早いか遅いかなんて

昨日は、みんなでプレゼンに向かう時
電車が出発直前だったので、必死になってダッシュしました。
「ぜったい間に合わないですよ」と言われたのですが
「間に合う間に合う!」と私が言って全員で走りました。


ゆ1

まったく間に合いませんでした(汗)
残念ながら、電車はそのまま出発してしまいました。

ゆ2

「だから言ったでしょ。間に合わないって。」
その通りでした。一緒に走った人に謝りました。

会社の先輩からお酒の席でこう言われました。

「聞いたよ。お前遅い年齢から楽器始めたんだって?
 大人になってから楽器始めても間に合わないよ(笑)」


kiki3.jpg

たしかに。。遅い年齢からのスタートでした。
初めて、教室をのぞいたのは33歳の時です。


ゆ6

たまたま同じ日に来た50代の男性の方と一緒に
初めて会う師匠の稽古の様子を見学する事になりました。
初めて聞いた師匠の音は今まで聞いた事もないくらい力強く
繊細な音色で度肝を抜かれました。


ゆ3

初めて聞く師匠の演奏に心を奪われていた時
見学に来ていた方が、隣で独り言のように言いました。

「いやあ、遅いです。私には無理です。出来ないです。」

突然の言葉にびっくりしましたが
せっかく見学にきたのにもったいないと思い
「きっと大丈夫ですよ。遅すぎるなんて事ないですよ。」
と言ってしまいました。自分も三味線に触った事もないうえに
やれるかどうか自信もないのによく言えたものです(汗)


ゆ4

その方が、今度は首を振ってこう言いました。

「いやあ、これは遅いです。あなたも私も始めるにはきっと遅いですよ。
 これは無理だよ。これは厳しい。遅すぎるよ。」


あまりの師匠の演奏のすごさに、正直ちょっと自分には厳しいかと
感じていただけにその「遅い」という言葉にドキッとしました(汗)
人生に遅すぎる事なんてない。始めたところがスタートと思えばいい。
私は何の自信もありませんでしたがそう思いました。
気がついた時には師匠に自分からこう言っていました。

「津軽三味線を習いたいです。何の楽器をやったこともありません。
 何も分かりませんが教えて下さい。よろしくお願いします(汗)」


ゆ5

これが私の入門でした。
その方は立ち上がらず、同じ言葉をつぶやいていました。
今になって思いますがあの方の言葉の反動で
自分を奮い立たせたように思います。

たしかに、遅いスタートなので
いまだに、かなりいろんなことに時間がかかりながら
砕けながら身につけて行く感じです。
身につけたと思うと忘れてしまったり、考えすぎて失敗したり
本番に出なかったり、うまくいかない事が多いです。
でもそれは仕方ないですが、頑張ればなんとかなると信じています。
いろんな失敗や遠回りは覚悟しなくてはいけないと思いました。
圧倒的にいろんな練習や本番経験が足りていない感じもします。
今からやるべき事は、沢山練習して怖がらず
積極的に本番の場数を増やす事です。
ふりかえっている暇はありません。

先日の糸を切る失敗で、ある三味線の演奏家の方から
こんな叱咤激励の言葉をいただきました。

kiki2.jpg

「糸が切れた?そんなのプロでもよくあるんだよ。
 なんで糸切って終了にしたんだ。コンクールだから?
 時間制限があるから?そんなの関係ないよ。
 舞台でもう一回弾かせてくれとみんなにお願いしたか?
 俺だったらするよ。時間おしてヒンシュクかってでも
 なんとかその場で無理矢理弾かせてくれとお願いしてみろよ。
 カッコわるくても笑われてももう一回弾くんだよ。そしたらそれが
 同じステージで2回目の経験になるだろ。1回のステージで2回分の
 経験になるだろう!そうやってふてぶてしくやって
 経験をつまなきゃ駄目だ!お前のレベルで失うものなんて
 何にもないだろ。遅いスタートなんだからそれくらいやれ!
 そこまでやるお前じゃなきゃ駄目だ。それが本気だ。」


 びっくりしました。

 目が覚めました。

 人生に遅すぎる事なんてないようです。
 自分は本気でやっているのかと問われた感じがしました。
 仕事も三味線も本気でやれば時間なんて関係ない感じがしました。

kiki1.jpg

仕事も三味線についても、本気とは何か教えられました。
私は全然あまかったと思いました。
この覚悟を持って演奏に向かわなくてはいけないと思いました。

人生は、早いか遅いかではなく
目の前の事を本気でやるかどうかだけがあるんだと思いました。
人生における本気とはこういうことなんだと思いました。


もうカッコつけている時間なんてないですね。
ありがとうございます。遅すぎる事なんてやっぱりありません。
残りの人生、ひんしゅくを買っても
覚悟を持って仕事と三味線に挑むべきだと思いました。
今日も仕事と三味線頑張ります。

コメントの投稿

非公開コメント

遅くないですよ!

早いか遅いかは考え方の問題ですね。

ご存じかもしれませんが、私なんか65歳過ぎてから津軽三味線を始めて、コンクール優勝を目指しています。(ハハハ)

他人が何と言おうと、楽器を始める年齢に早いも遅いもなく、「やりたい」と思った時が「楽器適齢期」ではないでしょうか。

もっと肩の力を抜いて気楽に楽しもうよ。・・・アッ兄弟子に対してタメ口・・・・www失礼!

Re: 遅くないですよ!

コメントありがとうございます!
そうですね!早いか遅いかは考え方の問題と思うようにします。
65歳過ぎてから津軽三味線を始められたんですね。
尊敬です。そしてコンクール優勝を目指しているのも
本当に素晴らしく、私なんて本当にあまいなと思いました。
たしかに他人が何と言おうと関係ないですね。
子供の頃から自分が始めていたとしても
今ほど感動したり真剣に出来ていたかは分からないので
私にとって「楽器適齢期」だったのかもしれません。
そう思ってこの適齢期スタートを邁進していきます!
いつも素晴らしい気づきをありがとうございます。
私が兄弟子なんてんでもないです。いろいろ教えて頂く立場なのでこれからも
アドバイスいただけると嬉しいです。
> もっと肩の力を抜いて気楽に楽しもうよ。
いつもありがとうございます。そうですね、大人になってから始めたので
頑張るだけではなく同時に楽しまなくてはですね。
ありがたいです。楽しんでいきます。これからもよろしくお願いします!
プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ