3本の糸の音色




この糸に今日の演奏のすべてがかかっている

そう思うと、なんだかすごいことだと思えてきます。
つまりこの3本の糸にすべてがかかっているということです。
映画の中では一本切れても大丈夫、
残りの2本で演奏を続ければ良いというシーンもありますが
名人ではない私にはとても無理なことです。

本番で糸が切れないように
とにかくまめに糸の状態をチェックするようにしています。
さらにかなり弾きすぎたときは、糸の弾く場所を調整してずらします。
あとはバチに細かい傷がないかこまめにチェックします。
三味線を真剣にやればやるほど糸には神経質になっています。

どんなに高い三味線でも、どんなに練習時間を重ねても
糸が切れたらどうしようもないというこの緊張感。
しかも調子に乗ってひいている時にくるあの「プチン!」ていう音。
やはり、
三味線も仕事も基本や下準備が一番大切。
糸に最新の注意を払うことが上達への道に欠かせない
そう感じる今日この頃です。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ