古武術の力を使うということ。

もう12月なんですね。
街が一気にクリスマスムードに包まれてきました。

いつもは見慣れた会社近くの通りも
たくさんのクリスマスの飾り付けが行われて、華やいでいます。




サンタクロースは本当に素敵な存在です。

たくさんの子供たちに素敵なプレゼントを配ろうと
大きな白い袋を抱えて、配るところを気づかれないように
そっと寝ているところへ近づいて、プレゼントを置いて行きます。

Merry2.jpg

1年に一回とはいえ、ご高齢なうえに
寒い中、大きな荷物を抱えて、いろんな家に走り回って
腰などを悪くしないか心配になります。

会社にも、サンタクロースがいます。
みんなが寝静まった寒い日の夜に、どこからか入って来て
大量の書類を抱えて、気づかれないようにそっと近づいてきます(汗)


Merry3.jpg

そして私のところへやって来て
静かに大変な仕事と資料をプレゼントして行きます。
もう年内といっても、時間がほとんどありません(汗)
この時期に頼まれる仕事は、時間的にもかなり無理な仕事が多いです。
厳しいものはやはり厳しいです。ご迷惑はおかけできません。

「すいません。この仕事受けたいのですが、もうすでに
 いろんな仕事でかなりパンパンな状態です(汗)」


勇気を出して言ってみました。
でも会社のサンタさんも大変なようです。
長い沈黙が続いた後に。。
目と目の会話が続き、いつの間にかサンタと少年ではなく
蛇とカエルのにらみ合いみたいな感じになりました。


Merry4.jpg

しばらく沈黙が続きました。
でもこの時間が、なんだか急に無駄な時間に思えて来ました。

いいです。引き受けます。分かりました。引き受けます。
私は会社においてカエルです。こんなにらみ合いを続けるくらいなら
さっさと引き受けてケロケロ鳴いて飛び跳ねるほうが楽しいです。
気持ちよく引き受けて、気持ちよく終わりたいです。
私の返事を聞いて、サンタさんは笑顔で夜空へ消えて行きました。

また大変になりそうな気がします。メリークリスマスです。


Merry5.jpg

私の目の下のクマも厚くなって、白髪もいつの間にか
すごい本数になってきましたが、今週はさらに加速しそうです(汗)

覚悟です。腹をくくるのみです。

自分で引き受ける返事をしたら、頑張って最後までやるのみです。
さっさと全力で頑張って、いい結果を出そうと思います。
早く結果を出せれば、その後に少しでも
三味線に触れる時間が出来るはずです。
それが何より自分へのクリスマスプレゼントになります。

そういえば。。先日の糸巻き吹っ飛ばしてしまうという
大失敗演奏の時に、一つ気づいたことがあります。


Merry6.jpg

緊張していたのもあり、かなり激しい力と
普段以上のスピードでバチを振ったりしたのですが
腕がまったくが疲れなかったのです。
いつもは腕がパンパンになるところなのですが今回は大丈夫でした。

実は、腕の力ではなく、背中の力を腕に伝えて弾くことを覚えたのです。


Merry7.jpg

兄弟子からヒントをいただきつつも、
なかなか自分のものにできず、そこからずっと自分で試行錯誤するうちに
背中の力でバチを振ってあてる方法が、少しだけ体得できて来たのです。
これはなかなか難解で、理解しにくくなかなか身に付きませんでした。

たまたま古武術研究家の、甲野善紀さんの本に出逢って
体の力に使い方発見をしたのです。
この方の体の力についての研究力はすごいです。

Merry9.jpg

甲野さんの古武術の本を、何冊も読みあさり
何本ものDVDを見て研究することで、腕の力を封じて
「体の根本の力の使う方法」が急に分かって来たのです。
器用な指先に頼ると、体の根本から来る力が封じられてしまうので
背中の力を解放させることがすべてのカギになるそうです。

今回のおさらい会で、糸巻きは吹っ飛ばしながらも(汗)
体の幹の力を使って、力を入れずに
強く素早くバチを振ることが少しだけ出来たのです。

しかも、一人の時ではなく、人前で出来たことは
私にとって大きな一歩でした。
恥ずかしい経験もしましたが、自分の中では
大きなプレゼントももらえた気持ちです。


Merry8.jpg

とはいえ、糸巻きを飛ばして
地面に転がしている私が、急にこんな極意のような話をしても
なんの説得力もなさそうですが(汗)
私の中の小さな手応えだったので、嬉しい気持ちになりました。
私にとって、何よりも嬉しいクリスマスプレゼントでした。
師匠、兄弟子、姉弟子、甲野さんが気づかせてくれたことが
少しづつ、つかめて来ました。
このプレゼント大事にしていきたいと思います。

腕の力を抜いて、体の根幹の力で、軽く素早く最大の効果を発揮する。

分かりはじめたパズルのようです。
たくさんの名人が力をぬいて演奏しているように見えるのに
すごい音が出る理由も少し分かってきました。

手の力ではありません。根幹の力です。
そうだ。。これで仕事してみよう。


Merry10.jpg

なんだか少し軽い力で仕事できるような気がしました。

私は絵も、文字も、筆圧が高くてついつい腕に力を込めてしまいがちです。
ずっと腕に頼っていては、いつか疲労の限界があります。
きっと腕が腱鞘炎になってしまいます。
体の力をうまく使って仕事をこなして行く必要があります。
腕だけでなく、根幹の力を生かして行こうと思いました。

古武術研究家の甲野さんがDVDの中でこう言っていました。

「格闘技でも、音楽でも、どんな世界でも、腱鞘炎を起こすようでは
 本当の体の使い方をしているとはいえない。プロではない。
 体の使い方としてまだまだ未熟な使い方です。」


なるほど。仕事も三味線も未熟ですが、長く続けて行くためには
体をうまく使う必要がありそうです。
ある部分のみを徹底的に疲労させるやり方は賢明とは思えません。
体の根幹の力を上手く使って行きたいです。

今日は手にたよらず、根幹の力でブログを書いてみました。
驚くほどまったく疲れず、もっともっと書きたくなってしまいました(汗)
あまり長くなるのもどうかと思いますので
今日はこのあたりにしておきますね。
また詳しく書かせて頂きます。
今日も三味線と仕事頑張ります。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ