでちょっとカッコいいです(笑)
名前も、私の今の状態も
まだまだ『〇〇風なもの』から抜け出せない状態なので
コツコツ頑張って
自分の音や曲を極めて行きたいと思います。
青森での大会に向けて頑張ってみます。
いつも応援ありがとうございます♪
プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ