あなたはどう思いますか?



昔からお世話になっている方が
昇進することになりました。
地道に努力されている方の昇進は本当に嬉しいです。
全員の前で挨拶もされていましたが
本当に地に足の着いた静かな決意を感じました。




この方には新入社員の頃からお世話になっていました。

いろんな仕事でご一緒させていただいて、仕事だけでなく
人間的に沢山のことを学ばせていただきました。
まだ新人の何も出来ない私を馬鹿にすることなく、いつも

「お前はどう思う?」

と私に質問してくれました。これにはいつも驚いていました(汗)


kyokucho11.jpg

自分の意見なんて全く言わせてもらえない新人の時代に
私はどう思うのかをいつも聞いてくれた上に、真剣にその意見を受け入れて
どう取り入れていけるかを考えてくれました。

私の青い意見を聞くのが
耐えられなくなった別の先輩が
私の言葉を途中で遮ろうとするたびに、いつも

「ちょっと待て。こいつの話をきちんと最後まで聴こう」といって
 手で静止してくれて、私の話を最後まで聞いてくれました。


kyokucho10.jpg

私は毎回恐縮しながらも、自分の意見を先輩の前で
させていただくことができました。
大した意見は何も言えなかったのですが(汗)
意見を聞いてくれたことで、私のやる気や考える力、話す力は
相当伸ばしていただいた感じがして、今でも恩を感じています。


こんな方は珍しいです。
現場で、こんな優しい心遣い出来るかたは多くありません。
新人でなくても、私のようなベテランでさえ
年齢が私より上というだけで力で物事を押し付ける方も多いです。
そこには私の意見を聞くという姿勢など全くありません。


kyokucho9.jpg

私は覚悟を持って引き受けて頑張りますが
そういう仕事は、私のやろうとする方向など聞かれることなどありません。
なぜ私がその仕事を任されているのかもわからない位
強引にひいた方向に進むように、力で押されてしまいます(汗)


kyokucho8.jpg

仕事なので、どんな仕事でもきちんと我慢して最後までやります。
それは仕事を引き受ける時の覚悟です。
でも、こういう仕事は人を生かしている仕事とはまったく思えません。
私の意見、私より後輩の意見にとても仕事のヒントや宝があるのに
まったくそれらを封印しているもったいない状態です。

より年次の浅い人の意見に、小さな声に、耳を傾けるべきだと思っています。

力で人を働かせる人の時代は、私までで終わりにしたいと思っています。
これは何も生まず、人の心をないがしろにしているので
最終的にも心が通った仕事にはなりません。

そういえば。。
三味線の師匠はいつも稽古の時にまずこう言います。

「はい、弾いてみて。」


kyokucho5.jpg

まずは、私が良いと思う演奏を
自由に自分でやってみてという意味です。
どんな曲でも、オリジナルでもいいから今出来るベストな演奏を
聞かせてみてという気持ちで、まずは私の演奏をしっかり聞いてくれます。
途中で私が失敗していても、止めることなくじっくり聞いてくれます。

実はその私が自由に行う演奏の中には
勝手にいろんな名人の手を取り入れたり
無謀にも吉田兄弟や上妻宏光さんなどの
ハイレベルな手を入れたりしていますが
消化できずないままボロボロの演奏になっていますが(汗)
それも含めて師匠は、馬鹿にすることなく最後までしっかり聞いてくれます。

そのうえで、注意すべき点、変えるべきところ
自分の技にしていくにはどうするかなどを真剣に考えてくれます。


kyokucho4.jpg

師匠のアドバイスを聞いていると
浅はかな考えで、すぐに難易度の高い新しい技に飛びつく自分に反省し(汗)
そんな未熟な私に対して馬鹿にすることなく
真剣に私の演奏を聞いてくれる師匠の心の広さと温かさを
嬉しく思います。心から感謝です。

稽古中、私に何度も「ここの部分、どうしたい?」と
まずは私の意思を問いかけてくれたうえで
だったらその部分はこうしたら良くなるという答えを
一生懸命見つけ出してくれる師匠に
毎回頭が上がらない状態になっています。

今日はある小さなオープニングパーティーで
三味線を演奏させていただきました。
これがとても楽しかったのです。


kyokucho3.jpg

未熟ながらも少しその場の空気を感じながら変化させたり
ほんの少しだけアドリブを入れたり、演奏していてとても楽しかったのです。
お客さんも盛り上げてくれてとても励みになりました。
私がこんなことを出来るようになったのも、
いつもまず私の演奏に耳を傾けてくれた師匠のおかげだと思いました。

耳を傾けてくれるって偉大な行為です。
それだけで心を開くことができるようになります。
心を開くと吸収して、成長できるようになります。


kyokucho2.jpg

師匠や、この新人の頃にお世話になった方。
共通しているのは、未熟なものの意見をしっかり聞いてくれる方でした。
この方たちのおかげで、私は心を解放することができて
たくさんのものを吸収させていただくことができたんだと気づきました。

私も、もっと若手の意見に耳を傾けようと思いました。
そして真剣にその意見と取り組み合いたいと考えました。

そんなことを考えながら、昇進した方のスピーチを聴いていました。
あなたの昇進は、あなたの今までの功績がたたえられたものです。
後輩を大切にした、あなたの生きる姿勢がようやく形になったものです。


kyokucho7.jpg

昇進とても嬉しいです。私まで嬉しいです。
あなたのような方がどんどん上にいってください。
私もあなたに生かしていただいたおかげで今があります。
いつも耳を傾けてくれてありがとうございます。
感謝の気持ちと喜びを伝えたいのですが
言葉にしようとすると唐突すぎてうまく言えないものですね(汗)
今日も普通に挨拶をするのが精一杯でした。

kyokucho6.jpg

でも私は仕事で恩を返して行きます。
現場で全力で応援しながら仕事で返して行きたいと思います。
私のやれることは、相変わらず形の違ういろんな大変な仕事を
現場で、汗かいて徹夜して、フラフラになりながら頑張ります。

あなたがどんどん上にいってくれれば、そして
今までと変わらずいろんな後輩の意見に耳を傾けて聞いてくれれば
きっとこの会社も社会もよくなります。
私も後輩たちも生き生きと自分らしさを出せます。

「お前は、どう思う?」

言い続けて下さいね。私も現場で言い続けています。

「あなたはどう思いますか?」

本当に素晴らしい言葉ですね。私も受け継がせていただきます。
今日も仕事と三味線頑張ります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ