私は、嘘をつきました(汗)

先日。たまたま入った休日のコーヒーショップで
会社の先輩を見かけました。
ゆったりと美味しそうにコーヒーを飲んでいらっしゃいました。

私は正面に座ってしまうところでしたが
せっかくのお休みに同じ会社の人間が
視界に入るのもどうかと思い移動することにしました(汗)




移動する時は、最新の注意を払いました。
私が先輩の存在に気づいて移動したということが
分からないように鼻の下を伸ばし、目を細めにしながら
似てるけど違うかもしれない人の顔の感じで移動しました(汗)


siran3.jpg

移動する間は、真剣勝負です。
似ているけど違う人を徹底して演じきり
席移動に成功しました。座ってからも時々、先輩の視線を時々感じましたが
このままの顔でコーヒーを飲み続けて気づかれないようにしました。
私は私ではありません。少し似ている人です。

人生には、時々。。
気づかれないふりをしたほうがいいと思う場面があります。

昨日はたまたま立ち寄った場所で
津軽三味線の無料演奏を聞けるということを知りました。
どんな方が弾いているのか知りたくて思わず会場に向かいました。


siran2.jpg

たくさんの人が入っていて
そこである三味線の演奏家の方が一人で会場を盛り上げていました。
そして素晴らしい演奏を、何曲も続けて行っていてました。
あれ?どこかで見た方です。どこで、でしょうか。。
詳しく覚えていませんが、どこかで見た覚え、すれ違った覚えがあります。

siran7.jpg

大会だったのか、何かのライブだったか。。。
でも。結局、思い出せませんでした(汗)
どこか見覚えがある方なので
とにかく演奏を真剣に聞いてみることにしました。

基本もしっかりしているうえに、その演奏はとても巧みで
応用技やアドリブなど自由演技もかなり高度で。。
さらにノリに乗った演奏を繰り広げられていて
おそらく三味線関係の人が集まるところでは
決してその方がやらないであろう自由な演奏の感じなので。。
一般の方が見て、とても楽しい演奏になっていました。

会場も大盛り上がりで素晴らしい展開になっていました。
三味線の基本スタイルばかり見ている私には
とても新鮮に映りました。

その演奏が終了しました。
混まないうちに、拍手喝采の中会場を出ることにしました。
その出口のところで。。

siran4.jpg

「みなさん、帰りがけにすいません。CDを売っています。
 1枚1000円です。是非ご興味のある方買って帰ってください。
 どうぞよろしくおねがいします!」


という言葉が聞こえてきました。ご本人です。
一生懸命自分の演奏のCDを売ろうとされていました。
聞こえているけれど、会場を出て行く人は聞こえないふりで出て行きます。
私も一瞬迷いましたが。。

1枚1000円。。
分かりました。買いましょう。
私が買わなくて誰が買うんでしょう。
素晴らしい演奏でした。聞かせて頂きありがとうございます。
払います。三味線を応援している私がまず買わなくては。
でもさりげなく買ってサッと買って会場を出ます。
そう思ったものの。。

「ありがとうございます!
 買って頂いた方にはCDに直接サインと、私の握手があります!
 一番に買ってくれたお客様、ありがとうございます!
 ぜひサインと握手をしましょう!」


え??握手??サイン??あ、ありがとうございます(汗)
このどこかで会った覚えのある方に、一番に握手とサインを求める
熱狂的なファンの感じになってしまいました。


siran6.jpg

そんな流れでご本人と握手を
そしてCDにサインまでいただきました。そしてこんな質問まで。

「今日はありがとうございます。生で三味線を聞いたのは
 初めてですよね?初めて聞いた三味線はどうでしたか?」


ものすごく達成感のある笑顔でした。
え?三味線。初めて??いいえ、よく聞いていますというのも
相手に警戒されるし、まして私も弾いていますというのもどうかと思い

「はい。。初めて聞きました。良かったです!」


siran5.jpg

と言いました。
思い切り嘘をついてしまいました。
レベルの違いもありますが、三味線を弾いていることを
気づかれないようにしてしまったのです(汗)
本当は、初めてではありません。
散々聞いていますし、自分でも演奏をしています。
今日の演奏も興味深く聞きました。でも。。

私はCDを買った最初のお客さん。
その人が「私も三味線をやっています!」と言うのも
ここではどうでもいい情報だと判断してしまったのです。
演奏が終わったばかりのこの方に言う言葉ではありません。
主役は演奏をしたこの方です。私は応援する人でいるべきです。
今日の演奏を聞いてファンになった一人として存在したいので
ここでは気づかれないふりをしてしまいました。


siran8.jpg

「すごかったです。三味線ってカッコいいですね!感動しました」

 なんだか、言うのも照れくさかったのですが、頑張って言いました。
 そう言って握手に力を込めたところ
 その方がとてもにっり微笑んでくれました。
 そして本当に安心し、嬉しいという表情で言いました。

「そう言っていただいて嬉しいです。三味線は分かりづらい楽器なので
 分かりやすい曲を一生懸命今日は弾きました。
 三味線に興味を持って頂いて嬉しいです。これからもよろしければ
 応援して下さい。三味線って難しそうで、奥深い楽器なんです。
 少しでも興味を持って頂けたら嬉しいです!」


ありがとうございます。
実は、十分理解しています(汗)大丈夫です。
少しどころかかなり愛しています。私は本気で応援しています。
その分、あなたの本気も感じました。
三味線のためにありがとうございます。
そう思いました。

でも、握手している手がすごいことにも気づきました。

握手をした手がとても分厚いのです。
この方は、かなり本気で取り組まれている方だと思いました。
そしてかなりの苦労をされてきた三味線弾きの方だと感じました。
手を見ればほとんどのことは分かります。
流派は違いそうですが、握手した手でその方の三味線への真摯な取り組みが
伝わってきました。素晴らしい方です。
そして皮膚の厚みがすべての努力を物語っています。

私の皮膚はあなたに比べて薄っぺらいです。
お恥ずかしくて、その方の前では
三味線をやっていると言えませんでした。
すいません。とっさに、演奏をしていることを
気づかれないふりをしてしまいました。
三味線を知らないふりをしてしまいました(汗)

私ももっと頑張って、この楽器の魅力を
一緒に伝えていける存在になりたいと思います。
握手していただいて大きな力をいただきました。
今日いただいたサインも
いつも目に見えるところに飾らせて頂きます。

今日は聞きに行けて良かったです。そう思いました。
この方に出会えたのも何かのご縁だという気がします。
私も何らかの力になれるように、三味線と仕事頑張ります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ