ミュートするという事について。

ミュート1

サラリーマン生活にはいろんな危険が潜んでいます。
注意していることは、トイレでの会話です。

会社のトイレの鏡の前で、社内の人に内緒の話をされた時は要注意です。
見えない閉まった個室の方で誰が、どんな偉い人が
どんな関係者が聞いているか分かりません。
油断して話しているとかなり危険です。
下手な相槌も要注意です(汗)

とにかく小さい声で、しかも誰がしゃべっているか、何を喋っているか
いっさい分からないような相槌をうつ必要があります(汗)
かなりの技術が入ります(汗)

三味線でも
大きな音をだす技術と同時に、いかに小さい音を出せるかも
重要なテクニックになります。
本当に聞こえるかどうかの小さい音を
右手の小指や親指の使い方でミュート(消音)させる方法で
かなり小さい音を作り出します。

夜中に練習する時は、このミュートの奏法で演奏したり
夜中にもっと激しく撥で叩きたいときは
こば式忍び駒を使うようにしています。
とても便利で、音が簡単にミュート(消音)されて聞こえにくくなります。

ミュート2

これらのミュートの方法を知らなかった頃は
夜中の練習が本当に大変でした(汗)
音を出さないように車の中で三味線の練習をしていたら
警察官にライトで照らされて長時間、
職務質問されたこともありました(汗)

ミュート3

「なぜ夜中にこんな楽器で車で音を出す必要があるのか」
と問いつめられました。
「いい音色に出来る限り近づきたいんです」
という説明はその時のお巡りさんには
まったく理解不能なようでどんどん不審者扱いされました(汗)

不審な音を周りに漏らさない事
簡単なようでとても難しく大変なことのように感じています。

今日のプレゼンは恥ずかしかったです。
理路整然と熱意を込めて、いかにこの考えが大事か
一生懸命プレゼンテーションしたものの、それとは別に
お腹がグーグー鳴って止まらないのです。

ミュート4

時々キュルルルル~キュルルキュルル。
という変な音も混じってしまい、周囲の方から笑われました。
プレゼンの内容よりもお腹の音のほうが主張が強い感じでした(汗)

いくら熱弁してもこの人お腹がすいているんだな
ということばかりが伝わって笑われてしまいました(汗)

必要以外の音を消す事ってとても難しいです(汗)
仕事において、トイレでの会話だけでなく
お腹のミュート機能もしっかり鍛えたいと思いました。
今日も練習と仕事頑張ります。

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございます

邦風さんいつも励ましのメッセージありがとうございます。また振りだしからですが、今の先生は焦らない方でとにかく撥付けは大切だからとずっと付き合って下さいました。曲もままならない状況の中、まずは六段からゆっくりやりましょうと基本から始めてくださいました♪東北訛りで、津軽三味線の真髄を感じますまたゆっくりやり直します。これからもよろしくお願いします

撥付け私も頑張ります!

サーフさん
おはようございます。コメントありがとうございます。

また振りだしからでも大丈夫です。
私も何度も何度も振り出しからやっています。
撥付けは本当に大切で、曲全部聞かなくても撥付けだけで
力量がわかってしまうくらいだそうです(汗)
基本はあなどれないですね。

六段をちゃんと弾けるようになれば凄いことだと思います。
私も弾けているように錯覚していましたが
全然弾けていない感じがしています(汗)

東北訛りの本場の方なんですね。
いい方にめぐり合いましたね。サーフさんの人徳だと思います。
焦らずゆっくりお互い頑張りましょう♪

No title

こんにちは、邦風さん!

まさに『壁に耳あり、障子に目あり』ですね。
たしかに公共の場にあるトイレは危険です。
私は経験ありませんが、ドラマでよく遭遇します。

実は私もおなかがよく鳴ります。
自らの意思でコントロールできないので、
ホントに困ってしまいます。
おなかのミュート機能があったら、いいですね。

『こば式忍び駒』、名前からして
忍者のようでカッコいいです。
でも今調べてみたら、意外と最近のアイテムなんですね。
何でも津軽三味線教室から生まれたとか。

≪またまたイラスト4枚。ご苦労さまです。≫

ありがとうございます!

こんにちは、いつもコメントありがとうございます!

そうなんです。まさに
『壁に耳あり、障子に目あり』です。
こういう場所で、大事な話は
なるべくしないことが大切ですね(汗)
これからも気を抜かないようにしようと思っています。

おなかがよく鳴るなんて
まさに私と同じです。
ひどい時は、さまざまな音色が
お腹の中で鳴ります。
お腹もまるで楽器のようです(汗)
ミュート方法を編み出していきたいと思います。

『こば式忍び駒』調べていただいてありがとうございます。
いつもすぐ検索していただき感謝しています。

三味線のプロたちに向けてではなく
一般の人たちが一般の生活の中で練習できるように
考えて作られたものだそうです。
我々サラリーマンにはとても有難い道具です。

プロののトップの方のために作られた
道具にもあこがれますが
こういった一般の人々に向けて
三味線をより広く日常的に楽しんでもらえるように
考えられた道具っていいなと思います。

コメントいつもありがとうございます。
長い文章を忙しいいろんな方に読んでいただくのも
大変かと思い、イラストを増やすようにしてみました(汗)
楽しんで書いております。
応援ありがとうございます!
プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ