真剣な目で生きていますか?


会社の窓を、清掃されている方がいました。

清掃のベテランらしき方が、若い方に
厳しくも真剣にやり方を指導しているところに出会いました。

ほぼ無言のまま、若手にやらせてみたり
小声で何か注意したり、アドバイスしたり
かと思うと静かにベテラン自らがお手本となって
やり方を見せていました。




無口なベテランの方の目が
若手の方が清掃する動きを真剣に見ていて
その目が終始、とても厳しく驚きました。

xx2.jpg

真剣で鋭い眼光でした。それはプロの目でした。
若手のやることを温かく見守るというあまい目線ではありませんでした。
プロの目は、いついかなる時も
厳しい目である必要があるのかもしれません。

私もこういう目を持つ必要があるなと思いました。
仕事においてプロの目線であろうと思います。
若手の仕事をいつもより真剣な目で見つめることにしました(汗)


xx4.jpg

でも、なんだか疲れてしまったうえに
後輩の仕事の仕方や考え方は、特に厳しく言うところが
見当たらず、ただ目が疲れてしまいました(汗)


私はまだまだ真剣な目で後輩の間違っているところをつかめたり
後輩に対して、目だけで何か語れるほどの力はなさそうです。
月島での仕事の後だったので、たまには後輩と
いろいろ話そうと思って、一緒に月島で
もんじゃ焼きを食べて語らいに行くことにしました。

xx5.jpg

正直なところ、もんじゃを食べながらも
すきあらば、私の仕事への真剣なまなざしを見せたり
プロの目を見せながら、仕事のコツや大事なことを教えて
少し尊敬されるつもりでした。

あのガラス清掃の方のように、目で語りたかったのです。

でも。。。


xx6.jpg

なぜか、もんじゃ焼きを焼く時の煙が
後輩の方にはまったく行かず、私の方だけをめがけて
もくもくと立ちこめて、私の顔も見えず
後輩の顔も見えず、とても大事な話を
真剣な目でするどころではありませんでした(汗)
煙と格闘するのに精一杯でした。

煙で後輩の顔が見えない中、ふと
手に持っているもんじゃ焼き用のヘラが目に入りました。

このもんじゃ焼きのヘラに、使い方、もんじゃ焼きの食べ方には
美しい所作があると先輩から聞いたことがあるのを思い出しました。


xx7.jpg

ヘラを使って食べる時には
もんじゃをすくい上げるのは野暮だそうです。

ヘラですくって食べるのではなく、逆に
鉄板に上からヘラで押さえつけることで
ヘラにもんじゃをしっかりと密着させて、そのヘラを返すことなく
そのまま口に運ぶことが正しいもんじゃを食す時の美しい所作だそうです。


私は東京にくるまで、もんじゃを食べたことも
こんな所作があることも知りませんでした(汗)


xx8.jpg

これは難しく、なかなかうまく出来ませんでした。
でも、今日出来たのです。

自分が、「鉄板にヘラでもんじゃを押し付けた」と感じてから
そこでヘラをすぐあげず、さらに粘ってみるのです。
心の中でもう2秒だけ押し付けてみるのです。

心の中で「1、2」と数えながらヘラでもんじゃを押さえ続けるのです。

するとしっかりとヘラにもんじゃが引っ付いたのです。


これは。。。思っている以上にヘラを
ぐっと鉄板に押し込む力の使い方でした。
2秒の押し込みが大きな結果を出しました。

すごい発見でした。出来るようになりました。

これはもしかしたら。。。
三味線のバチの扱いにも応用できるかもしれません!!
よく見たら、もんじゃ焼きのヘラと、三味線のバチの形は
そっくりだと気づきました。小さいバチのようです!

xx9.jpg


バチで糸を叩くときに思っていることは
バチのふりによって、糸の振動を、しっかり三味線の皮に伝えて
三味線全体をしっかり響かせること。それをいかにしていかに響かせるか。

いままでは、バチを叩き付けるだけで
正確に糸の振動を皮に伝えるために
押さえつけが足りなかったのかもしれません。

バチでしっかり糸の振動を三味線の皮に押し付けたと思っても
そこからさらに数秒押し込むくらいの気持ちが必要な気がしました。

早速やってみたところ。。これが。。
音がいつもよりしっかり伸びました。切れ切れだった音に
伸びとハリが出てきました。全然音が変わる

まさに三味線全体が響いてくる感じがしました。
これはすごい!重要なことを気づいたのかもしれません。

もんじゃにヒントがありました。
月島ありがとうございます。後輩ありがとうございます。
何かつかめて来ました。今日も仕事も三味線も頑張ります。




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ