丸裸な気持ちで挑んでいきます

神楽坂で、前から気になっていたお店に行きました。

風の音(かぜのね)という串揚げ料理のお店です。
邦風という名前なので、この風の音はどんなお店か興味津々でした。

る1

目の前で揚げたての串揚げを次々に出してくれて
とても美味しく、雰囲気も気さくなお店でした。
ギターやゴスペルをずっと続けている方と、美味しい串揚げと
美味しいお酒を飲みながら、楽器の話、音楽の話で、盛り上がりました。

神楽坂「風の音」とても楽しい時間でした。

る2

あまりにお酒が美味しく、つい飲みすぎてしまいました(汗)

飲み過ぎると、いつも立川談志さんの名言を思い出します。

る3

いいかい。酒が人間をダメにしたり愚かにしたりするんじゃない。
人間はもともとダメだということを、酒が教えてくれるものだ。

これは本当に名言だと思います。私は自分の愚かさを
飲むたびに感じます(汗)お酒ってありがたいです。

もしかしたら三味線も同じかもしれません。

る4

三味線を弾いたりするから緊張したり
焦ったり、思いを寄らない失敗をするのではなく
もともとの緊張しやすい自分や、焦りやすい自分が
三味線を弾く事を通して浮き彫りになってくる

ということなのかもしれません。

糸を3本張っただけのこのシンプルな楽器は
人の心を丸裸にしてしまう力を持っている気がします。
そういえば1年前の自分と比べて
自分自身の心がどんどん裸になっている感じがします。

る5

去年の自分は、たくさんの鎧を着ていた気がします。
人に弱いところも見せたくないうえに、出来る限り上手く弾きたい
良いところだけを見せたいと思っていました。
でもいろんな失敗を繰り返すうち
そんな鎧は着ても意味がないなと思うようになりました。
無様な失敗も、情けない自分もこの楽器を弾く時には
隠したくても隠せない気がしています(汗)

る8

最近は、演奏の時は丸裸で人前に立つ気持ちで望みます。
私は私であって、私以上でも私以下でもありません。
普段の私が丸裸な状態で演奏にあらわれてきます。


今日はなんとこれから
同じ流派の方が全員集まる大人数の三味線の会があり
その前で無謀にもソロで三味線を弾きます(汗)
我ながら自分の無鉄砲さを感じます。演奏を聞いていただくのは
師匠や、家元、さらに偉い先生方たちです(汗)
ごまかしはききません。できることは覚悟を決めて
丸裸な気持ちで臨むのみです。
恥ずかしいですが頑張ります。

裸になれば怖いものはありません。
今日の演奏、何も隠さず素っ裸な気持ちで頑張ります。
いつも読んで頂きありがとうございます。
このブログも始めてから1年経ったようです。

最初の頃に比べると、固さも少しづつとれて
等身大の正直な、裸な自分のブログになって来た気がします。
イラストにまで裸が出て来てしまって
お見苦しいブログで申し訳ありません(汗)

これからもよろしくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントありがとうございます。

竹の音さま
いつも温かいコメントありがとうございます。
駄目な自分も受け入れて、それでも腐らず自分を信じることが自信になる気がします。
今度の演奏、頑張って下さいね。大丈夫です。
きっとうまくいきます。うまくいかなくても立ち向かった事で
やらなかった時よりきっと成長します。
私は失敗し、大恥をかいています。
昨日は舞台の上で裸な気持ちで向かったのですが
途中で糸が切れるという久々の大失敗をやらかしてしまいました(汗)
1曲弾ききる事が出来ず無念で情けない気持ちを味わいましたが
この恥ずかしさも次に向かう力にしたいと思いました。
ブログにも失敗も情けない気持ちも正直に書いて行こうと思います。

>無理をせずにずっとずっとブログ よろしくお願いいたします。
いつも元気いただいてます。

ありがとうございます。とても嬉しかったです。これからも頑張ります。
プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ