FC2ブログ

三味線の難しさ


「サーフィンの面白さは、一つとして同じ波がないこと。
 毎回違う波に挑戦しなければならない難しさと面白さがある。」


東大泉−1

あるサーフィンに詳しい方の言葉を思い出していました。
三味線の演奏も、これと通ずるところがあるかもしれません。


東大泉−3

毎回違う会場と音の響き具合、気温や湿度、人の数や好み
いつも違う条件の中で、三味線を弾くということの難しさを感じます。


東大泉−2

でもこの難しさが、三味線の面白さだと感じています。
今回の大泉の演奏会場は、初めて訪れたにも関わらず
立ち見が出るほど満員の状態での演奏でした。
こういう状況の中でも舞い上がらないよう
会場の音の響き具合、気温や湿度、人の数や好みを
確かめながら、楽器や演奏を安定させていくことが
三味線の難しさであり、面白さのような気がします。
演奏を終えると盛大な拍手とアンコールの声をいただきました。

これからもこの楽器の難しさを楽しみながら
演奏活動を頑張っていきたいと思います。



■水曜コンサートにて演奏させていただきます。
ロビーコンサート

■難しさを楽しみたいと思います。今後の三味線の演奏活動です。
https://kunikaze.jimdo.com/最新情報/

にほんブログ村 音楽ブログ 三味線・津軽三味線へ
にほんブログ村

テーマ : よく生きる
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ