アートとは感じるものです。


織部黒という焼き物が好きです。
同じ織部焼きで模様の入っている「黒織部」も好きですが、
シンプルな「織部黒」のほうが黒一色で美しく
ストイックな佇まいでとても好きです。

その黒の色の深みがたまりません。
真っ黒な中にある色の奥行きの深さに惹き付けられます。
焼成中に窯内から引き出して急冷することによって
深みのある独特な漆黒色が生まれているそうです。



魅力は色だけでなく、大きく歪んだ沓形の造形にも惹き付けられます。
このいびつな造形にとても力を感じるのです。
よいアートには、計算では生まれてこない「いびつな力」が
うまく力として生かされている感じがします。

z-3.jpg

私の海外出張の日焼けも、計算外のいびつな焼け方をしてしまいました。
戻って来て人前に出るのが恥ずかしいのですが仕方ありません(汗)
これはアートではありません。失敗です(汗)

z-1.jpg

今朝の公園での三味線の練習の時に、風の音を感じました。
風の音はアートです。とても大胆でいびつなうねりがあります。
強くなったり、優しくなったり、うねりがあり一定ではありません。
思わず三味線を弾くのをやめて耳を澄まして
しばらく素晴らしい風の音に聞き入ってしまいました。

z-4.jpg

昨夜上司から渡された仕事のメモを読もうと取り出しましたが
そのメモはアートでした。まったく読めませんでした(汗)
とても大胆でいびつな書体で、うねりがあって、
一体何が書かれているのか同じ日本人なのに
まったく理解不能な文字でした(汗)
「すいません。昨日のメモが全く読めません(汗)」
といまさら上司に電話で聞くのも失礼かと思い
どうしようかとしばらく悩んでしまいましたが
アートは理解するのではなく感じることが大切
と思い直すことにしました。メモから細かい内容ではなく
上司の大きな気持ちやニュアンスや心の大きなうねりを感じて
そのパワーを受けながら仕事をすることにしました。

アートには力があります。いびつなものには力があります。
今日もたくさんの力を感じながら仕事と三味線を頑張ります。


コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは、邦風さん!

『綾部黒』と『黒綾部』の違いがよく分かりません。
てっきり『綾部黒』は綾部焼の黒い色のことで、
『黒綾部』は綾部焼の中の黒い器のことかと
思っていました。

邦風さん、出張はグランドキャニオンだったんですね。
エア三味線をされている写真を拝見いたしました。
凛としてカッコよかったです。
これはもうアートですね。(笑)

『アートは考えるな、感じろ!』ですね。
勉強になりました。
ちなみに2カットめのイラスト、特に素敵です!

≪御社が空港になっていてビックリしました!≫

ありがとうございます!

おはようございます!コメントありがとうございます。

同じ織部焼きなのですが
織部黒は装飾的で、手書きの模様などが入っているものです。
黒織部は、装飾などは一切なく、真っ黒な茶碗などの
焼き物です。この光沢感が本当にたまりません。
この光沢感を見たくて
よく岐阜県まで足を運んでしまいます(汗)

出張で何をしているんだという感じですが(笑)
三味線を持っていけなかったので
せめて聖地でエア三味線をしてまいりました(汗)
自然のパワーを存分にもらうことができました。

『アートは、考えず感じるもの』って
改めて口にしてみるとすごい言葉ですね。
イラストまで丁寧に見ていただきありがとうございました。
はい、そうなんです。空港から会社に戻ったら
会社が空港になっていました(汗)
変わった会社ですが、いつでも遊びにきてください。
プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ