毎日、射撃を繰り返す男。

まだ海外出張中です。
昨日はなんとか仕事を終えてから
ホテルの部屋で一人、師匠の三味線の演奏の録音を聞きました。

出張先で聞く三味線の音、そして師匠の音は格別です。

日本って素敵だなと思うだけでなく
まるで、師匠からどこにいても自分らしく強く頑張れと
心から励まされているかのような、魂のこもった演奏と
深みのある音色を感じて、一人で感動してしまいました。

今朝、仕事に行く前に、その感動を伝えようと
ブログ用の絵を描いて、ホテルの周りで写真を撮っていました。

すると、一人の男性が近づいてきました。

北欧1

現地の方でした。私が何をしているのか
とても興味を持って話しかけてきました。

「君は朝から何をしているんだい?」

もちろん現地の言葉です。
現地の言葉でしたがきっとこんな内容で話しているように感じられました。
現地の言葉は出来ませんが、なんとか英語で返すことにしました。
かなりつたない英語ですが、一期一会の精神で、私なりに
精一杯表現してみることにしました。


北欧2

「おはようございます。これですか?
 撮影をしています。私は日本から来ました。日本の素晴らしい楽器
 三味線のことを伝えたり、その感動を伝えるためのブログを書いていて
 こうして写真を毎日撮っています。」


私なりに英語で伝えてみました。撮影って、なんて言うんだっけ。
シューティングかな?ブログって英語かな?楽器ってなんていうんだろ?
怪しい点は多いものの、思うまま一生懸命伝えてみました。

なんだか伝わっている感じがしなかったので
言葉を変えたりしながら、どんどん話してみました(汗)
でも話せば話すほど、相手の反応がおかしくなってしまいました。

「シューティング? シャミセン?」
何度もその方が、確かめるようにわたしに聞いてきました。


北欧3

そうです。シューティングです。シャミセンです。
そのことについて話せば話すほど、なぜかその男性の方の顔が
理解しがたいと言った表情になってきました(汗)


あれ?なんだろう?何かおかしなことを言ったのかな?
それとも伝わっていないのかな?その後も話せば話すほど
お互いの距離が遠ざかるばかりでした。
なんだか、打ち解けられず、不信な表情のまま
その方はまた会いましょうといって離れて行きました。

あれ?おかしいな。。

その場の打ち解けないやりとりがあまりに気になりました。
調べてみよう。ホテルに戻って自分の話した言葉を
ネットで簡易翻訳してみました。便利な時代です。
きっと、そんなに間違っていないはずです。
あれ??。。。。。。。

ん?? シューティングって射撃っていう意味なんだ?

簡易翻訳の結果がでました。自分の話した言葉が
そのまま直訳されました。かなりひどい感じの話だったということに
気づきました(汗)恥ずかしいのですが、こんな感じです。


北欧4

「あ、おはようございます。私ですか?今、射撃をしています。
 はい、ほぼ毎日射撃をしています。楽しいです。
 今日は何を狙おうか、いろんなことを考えながら
 植物と一緒に、`シャミセン'という独特な獲物を毎日
 私は一人で狙い続けています。知っていますか?`シャミセン'」


こんなことを、私は語っているらしいです(汗)
その方が戸惑ったり、何度も「シューティング?」
と言葉の意味を確かめてくるのが興味をもっていると勘違いし
私はさらに頑張ってシャミセンについて伝えようと
よせばいいのに、さらに話を続けてしまいました(汗)

「射撃は、誰も起きていない時間がいいですよ」と。


北欧5

自分の話した言葉の意味を知って、今さら嫌な汗が出ました(汗)

「シャミセンは不思議で、頑張っていると近づいてくるけれど
 追えば逃げてしまう不思議なもので、私はそれを撃ち落としたくて
 毎日公園で暗いうちから、頑張っています。」


なんのことを言っているんだかさっぱりわかりません(汗)

「しかもシャミセンは、私の耳や心臓をいい意味で攻撃してくる。
 私も人の耳や心臓を攻撃するようになりたい。その為に、
 師匠や兄弟のような人たちに教えられながら
 いろんなものをこっそり泥棒してみたり、隠れてのぞきを繰り返したり
 公園で射撃したりしています。これが私のほぼ毎日の行為です。」


今思えば、男性の顔がひきつっている感じがしました(汗)


北欧7

やめればいいのに、シャミセンヒットマンは語ります。

ここは寒い国ですね。雪もすごいです。
あなたは寒い雪降る場所で生まれ育った
ツガルシャミセンを知っていますか?知らないですか?
ぜひ見てみて下さい。そしてその姿を間近で見てみて下さい。
私はそれに対して、興味と愛を持っています。
時々「精神」と呼ばれる定期的な会合を開いたりしていますよ。
月給制の男ですがシャミセンに対しても一生懸命です。
心臓が痙攣するほど素敵なものなので是非聞いて下さい。
明日もきっと一人で射撃を繰り返しています。
またお会いしましょう。それでは!



自分の話したことの翻訳結果のすべて見て
不信に思われた理由がよくわかりました(汗)


北欧6

知らない間に、私「シャミセンヒットマン」になっていました(汗)
しかも、虎視眈々と、毎朝人目を忍んで獲物を狙いながら得ることが出来ず
日記と会合を繰り返す、悲しきヒットマンになっています。

これでは何も伝わっていないどころか
かなりの誤解をまねいていると反省しました(汗)
海外の方に三味線の良さを語るには、私の英語では何も伝わりません(汗)
もっと海外の方に向けても、この楽器の素晴らしさを語れるように
一から英語を勉強しなくてはと思いました(汗)

今朝お会いした男性の方、話しかけて頂きありがとうございました。
誤解を与えて終わってしまいましたが
まったく怪しいものではありません(汗)
でも、今日の出会いのおかげでヒットマンにも
英語を学びたいという新たな目的が出来ました。
出会えて良かったです。ありがとうございます。

これから少しづつ英語も頑張ってみようと思います。
今度その方にお会いできた時は、誤解されず
もっとシャミセンについていっぱい魅力を語れるようになりたいです。
心臓を痙攣させながら人の耳と心臓を射つことを頑張りながら
今日も仕事と三味線、そして英語も頑張ります。

コメントの投稿

非公開コメント

邦風さん、、ゴメンなさい、、泣きました、涙がメチャメチャ流れて、お腹が苦しくて、笑い崩れました。。お、お気持ちお察しします。以前に外国人の知り合いに「お腹すいてますか?」って笑顔で聞いたら怪訝な顔されて「?」って思いをしたことを思い出しました。一緒にいた人に聞いたら「腹立ちましたか?」って聞いたみたいです、私。邦風さんはまじめな方だからその後も一生懸命、津軽三味線を説明されたんでしょうね。。相手の方にはメッチャ不思議な日本人に写ったんだと思うと、、あぁ、ごめんなさい、また笑っちゃって、、いや、やっぱり邦風さん素敵ですよ。絶対裏切らないです、もう、ホントに。。お腹が苦しくて、、(≧◇≦)

読んで頂いて嬉しいです。

読んで頂いて嬉しいです。
さとよしさん、いつも読んでいただきありがとうございます。

私も自分の恥ずかしさに笑いながら更新していたので
読んで頂いて笑って頂いたことに感謝です。

そうなんです。
一生懸命伝えたつもりが、完全に空振りでした(汗)
英語もかなり奥深い世界ですね。
「お腹すいてますか?」って笑顔で聞いたつもりが
「腹立ちましたか?」っていう意味になるなんて
使っている本人はわからないですもんね。
自分の発した言葉の意味を
自分でちゃんと突き詰めてみなくてはと思いました。

私も出来る限り一生懸命
津軽三味線を説明したんですが
相手の方にはとても不思議な日本人に映ってしまいました(汗)
撮影の英語訳はShootingより
Take a pikutureのほうがいいということも
初めて知りました(汗)
またひとつ勉強になりました。

今回のことを反省して次回は
いろんな英語を楽しみながら覚えたいと思います。
いつか外国の方に向けたライブも
やりたいなと思いました。
これからも頑張ります。

これからもどうぞよろしくお願いします。邦風

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

邦風です。

メッセージありがとうございます!

腰の方はなんとか持ちこたえております。
腰プロテクター、クセになりそうです(笑)

いつも読んで頂いてありがとうございます。
失敗だらけの出張でしたが(汗)
なんとかいろんなことを乗りこえております。
いろんな恥をかきながら頑張ろうと思います。
応援して頂き、ありがとうございます。

書いて頂いたエピソード
読ませて頂いて大爆笑してしまいました。
なんだか面白くて涙が出ました(笑)
そして元気をいただきました。
ありがとうございます!

英語も三味線も仕事も、欲張りですが
頑張りたいと思います♪
これからもよろしくお願いします。
プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ