人生は、道草が大切です。




クリスマスイブ、クリスマスと出張になってしまいました(汗)
しかも、京都に出張です。

世間がクリスマスムードに浮かれても
私だけは「和文化を忘れるな」と誰かに言われているかのような出張です。




新幹線を降りてから、仕事場へ向かおうとしたのですが
電車の乗り換え3回、もしくはバスを2回乗り換えにやや不安を感じ
慣れない土地のため、つい京都駅からタクシーに乗ってしまいました(汗)

乗り込んだタクシーの運転手さんに行き先を告げると
運転手さんはすぐに理解して車を出発させました。


kyoto7.jpg

「お客さん、出張で来てはるんですか?」

突然の質問に驚きましたが、「はい、仕事で東京から来ました。」
と伝えて、1泊2日であまり時間に余裕のない仕事で
せっかくの京都なのにどこも見れず残念ですという話をさせていただきました。


kyoto-1.jpg

すると運転手さんがこうおっしゃいました。

「お客さん、お仕事の打ち合わせ何時からですか?16時30分? 
 全然大丈夫ですわ。私に任せて下さい。
 そこに行くまでに、いろんな物よう見れますので
 安心して下さい。右の建物見えますか?あれは西本願寺です。
 浄土本願寺派の本山ですわ。あの中にある飛雲閣はいいですよ。
 金閣、銀閣と並ぶ三閣の一つでですわ。あ、あれ見えます?壬生寺ですわ。
 律宗って知ってます?あそこはですね。すごい歴史があるんですわ。」

運転手さんは、次から次へと見える京都の景色を解説してくれました。


kyoto12.jpg

「お客さん、石庭好きなんですか?枯山水、ああ気が合いますね。
 ほな光明院の石庭は見はったん?見た。それは大したもんです。
 あそこはええ石庭です。龍安寺はまあ有名ですけど
 東福寺、光明院見られたんですね。この先いくと曼殊院あります。
 良尚法親王が移転しはったんですよ。
 「用の美」なんて言われますがよう見てもなかなか分かりませんわ。
 お客さんがそんなに好きなら横で解説してあげたいくらいですわ。
 紅葉の時期には本当に美しい枯れ山水庭園です。
 そこも行かれたんですか?よう行かれてはるんですね。
 お客さん和のものが好きなんですか?」


kyoto10.jpg

「はい、和文化大好きです。和楽器、特に三味線が大好きです(汗)」

そう答えると運転手さんがこう答えました。

「それはええことです。人生は、余裕と寄り道する心が重要ですわ。」

最初はよくわかりませんでしたが、運転手さんは何度もうなずき
もう一度私に言いました。

「人生はね、寄り道が重要なんですよ。本当ですよ。
 
お客さん、まだ16:30まで全然余裕あります。もしよろしかったら
 ここにね詩仙堂っていうところがあります。ぜひ見てったらよろしいですわ。
 仕事も大事。時間も大事。でもねせっかく来たんだったらね
 一つくらい寄り道したら面白いですよ。
  仕事の時間には全然間に合いますわ。ここはね、いいお庭が見られますわ。
 石川丈山が結んだ草案です。入り口の門が低いのにも意味がありましてね。
 頭を下げて入らな入れんのです。つまり一礼して入る気持ちから
 この趣を見ることが始るんです。」

気がついたら、タクシーを降りて庭に立っていました。


kyoto3.jpg

美しい残月軒と庭園、そしてそこにいたるまでの小路
そして老梅関の門すべてが美しく目と心を奪われました。

石川丈山という我が国の煎茶の開祖の心遣いが
理屈でなく、体で感じられました。
しばらく腰を下ろして、庭を見入ってしまいました。


kyoto4.jpg

見た目の美しさもさることながら
音までも美しく設計されていて
鳥のさえずり、虫の声、水の音、風の音が一つの曲のように呼応し合って
時々、それを引き締めるかのような間で喝をいれるように響いて入ってくる
ししおどしの乾きつつ湿気のある美しい音にしばらく聞き入り
思わず時間の経つのを忘れてしまいました。

素晴らしいです。詩仙堂。静かに感動してしまいました。

そろそろ閉館時間です。庭を一周して帰ることにしました。
来た道を引き返して、最初に入った門を出たところに。。


kyoto8.jpg

あのタクシーが止まっていました。
私をここまで運んで来てくれたタクシーです。
待っていてくれたようです。

「おおきに。」

といって出て行ったはずでしたが
どうも心配で待ってくれていたようです。驚きました。


kyoto9.jpg

運転手さんに近づくとこう言われました。

「道草どうでした?楽しめましたか?私もここで
 あなたがどう思ったかなと思って道草くってみましたわ(笑)」


嬉しかったです。でも恐縮しました。
私は詩仙堂がとても良かったこととお礼をお伝えしました。
さらに待っていていただいたことに驚いたことなど
正直に伝えました。知らずにゆっくり庭なんて見てしまってすいません(汗)

「良かったら打ち合わせ場所まで行きませんか?
 もうすぐそこですが、少しでもいろいろ庭について話しましょ。
 私の道草ですから、メーターはいいですから(汗)」


びっくりしました。感動しました。
いえいえ。そんな訳には行きません(汗)お金は払います。
でもとてもお話が聞きたいです。京都のタクシーって凄いです。
駅まで行く間、本当に知られていない素晴らしい庭、小さくても素敵な庭
そして歴史を知ると楽しめる庭について教えていただきました。

ありがとうございます。京都のタクシーは余裕がありますね
目的地に着くという目的を越えて、私に道草と、京都の歴史と
人生を教えてくれました。人生は道草ってすごいことを教えていただきました。
そして京都での仕事でもじっくりと腰を据えて
しかも余裕を持ってこなすことができました。
運転手さんありがとうございます。粋な計らいに感謝しています。


帰りの新幹線でも一人「道草って重要だな」と考えてしまいました。
私にとって三味線は道草か。仕事は道草か。。
ついついすべての答えを急いでしまうくせがありますが
もっと人生に余裕を持ちたいと思いました。

kyouto13.jpg

人生。道草。余裕。
そんなことを考えながら新幹線のシートに座った瞬間
私の耳にアナウンスが飛び込んできました。。

「間もなく博多行き新幹線出発します。
 閉まる扉にご注意ください!」


そろそろ出発だ。余裕です。ん。。。。。。。
え????博多行き??????????!!!!!!!!!!


kyoto11.jpg

驚いてあわてて飛び降りました(汗)
反対行きでした。九州行きに乗っていました。危ないところでした。
ものすごい道草をするところでした(汗)

飛び降りた瞬間に、新幹線の扉が閉まり
博多行き新幹線は出発しました。
危ないところでした(汗)。。。

人生に余裕を。人生に道草を。
京都のタクシーの運転手さんありがとうございます。
今日も三味線と仕事頑張ります。

コメントの投稿

非公開コメント

素敵な体験をされたんですね。羨ましいです。
京都のタクシー運転手さんの粋なこと!
そんな方に出会えた邦風さんは、日頃の行いが良いんですよ(^-^)旅先での出会いで、今後の人生を左右するような事っておきますよね。道草が大切、、忙しさで見失いそうな自分がこの先あったら、この言葉、あたしも思い出します。
それにしても京都!いいですよね。。壬生寺、見られたんですか?幕末志士(攘夷派も新撰組も)大好きなあたしにとって、壬生寺、ツボです!壬生狼(みぶろう)と呼ばれ、京都の人には恐れられ決して好かれていなかった新撰組の最初の根城ですものね!あ~いつか日帰りでも良いから見に行きたい!!

幕末志士も大好きって素敵です!

さとよしさん
読んでいただいてありがとうございます。

そうなんです。京都でタクシーって乗ったことがなかったのですが
タクシーもいいなと思いました。
とても素敵な運転手さんでした。

運転手さんの気遣いに感動しました。
余裕があって温かい方がいるもんですね。
京都への興味がますます湧いて
歴史のあるこの街がさらに好きになりました。
解説をしていただけるって理解を深めるのに重要ですね。
三味線にも取り入れて行こうと思いました。

東京でオリンピックが開催する頃
いろんな所から来るお客さんに、東京のタクシーの方が
こんな解説や心遣いをできたら素敵だなと思いました。
道草が大切っていう言葉、とても心に響きました。

壬生寺は前を通り過ぎながら
運転手さんが解説してくれたのを聞いたのみでした。
中には入れていません。ここで道草するのもよかったですね!
さとよしさんは幕末志士も大好きということを知って驚きました。
コメントを見てますます興味がわいてきました。
通りがかるだけではなく、壬生寺も入ってみれば良かったです(汗)

壬生狼と呼ばれていたんですか?
しかも新撰組の最初の根城なんですね。
新撰組の隊士のお墓や近藤勇の胸像もあるそうですね。
いまだにお花を手向けるファンの人が多いと
運転手さんもおっしゃっっていました。

次回はぜひ出張ではなく
自費で旅行でしっかり時間をとって行って見たくなりました。
教えていただきありがとうございます。
いつも読んでいただきありがとうございます。

今年もあとわずかですが
頑張ります。これからもよろしくおねがいします!

No title

邦風さん
お久しぶりです!
なかなか、コメントをかけずにすみませんでした。
私に「余裕」がなかったのでしょうか…。

京都での経験、とても素敵で貴重なものでいらっしゃったのですね。
これからの人生の宝になりそうですね。
わたしも、邦風さんのブログから、宝のおすそ分けを頂きました。

時に、ありがたいお節介というのがありますね。
今回のタクシーの運転手さん、まさにそれをしてくださった方ですね。
押しつけでもなく、心に響くお節介。
運転手さんの温かい心…。
多分、運転手さんが今まで経験されて、悟られたことを分けてくださったんですね。
タクシーの中の時間、とても濃密でいらっしゃったのでしょうね…、羨ましいです。
私も、こういうお節介な人になりたいです。

そうそう、京都のおばさんやおじさんたち(お店の)も、親切で気持ちいいお節介でいらっしゃいます。

私も京都が大好きです。
12月頭の京都が一番好きです。
キーンと冷えた空気と、紅葉終わりのあの景色。
お寺に入って、座っているだけで、本当に浄化される気がします。


あ、さとよしさんが書かれていた壬生寺!良いです。
新撰組(壬生狼)にはまった私も、何度も行っています。
何か、空気が違うんですよね…。少し寂しいような。多分、幕末にはまってしまったからでしょうね。
私は、壬生寺の壬生狂言をいつか見たいと思っています。
鎌倉時代から始まった、重要無形文化財です。

もう少し、歳をとったら、着物を着て、京都を歩きたいなと思います。
<和>のものを、探しに…。

ありがとうございます!

かずえさん

コメントありがとうございます。
つたないブログ読んでいただいて感謝しています。

京都での経験は私にとって貴重な体験になりました。
人生にはいろんな達人がいるなと思いました。
タクシーの運転手さんからは
人生に余裕を持つことの大切さを学びました。
そして京都の歴史を語れる知識や京都への愛情に
感服しました。素敵な町だとタクシーに乗って実感しました。

こういう運転手さんが普通にいる京都ってすごいなと思います。
東京も、東京の歴史を愛情を持って語れるようになったら
すごく魅力的な街になるなと思いました。

京都の12月本当に金とした空気で良いですよね!
紅葉の時季が良いことは間違いないのですが
人の少なくなった紅葉の終わりも
景色的には紅葉が残っていて、しかも人が少なくて
石庭を見ながら人生を考えることが出来たりして
とても奥深い時間だなと思えて素敵です。

さとよしさんが書かれていた壬生寺もやはり良いんですね!
新撰組(壬生狼)にはまられたんですね。何度も行っているなんて相当ですね。
壬生寺の壬生狂言私も見たくなりました。
歴史を知ると、景色の見え方が変わりますね。
ぜひ次回は時間を取ってゆっくり見てみたいと思います。

着物を着て、京都を歩く構想いいですね!
ゆっくりした動きに自然になるので、いつも感じられないことを
たくさん感じられそうです。素晴らしい構想です。
私もいつかやってみたいです。
いつもありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いつもありがとうございます。

非公開コメントをいただいた方へ

とんでもないです!読んでいただいただけで恐縮しております。

心の内で一人拍手とコメントを送り続けていただいたなんて嬉しいです。
私のブログは、当初
自分でも何のためにやっているかわかりませんでしたが
続けて行くうちに、自分が書いている原動力が
師匠や教室の方、それ以外にもあまりに出逢う方が素晴らしく
それを私の記憶だけにとどめるのがもったいなくてやっているということが
段々わかってきました。途中からはいろんな方の素晴らしさを
多くの方に紹介したいと思いながら
あまり詳細を書ききれないはがゆさにも悩みながら頑張っておりました。

まだまだ読んでいる方も少ないブログですが
いろんな方のご意見や出会いなど様々な展開になり
自分でも驚いています。

コメントいただいたことに感激しています。
いつも何かしらの深い部分を教えられた気がしているのは私の方です。
先日のお手紙も感動しました。これから私がやろうとしていることに
どれくらい大変なことと、それを乗りこえた時に待っていること
同時に教えていただいた感じがします。
今年はボランティアを頑張る予定です。いろいろ教えていただきたいのですが
まずは一人でもがきながら頑張ってみます。

いつも温かいアドバイスありがとうございます。
未熟な私に、いつも的確なアドバイスとご自身の経験を
惜しみなくいただけることが、何よりも私の力と原動力になっています。
これからも頑張ります。ご指導ご鞭撻のほどよろしくおねがいします。

本年もお世話になりました。来年もよろしくお願いします。邦風

プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ