新しい年になっても忘れません。

明けまして、おめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。

年末は、天気が良い日が多く
冬にしては昼間に少しだけ温かく感じられる時が多く
こんな時こそと思って
公園でひたすら三味線の練習していました。


正月2

練習に年末も年始もありません。
普段なかなか時間が取れず練習できなかった曲を
ここぞとばかり猛稽古してみました(汗)

力が入りすぎたのか
2の糸(真ん中の糸)が切れてしまいました。


正月1

本番じゃなくて良かったです(汗)
糸を交換しようと思ったところ、糸の替えがもうないことに気づきました。
あ。。。三味線屋さんってまだやっているのかな?

慌ててパソコンで調べましたが、もうどこのお店もお休みに入っていて
年始は6日から営業と書かれていました。


正月3

困りました(汗)6日から。。
この冬休み中に猛特訓するはずが、替えの糸が無いなんて。。
普段から持っている糸があと何本かチェックしておくべきでした。
何件か電話しましたが、どこも留守番電話で
もうお休みにはいっているようです。

駄目もとで近所の三味線屋さんに行ってみることにしました。

行ってみたところ、シャッターが降りていて
看板も店の中に入れられて、ガラスのドアも閉められていました。

正月4

やっぱりもうお休みに入られたようです。
もう遅いですよね(汗)糸が買えるのは、やっぱり年明けですよね?
仕方ありません。残念ですがあきらめます。
あきらめるしかないと思いながら、あきらめられず(汗)
少し空いているシャッターの下のところからお店をのぞきました。


正月5

誰かいないかな?もうお休みに入っているかな?
そう思ってのぞいたところ。。

いらっしゃいました。
いつもの三味線屋さんの店長さんでした。
シャッターの下から姿を現した私にびっくりしていました(汗)
私もまさか本当にいると思わず、思わず固まってしまいました(汗)


正月6

「ああ、あなたでしたか。どうぞ、お入りください。」

え!?本当ですか(汗)ありがとうございます。
でもお店はもうお休みですよね?大丈夫ですか?

「いいんですよ。今入りやすくしますからね。さあ、どうぞ。」


正月7

店内の電気は消されていて暗く
やはり年末の、完全にお休みに入ったお店に
無理矢理入れていただいたという感じがして、恐縮してしまいました。

「さあさあ、どうぞ入って下さい。ちょっと暗くて散らかっていて
 すいませんね。どうぞどうぞ。今日はどうされましたか?」

こんな年末に三味線屋さんにきて
とても大変なことがあったかのように思われたかもしれません。
でも私が来たのは、実は糸の替えが欲しくて来たので
なんだか急に申し訳ない気持ちになってきました。

「あの、こんな年末にすいません。2の糸の替えがなくなってしまって。。
 もっと前に来ていれば良かったんですが、気がついたのがさっきで。
 なんだかお休みに入ってるのに、ごめんなさい(汗)」

そういうと三味線屋さんが、私の顔を見ながらこう言いました。


正月10

「2の糸ですね。絹で良いですか?三味線はね、糸が3本しかないんです。
 その1本がなければ弾けないですからね。1本ないのは大変なことです。
 糸がなくて困る気持ちは私は誰よりもよくわかります。
 今出しますからね。太さも本数もしかっり選んで行ってください。」


驚きました。こんな年末に飛び込み出来た上に
三味線屋さんで売っている物の中で、もっとも安い「糸」を
買いに来た私に嫌な顔ひとつ見せず、こう言ってくれたのです。
感動しました。ありがたいと心から思いました。

糸を選んでいる間、三味線屋さんが電気をつけてくれたり
レジのカバーを外し、閉まっていた陳列ケースのカギを回し
いつものお店の状態を再開してくれました。
きっとレジも締めていたはずなのに、ありがとうございます。
その気配を感じて、奥さまもお店のほうに現れました。


正月9

年末に申し訳ないです、と奥様にもお伝えすると
いいんです、三味線のことで困ったらいつでも来て下さいねと
笑顔で話してくれました。ありがとうございます。
これからはあまりご迷惑おかけしないように、普段から早めに
道具のチェックをするようにします(汗)

糸を選び終わって、お代を払おうと思った時にふと
以前に修理していただいた「駒」のことを思い出しました。
修理していただいて、お代を支払おうとした時に
「お代はいいですから。どうぞ使ってみてください」
と言っていただいたのです。その後、駒の調子はとても良いので
そのお礼もお伝えし、そして改めてそのお代を払います
という話をしてみました。


正月8

「そうですか!調子はいいですか。良かったです。
 何よりです。嬉しいです。あの駒、ぜひ長く使ってあげてください。」

ありがとうございます。使わせていただきます。調子とても良いです。
ですので、あの時の修理のお代を。。


正月12

「いえいえ、修理のお代はけっこうです。糸代だけで大丈夫です。
 どうぞあの駒ね長く使ってやって下さい。それが一番嬉しいですから。
 あの駒で練習頑張ってくださいね。お代はいりませんから。」

お代はいりません。長く使ってやって下さい。それが一番嬉しい。。
了解しました。私が野暮でした(汗)

素晴らしい三味線屋さんです。三味線の道具への愛情も感じました。
ありがとうございます。お気持ち嬉しく思います。
大切に使わせていただきます。糸代だけは払わせていただきます。
こんな年末に糸代だけですいません。
でもこの糸も大切に弾かせていただきます。

本当にありがとうございました。
私がお辞儀をすると、さらに丁寧なお辞儀をご夫婦がされていて
また恐縮してしまいました。

正月13

今年もたくさんのことを教えていただきました。
三味線の心、働く心、今年もこの三味線屋さんから
いろんなことを教えていただきました。本当に頭が下がります。

年末に訪れた三味線屋さんでまた教えられた気がします。
ありがとうございました。糸一本にも心をこめて接する心
駒一つにも愛情を持って修理する心、素晴らしい心を教えていただきました。
私も見習って行きたいと思います。


正月14

旧年中はお世話になりました。
どうぞ、今年もますますよい一年でありますように。


正月15

今年もよろしくお願いします。心からそう思いました。

今日から2014年です。
新しい気持ちになることは簡単ですが
2013年で教えられたこと、学んだ心を大切に自分の中で育てて
生かしていかなくてはと思いました。

いろんな方から学ばせていただきながら
今年も仕事と三味線を頑張りたいと思います。

みなさま、今年もどうぞよろしくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

頑張ってください!

竹の音さま

あけましておめでとうございます。

いつも温かいコメントありがとうございます。
明日頑張って下さい。
心から応援しております。

私も朝から練習に励んでいます。
今年もお互い頑張って行きましょう。
本年もよろしくお願いします。

邦風

明けまして

おめでとうございます。

今年も邦風さんのブログを励みに
私も頑張ります!

今年もよろしくお願いします!

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

いつもコメントしていただきありがとうございます。
今年もいろいろなことが起こりそうですが
楽しんで行きたいと思います。

一緒に三味線道、楽しみながら頑張って行きましょうね。
今年もよろしくお願いします!邦風

絃!わかります、わかります。いつもストックを持っていると油断して、代えようとしたとき「え!?もうなかったっけ?」ってなったりしますよね。三の絃はしょっちゅう切れるのでかなりの数のストックがありますが、一と二は三ほど買わないので、焦ります(´Д`)
あたしも先日の発表会の下浚い前日に、二の絃が無いことに気づいて焦りました。本当は下浚い前には新しいのに代えておいてねって師匠から言われてたのに。。気が付いたのは20時過ぎでお三味線屋さんはクローズ後。。仕方ないので下浚いはそのままの絃で出て、リハ後にお三味線屋さんに走りました(^0^;)あれは焦りました、ホントに。。
それからお三味線屋さんって、深い付き合いになりますよね。親身にいろいろ教えてくれるので凄く嬉しいです。夏や冬の時期には、ちょっとした差し入れをもってお喋りしに行っちゃいます(^-^)

さとよしさん、そうなんです!

さとよしさん、コメントありがとうございます。

そうなんです!
私も3の糸は沢山持っていないと不安で時々チェックしては買い足していますが
1と2の糸はついつい確認忘れてしまいますよね(汗)
本番が近づいてくるとついつい練習時間も増えて
いつもより糸の消耗も激しくて、気がつくと替えがないということに気づいて
ドキッとしたりします(汗)

さとよしさんも
先日の発表会の下浚い前日に二の絃が無いことに気づいたんですね!
下浚い前には新しいのに代えておいてねって師匠から言われとなると
気が気ではなかったでしょうね(汗)
もっと三味線が普及して絃も、コンビニなどで売ってくれるようになったら
と私も今回本気で思ってしまいました。

リハ後にお三味線屋さんに走られたんですね。
糸一本でも本当に気が気ではない状態になりますよね。
本当に焦ります。これからは日頃から
道具のチェックを怠らないようにしようと思いました。

こういう困った経験からも
三味線屋さんとは深い付き合いになります。
やはり三味線屋さんの三味線の知識、経験からくる勘など
本当に勉強になります。
夏や冬の時期には、ちょっとした差し入れをもって行かれるんですね!
素敵です!良い関係ですね。

私も困った時に駆け込んでばかりなので
さとよしさんを見習おうと思いました。

いつもありがとうございます。これからもよrそいくおねがいします。邦風

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

素晴らしいです!

竹の音さま

おつかれさまでした。
今回トライされたことはすごいことです!
素晴らしいです!

大事な演奏になればなるほど
ガチガチになるのは仕方ありません。
私なんて本当にひどいものですよ(汗)

私も毎回、本番になると手が鉄のように固く重くなってびっくりします。
手がつれてしまって、何一つ練習通り弾けず悔しい思いをします。
期待された演奏だと、自分のできなさにがっかりして
終わった後、情けない思いになりながら三味線をたたみます。
大切な方の前の演奏だけに、悔しい気持ちよくわかります。

私が言っても説得力はありませんが
きっとその経験をされたことで
されていないかたよりすごい経験を積んだことになります。

ガチガチになった状態、体がいうことを聞かない状態での演奏は
本当に悔しいので、どうしたら力が抜けるか
どんなことを考えれば体が解放されるかなど
考えるきっかけになります。

参考になるかどうかはわかりませんが
私は失敗した演奏も、録音して後で聞き直すようにします。
これけっこうつらいのですが重要なようです。

想像以上にひどいところもあれば、
予想通りにひどいところもあり、でも少しだけ
あれ?ここ思ったよりちゃんと聞こえている!と
思うところもあって自分で驚きます。
どんな時の演奏でも、少しだけ
うまく成長している部分があるはずなんです。
本場中は失敗ばかりが耳や記憶に残るようです。
きっと今回の竹の音さんの演奏にもあったはずだと思っています。
どうか自分がうまくいった部分も
自分で思い出して、その部分は褒めてあげてくださいね。

なによりも
今回の場から緊張しながらも逃げなかったことは
自分の勲章になります。大丈夫です。

次回もっと大変な場面に出た時に
きっと今回の経験が役に立ちます。
お互いたくさんの緊張する場面を味わって
三味線をうまくなっていきましょう!

ひとまず今日はゆっくり休んでくださいね。
おつかれさまでした。

*いつかもっと緊張する場面にいっしょに二人で立ちたいですね!
 その時に向けて私もたくさん失敗して恥をかくようにします!
プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ