青い鳥を追っています。


通勤の途中、家の近所でのあるお家から
三味線の音が聞こえてくることに気づきました。

津軽三味線ではなさそうでしたが、
優しい音色を出すために、いろんな技を使っているなと
聞いていて感じました。かなりの腕を持っているようです。

どんな方が弾いているのだろうか、と
思わず立ち止まってしまいました。


やや2

優しい音色は、かなり努力を重ねなければ出せません。
人が心地よく感じる優しい音色を、一生懸命研究しています。

先日は、電車の中で座っている私の目の前に
ご老人が立たれたので、あわてて席を譲りました。

やや3

これはとても分かりやすく、簡単にできる優しさです。

ただ。。世の中は、そんなに分かりやすいことばかりではありません。
微妙な年齢の方が目の前に立った時は、かなり悩みます(汗)


やや4

ご老人か、それともまだ働き盛りか
譲ることが優しいのか、失礼なのか、かなり迷います(汗)
「席かわります!」と言って「俺は老人じゃないよ!」
と思われたら申し訳ないので、なかなか言い出せないです。

そんな時に身につけた技です。青い鳥という技です。
ある瞬間、上の方に何かすごく重要なことが書いてある、という感じで
急に発見した顔を作り、思わずそれをたまらなく見たくて
つい我を忘れて立ち上がったようにするのです。

やや5

上の方に、何かとてつもない重要なもの。
たとえば、まるで幸せの青い鳥を車内で見つけたように
本気で自分で信じて表情を作ると上手く行きます。

そしてそれがまるで、羽ばたいてどこかに動いて行くのを
思わず自然に追っていくように
ゆっくり上を見上げながら車両の中を移動して行くのです。
こうして自然とできた座席の空きに
先ほどの方が座ってくれることを願いながら
振り返らず車内歩いていきます。
誰も傷つけない「優しさの技 • 青い鳥」です。
生きて行くには、いろんな優しさの技が必要です。

朝の窮屈な満員電車の中で
カップルが朝からとても仲良くしている時があります。
出来るだけ目をそらし、会話も聞かないようにし
二人の世界に入らないようにします。

やや7

カップルを取り囲む公園の木々のイメージで
自分の存在を消し、ただ太陽のほうを見て心を無にします。
公園に立っている木々の中の、木の役を演じきるのです。
これも優しさの技の一つです。

トイレの個室でもこの優しさは使えます。
隣の方がかかってきた仕事の電話に、思わず出てしまった時にも使えます。


やや6

この時もやさしさの技としては、自分の存在を消すことです。
相手の仕事の電話に、隣から絶対に音を立てないよう集中します。
水を流す音、紙を引っ張る音などもってのほかです。
ここがトイレであることがわかったら、その商談が
失敗する可能性もあります。隣り合うのも何かの縁です。
まるで空気のように、自分の存在をそこから消すようにします。
音を一切出さない空気をイメージすると
なぜか行動が上手くいきます。無音のまま行動が出来ます。

演じることは、自分をあたかも別の存在だと
信じこむことから始るのかもしれません。


やや8

私は役者ではありませんが
日常生活において、その場面に応じて
チルチルミチルを演じたり、木々になってみたり、
空気になってみたりしています。
すべては、自分が別の存在だと本気で信じ込むことで
出来ている気がします。

ということは。。三味線で考えると。。


やや9

自分は名人のように三味線が上手いと思い込んで弾けば
上手くなるかもしれないと思いました。
自分が未熟だと思って弾いているのと、名人だと思って弾くのでは
音が変わってくる感じがします。信じ込んでみようと思いました。

なりきることが重要です。信じ込むことです。

早速、三味線に向かってみました。
私は名人です。邦風名人。三味線の邦風(汗)。
名人になりきって弾いてみました。

あ。。お。。。少し音に余裕が生まれてきました。
何か変わったのです。
音に自信が出てきた感じがしました。
自分で名人だと思い込んだだけで
少し変わってきたのです。
バチの叩き方、指のスリ、すべてが堂々として来ました。
これはいいかもしれません。

録音してみました。でも。。聞いてみたら
名人にはありえない外した音が聞こえてきました(汗)
リズムはいいテンポになっていましたが、音はひどいものです(汗)
なりきるだけで出来るほどあまくはなさそうです。
当たり前でした。やはりきちんとした音を出すには
まだまだでした。きちんと修行します。

今日も仕事と三味線頑張ります(汗)。

コメントの投稿

非公開コメント

私も

三味線名人に・・・
なれませんでしたf^_^;)

Re: 私も

ハマっこさん

やはり名人の演奏は素晴らしいですよね!
聞きこんでみて、すごさを改めて感じました。
一日にしてならずと思って
お互いコツコツ頑張りましょう♪
プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ