情報は集めるのではなく、読み取るものでした。


今週は、早朝からプレゼンが続きました。
夜はプレゼンの準備、朝はプレゼン本番の繰り返しで
一体今が何曜日なのかよくわからない状態です(汗)

もう年末まで時間がありません。

大忙しの日々です。早朝からテンションを上げて頑張っています。




仲間が、私を夕食に誘ってくれました。嬉しかったです。
仕事は大変でしたが、そのお気遣いが嬉しくて
数時間だけ仕事を抜けて、一緒に食事させて頂きました。

そこで、食事しながら、たくさん話しながら
お互いの大変さや近況を確認したり笑ったりしました。

そこで話すうちに
私は、どうも会社の情報に疎いことが分かってきました(汗)
私の持っている、最近の会社の中での「すごい話」を
しかもとっておきの話をしてみたところ。。

tobashi3.jpg

すでに全員がとっくに知っている話でした(汗)
とっておきの話と思っていたのは私だけで
全員が私よりもっと詳しく、さらにそれ以上の話を知っていました(汗)
その後もいろいろ知っていることを話したものの
私の情報は古く、会社の情報に疎い自分が少し恥ずかしくなりました。

tobashi2.jpg

同僚や後輩が結婚する話も、私はいつも掴みそこねます(汗)
おめでとうを言うタイミングにはすでに
お子さんの誕生も近づいていたりしてなおさら言い損ねます。

一体どこでみんなそんな情報をつかんでいるのか不思議になりました。
私の知らないところで会社の「秘密の情報の共有セミナー」か何かが
あるのではないかとさえ思ってしまいました。

tobashi4.jpg

私も、もう少し会社の人間関係の情報を
いろいろと知っていなければいけないと思いました。
一体どこにいけばそんな情報があるのかわかりません(汗)

仲間同士のやり取りが出来る「LINE」や「twitter」の中に
そんな情報があるのかも知れないとも思いましたが
向き不向きというか、得手不得手というか
言葉だけのやり取りは私にあまり向いていないと思い
そこを避けていた自分のスタンスも
見事に情報をつかみ損ねていたのかもしれません。

tobashi5.jpg

プレゼンに向かう途中、新橋で「靴磨き」の方を見かけました。
勝手な思い込みで恥ずかしいのですが
あの方たちも、きっと何か情報を持っているような気がします(汗)
きっと靴を磨く間に、ぽろっと誰も知らない情報を
足下で教えてくれるのではないかと思っています。

tobashi6.jpg

自分の靴を、人にお願いして磨いていただくことは
もっと自分が大人にならないと出来ないなと思っていましたが
街中ではよく見かけるのです。
しかも私と同世代の人がお願いしていたりしています(汗)
本当に何か貴重な情報を、もらっているのではないかと本気で思いました。

私も靴を磨いてもらいながら、会社の最新情報を。。
と思ったのですが、やはり靴を人に磨いて頂くような
立派な自分ではないことに申し訳なさを覚えてしまいます。

tobashi7.jpg

靴を磨いている方が私の会社の情報に詳しいかどうかは
靴を磨いていただくことがない限りたしかめられません(汗)
まだまだ私には出来ません。
でも、もし一見そんな情報を知らないと思っていた方が
その情報にかなり精通していると、私は驚き敬意さえ抱いてしまいます。

先日三味線屋さんに行ったときにそのことを感じたのです。

世間話の流れから、たまたま私の普段使っている
バチの具合を見ていただくことになりました。
私の持っていたバチをその三味線屋さんに見ていただいたところ。。

tobashi8.jpg

それまで優しかった目が急に厳しい目になりました。
様々な角度から私のバチを見て、そして確かめるようにバチに触り
バチに対して話しかけるように、そして私に対して話しかけるように
こうつぶやきました。

「これは痛かったでしょうね。そうですか。これは頑張っていますが
 いけないクセですね。これは変える必要がありますね。」


最初は何のことか分かりませんでしたが
どうもバチの具合から私の三味線の叩き方、弾き方を
想像しているようでした。バチから私のフォームが分かる??まさか。。

tobashi9.jpg

そのまさかはまさかではありませんでした(汗)
バチ先の状態を見るだけで、次々に私の力の入り具合、クセ
そして三味線の弾き方、叩き方、そして音までも言い当てるのです。

これはまるで占い師のようで驚きました。
私の弾き方で師匠に注意されているポイントをすべて言い当てたのです。
しかもバチ先の状態を見るだけで、私の弾き方の特徴や
問題点をすべてを見抜いたのです(汗)
驚きました。。
もしかしたら人間の本質は末端に出るのかもしれません。

だとすれば、靴磨きの方が、靴の先端からその方のすべてを感じ
必要な情報を与えることがあることも本当にある感じがしてきました。

驚いて三味線屋さんにお礼を言って帰ろうとすると
その場にいた職人さんが集まって来て
私のフォームを全員でチェックして問題点を探ってくれました。

tobashi10.jpg

高いバチを買うことをすすめる訳でもなく
三味線をすすめる訳でもなく、ひたすら私の三味線の弾き方を見ながら
バチを傷つけてしまう自分のフォームの問題点を
一生懸命見つけてくれました。
これはとてもありがたかったです。
指摘していただくうちに普段気づいていなかった問題点が
はっきりとしかも沢山浮かび上がりました。

私のバチひとつを見て様々な情報を読み取る姿に感動しました。
これは経験からくる推測力でした。
普通の人が見逃しそうな微妙な状態も見逃さず、
そこに起こりうる動きや、不必要な力の動きもすべて読み取っていました。

私は気づきました。情報を探そうとするのではなく
ある状況の断片から多くを読み取れる力や
部分を材料にその背景を深く推測する力を持っていることが
人として必要だと感じました。

私は情報に疎くてもいいとさえ思えて来ました。
情報すべては知らなくても、情報の断片から
情報の全体を想像できる自分でいることが重要な感じがしました。
もっともっといろんな経験を積んで
いろんな想像力が働くようになりたいと思いました。
どんな仕事も、すべては経験と想像力です。

明日はある方のオープニングパーティーで三味線を弾かせていただきます。
どんなパーティーなのか、どんな状況なのかよくわかりませんが(汗)
断片の情報でも、その場で適切な演奏が出来る自分になれるよう
経験を積んで行きたいと思います。明日の演奏頑張りたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

うわー、OpeningActをつとめられるんですか!スゴーい(o゚▽゚)oいつか邦風さんの演奏、聴きたいです!!

あの、、2つほど前にあったブログで。。
この時期、電車で酔っ払いに絡まれることって男性も女性も一年で1番、ですよね。
以前に女性に格闘技を教える仕事をしていたんですが、生徒さん達からよく「酔っ払いにからまれたら、どうすればいいですか?」と聞かれました。私は必ず「逃げること!」と言ってました。下手に反撃はしない。男性は酔ってようが普通の女性より筋量も腕力もある。だから腕に覚えがあっても反撃はしない。えー!せっかく格闘技やってるのに逃げるだけ?と不満いっぱいにいわれます。確かに逃げるだけって多少なりとも腕に覚えがあると納得はいかない。けれど覚えがある人とない人の違い、、それは逃げるタイミング。心に少し落ち着ける余裕があるんですよね。武道や格闘技をやると。だから相手の隙をしっかり見極めて逃げる。こうやって、女性陣には教えてました。。
それから、、私は電車内でヤバそうな人を見ると、必ず耳と拳をチェックします。耳が潰れていれば柔道、レスリング、柔術系の寝技経験者、タイのムエタイで首相撲をやって耳をつぶされた経験者、拳は空手やキックボクシングの打撃系経験者の可能性が高いので近寄りません(・ω・)
邦風さんも、何となくヤバそうかなぁと思ったらこの二カ所をササッとチェックしてみて下さい♪あ、ホントに腕が立つ人は電車内なんかじゃ争いごとなんて起こしませんが(^0^;)

いつもありがとうございます!

さとよしさん、コメントありがとうございます!
OpeningActなんていう大したものではまったくありません(汗)
Art系の方の小さな個展のパーティーに飛び入りさせていただいた感じです。
でもとても楽しく演奏が出来ました。

そうなんです!
この時期、電車で酔っ払いに絡まれることって
男性も女性も一年で1番時期なんですね。
え!??さとよしさんは
以前に女性に格闘技を教える仕事をしていたんですか!?
驚きました。いろんな経験をされているんですね。すごいです。

「逃げることや下手に反撃はしない。」
ということを教えられていたとは、すごいです、
まさに攻撃は最大の防御ではなく、防御こすが最大の攻撃なんですね。
格闘技深いです。
たしかにせっかく格闘技やってるのに逃げるだけ?と
思われる生徒さんの気持ちも少し理解は出来ますが
理想論より、しっかりと現実の防御として
相手の隙をしっかり見極めて逃げることを教えるのは
素晴らしいことだと思います。

耳と拳をチェックするんですね!
なるほど。耳が潰れていれば柔道、レスリング、など情報が読み取れるんですね。
こういった末端の情報からすべてが読み取れなくてはと思いました。
経験を積めば積むほど、観察力や想像力が磨かれるんですね。
ありがとうございます。
この二カ所をササッとチェックしてみるようにします♪

ありがとうございます。
オリンピックで外国の方が来る時には
こういったことがなく
気遣いのある優しい日本人の多い電車の印象になっていると
日本人として嬉しいなと思いました。

いつもありがとうございます。
いろんな気づきをあたえていただけました。
三味線と格闘技には何か関係がある気がしてきました。
これからもいろいろと教えて下さい。

いつもありがとうございます。今日も頑張ります。
プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ