三味線をメジャーにしたいです。

千原ジュニアさんが
三味線を習っているというお話を聞きました。
人気のある方が、三味線に興味を持ってくれて
そして広めてくれるのはとても嬉しいことです。


よ1

芸能人の方や有名な方がどんどん和楽器に取り組んでくれれば
和楽器や三味線の人気がどんどん上がるといいなと思います。

朝、テレビでニュースを見ていると
「さあ、みなさんお待ちかねのスポーツです!」
と言って、急にスポーツ番組になってしまいました。


よ2

私はあまりスポーツに興味がありませんが
「さあ、みなさんお待ちかねの」
という言葉から、多くの方はスポーツに興味があって
ニュースを見ながらも待ちかねているんだと思いました。
三味線がスポーツのようにメジャーになって
「さあ、みなさんお待ちかねの和楽器です!」
と、ニュースの途中で言ってくれるようになったら嬉しいです。

昨日仕事でお会いした方と趣味の話になり三味線の話になったのですが。。

よ3

三味線のイメージ自体がまったくないそうで、
どんな音でどんな感じか、何が面白いのかなかなか理解してもらえず
熱く語れば語るほど空回りしてしまって伝わりませんでした(汗)

同じ会社で、ダンスに夢中な方がいます。
とても頑張っていて、いろんなステージにも出演しています。
道は違いますが、仕事をしながら自分の好きな世界を
追求しようとしていることを心から応援しています。

よ4

ダンスは今、とてもメジャーです。大人気です。にも関わらず
「三味線いいっすね!いつか三味線とダンスで一緒にやりましょう!」
と言って応援してくれます。ありがたいことです。
もっと私の腕をあげなくてはと思います(汗)

野球、サッカー、ゴルフ、ダンスに比べると
三味線は、やっている方の人数も少なく、見る機会も少なく
よくわからなくて、難しそうで、まだまだマイナーな世界

に感じられているような感じがします。

よ5

私に何が出来るかはわかりませんが
三味線を知らない人に、もっともっと知ってもらえると嬉しい
といつも思っています。できればもっともっとメジャーで身近な存在に
感じてもらえるといいなと思います。

「さあ、みなさんお待ちかねの津軽三味線です!」
というセリフをニュース番組の中で聞きたいと本気で思っています(汗)
まだまだ腕はあまいのですが、SNS、ブログ、ボランティア、ライブなどで
どんどん三味線の音を聞いていただける機会
を増やしていきたいと思います。そんなことを考えながら
今日も三味線の練習と仕事頑張ります。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは、邦風さん!

千原ジュニアが三味線を始めた、とは
力強い援軍ですね。
邦風さんの思い描く『三味線をはじめ和楽器がメジャーになる日』も
意外と近いかもしれませんよ。よかったですね!

私の方は仕事が弱り目に祟り目状態でちょっと
落ち込んでおりました。
続くときには続くんだなあ、と。

いつも邦風さんのブログを読んで
元気を貰います。(コメントするのはかなり遅いですが、
ブログを拝見するのはたぶんかなり早い方なのです。
ただ、筆不精なだけです。)

いつも前向きな気持ちをありがとうございます。
気分を変えて、明日からがんばろっと。

≪似顔絵、すごく上手ですね!さすがです、邦風さん!≫

No title

読んでいて、ふと2CELLOSを思い出してしまいました。
こんな人たちです…。
http://ja.wikipedia.org/wiki/2CELLOS
ロックやポップスなどとCELLOの融合です。

もちろん、邦風が思われているものとは違うと思うのですが…
でも、こういうスタイルがあっても面白いかなと
思いました。

ダンスとのコラボ…、ワクワクします!
(イラストがかわいいなぁ)
二人の息が合っているならば、絶対にすばらしい舞台になると思います!
息を合わせるって、難しいけれど…
合わさったら、すごく強い力を持つと思うのです!!!


今の日本人は、日本の文化・和の心を忘れがちになっていると
そう感じてならないのです。
音楽にしてもそう、楽器にしても、祀りごとにしても、作法にしても…そうです。
辛気臭いやら、かっこ悪いやら…色々な声が聞こえます。
でも、私たちの先祖の皆さんは、それを心の支えとして
生きてきたわけですから、もっと大切にしないとと思うのです。
その歴史を、私たちが認識しなおしたら、
絶対に、絶対に…三味線もメジャーなものになると思います。
あって当たり前のものになると思います。

忘れがちになっている日本人だから、他の国の人に対しても、
本当の意味で敬うことが出来ないのかな…と感じてしまいます。
見た目じゃなくて、心が重要なのに!
(これに関しては、書きだしたら止まらないので…ここまでとさせていただきます)

私は、ちょっとでも日本人らしくなりたいと思っています。
性格は変えられませんが、日本の心を持った人間としていたいと思います。
外国の文化も大好きですが、日本の文化にももっともっと目を向けたい
そう思っています。

ということで(?)、
私は、夏は浴衣を、冬は着物を愉しめる人間に先ずはなろうと思います。
3Dではなく、2Dで仕立てあがったものを、
どうやったらきれいに、粋に着こなせるのか…、
それを学びたいと思います。
そこには、和の心や文化がこもっている気がするので。

長くなりました…。

いつもありがとうございます。

こんばんは!

いつもコメントありがとうございます。嬉しいです。

千原ジュニアさんが三味線ってすごく嬉しいです。
『三味線をはじめ和楽器がメジャーになる日』はまだまだ遠そうですが
少しづつでも拡がっていくと嬉しいです。
千原ジュニアさんますます好きになりました。

> 私の方は仕事が弱り目に祟り目状態でちょっと
> 落ち込んでおりました。 続くときには続くんだなあ、と。

そうでしたか。私も似たような感じですが(汗)落ち込まないようにしてください。
私も落ち込まないように、何か新しい事が始まる前兆としてとらえるようにしています。
大変な事が重なった後には、必ず新しい事がやってきます。
大変な事のような顔をしてやってきながら、新しい始まりな事が必ず来ます。
絶対いいスタートも同時にきますので前だけを向いて、目の前の事に集中して
楽しみながら頑張って行きましょう。
(私にもいい聞かせながら書いていますので、少し当たり前の事を偉そうに書いてしまって
 申し訳ありません•汗)

いつもブログのコメントを読んで 元気を貰っています。
壁打ちテニスのような地道なこ覚悟ではじめたブログですが
いろんなコメントいただけて感謝です。コメントいただけて発見があります、
いつもいい意見交換が出来て感謝です。ありがとうございます。

これからもいろんなことありますが。お互い汗かきながら、楽しみながら
毎日頑張って行きましょう。これからもよろしくおねがしいます。

ありがとうございます。

Kazueさん、こんばんは!
2CELLOSいますごく注目されていますね!
たしかにロックやポップスなどと融合していて素敵です。
私の思っている現代と伝統の融合、ライバル同士の融合、
いろんなものが重なります。挑戦していますね!この方たち。
すごく面白いと思いました。いい気づきありがとうございます。

ダンスとのコラボ、どうするか考えていますが
面白いことになりそうです。 二人の息を合わせるまで真剣にやれば、
すばらしい舞台になりそうです。まさに息を合わせる感じでいければ
すごく強い力を持ちそうです。

日本の文化・和の心を忘れがちになりそうなところ
私も大いにあります。 音楽、祀りごと、作法にしてもその通りですね。
退廃してしまう部分と、残すべき部分を見極めて残せたらいいなと思います。
三味線も残して行くにはいろんな部分でうまく現代に受けいられるようにする事
現代とは一線を画すところ、それらをうまく出来なくてはと思います。
たしかに型も重要ですが、心が重要ですね。
私もまったく同意見です。嬉しいコメントありがとうございます。


> 私は、ちょっとでも日本人らしくなりたいと思っています。
> 性格は変えられませんが、日本の心を持った人間としていたいと思います。
> 外国の文化も大好きですが、日本の文化にももっともっと目を向けたい
> そう思っています。

素敵です。応援させていただきます。一緒に楽しみながら頑張りましょう♪
夏の浴衣、冬の着物とても良いと思います。
たしかに 3Dではなく、2Dで仕立てあがったものを、どうやったらきれいに、
粋に着こなせるのかというのは着る側のセンスや了見が問われるところですよね。
それを学ぶことに奥深さがあるとも思います。。
和の心や文化はなかなか簡単ではないところがまた面白いとも思います。

すいません。こちらも長くなりました(汗)明日も頑張りましょう。そして
近々一緒にいろいろ語り合いましょうね!
プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ