100人の応援より1人の応援。

ライブが9月にせまってきました。
慣れていない1回目も大変でしたが、2回目も大変です(汗)
1回目から変えて行く部分、変えない部分のバランスがとても難しいです。
当日に向けて、ようやく少しづつ告知も始めました。
どんな方に聞いていただけるか、どれくらい来て頂けるのか
考えないようにしようと思っていても、正直気になります(汗)。


す1

そんなことよりまず練習です。
今朝の公園での朝練習は、一人お客さんが来てくれました。
幼稚園くらいのお子さんでした。興味深く私の演奏を聴いてくれました。


す2

その子が、曲が終わっても次の曲を弾いてもその場を離れず
じっと立っているので、なかなか切り上げられず(汗)
何曲も何曲もその子の前で弾いてみたりしました。
これは以前教えて頂いた琵琶法師の方の言葉が影響しています。


す3

琵琶法師の方は以前にお話しした時に
たった一人のお客さんでも、、100人のお客さんでも
まったく態度を変えず同じように精一杯弾けるようにしないといけない。
それが本物の演奏をすることにつながる

ということをおっしゃっていました。まさに今日の状況がそうでした。
一人の子供の前でも全力演奏です。フラフラになりました(汗)


す4

そういえば。。
先日のプレゼンでは、偉い方が途中退室してしまい
プレゼンしながらかなり動揺してしまいました(汗)

でも冷静に考えてみると
退室する人よりも、席に残って聞いてくれている人たちに
感謝しながらその方に向けて精一杯話しかける事だと感じました。
私はついつい退室した方に気を取られてしまいますが
残って聞いてくれている人にどれだけ真剣に
接する事が出来るかのほうが大切な気がしました。


す5

私はついつい退席する人のほうに気をとられがちです。
さらに、これから誰が来てくれるかを気にしてしまいます。
大切なのは、今目の前で聞いてくれている人です。
目の前でこちらを見てくれてる方に真剣に対峙しなければなりません。
一人の目の前の子供に向けて全力で演奏してみました。
手抜き無しの本気の津軽三味線演奏をしてみました。

伝わったかどうかはわかりませんが(汗)精一杯やってみたので
何か伝わったような気がします。多分ですが(汗)


でも自分の中では確実な変化が起こりました。
何人来てくれるか、そんなことを気にするのはやめようと思いました。

す6

一人でも聞きに来てくれた方がいる限りは
その一人に向けて全力で演奏しようと思いました。
100人の応援よりも、一人の真剣な応援
精一杯応えられるよう頑張りたいと思います。


さらにいつも手伝いを
自分から買ってでてくれる方からもメールをいただきました。
ライブの成功に向けて温かい励ましや応援があったうえに、
「邦風さん、ライブ手伝いますからなんでも言ってくださいね」
という言葉もあり、かなり感動しました。優しい心をもった方です。
見えない部分でお手伝いしてくれる方のためにも
必死で頑張らなくてはと思いました。


ありがとうございます。頑張ります。
応援してくれる目の前の方のために。手伝ってくれる方のために。
今度のライブ一生懸命演奏します。出来る事を精一杯やります。
こんなブログを読んで応援してくれている方のためにも
今日も必死に全力で三味線と仕事頑張ります。





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ