ただ「待つ」ということ。

ある方と、待ち合わせしました。

打ち合わせをしようという話になったのですが
なかなか現れず、少しドキドキしてきました(汗)


人を待つ1

待ち合わせは、いつも少しドキドキします。
この場所であっているのか、間違っているのか
本当に会えるのか、来てくれるのか、だんだん心配になります。

そういえば、先日のプレゼンも
待ち合わせ時間の直前になっても
なかなか仕事仲間が姿を見せず全員でドキドキしました(汗)


人を待つ01


「ちゃんと来るよね?大丈夫だよね?」
と聞かれましたが、正直なところ分かりません(汗)

「大丈夫ですよ。きっともうすぐ来ますよ(笑)」
と言ってみたものの、まったく確証はありません。
言ってしまった分、段々心配になってきました(汗)


人を待つ6

電車が遅れているのかな?
渋滞かな?道に迷っているのかな?時間を勘違いしているのかな。。
それとも何か病気とか、事故とか。。(汗)

でも、こんなことは推測です。信じるしかありません。
きっと来るはずです。大丈夫です。信じるのみです。


人を待つ4

腹をくくったとき、遅れて仕事仲間がやってきました。
ほっとしました。信じて良かったです。ホッとしました。

待つということは、勇気と信じる力がいりますね。
ついソワソワしてしまいそうになります。

そういえば。。
三味線の大会でも、本番より緊張するのは
舞台袖で待っている時間です。


人を待つ02

音も出せず、ただ自分の番を待つのみの時間です。
ひたすら自分の演奏が上手く行くことを願いながら、ただ待つ時間です。
上手い人の音が、自分の手前に聞こえてくると
否応無しに緊張感がどんどん増してきてしまいます(汗)


ただ待つだけの時間なのに、心の中で激しく葛藤してしまい
舞台に出る頃には、緊張でガチガチになってしまっていたりします。

人を待つ03

「ただ何も考えず待つ」ということができるようにならなくてはと思います。
待つ時間というのは、自分の心の弱さや不安の多さが
すべて出てしまう感じがします。

時々、後輩にお願いした仕事を待つのも
自分でやるよりも任せて待つことにとても勇気がいります。
でも待った結果自分の予想もしなかったアイデアが出ると
本当に嬉しくて待って良かったと思ったりましす。

人を待つ5

やはり待つことは重要です。待つことにします。今日の待ち合わせ。
無心で待つ。ひたすら待つ。心配しない。推測しない。信じる。


人を待つ2

全然来ません(汗)やっぱりだんだん心配になってきました。
どうしたのかな。電車遅延かな?渋滞かな?もしかして。。。
電話してみようかな。いや、焦らせてしまうかな。大丈夫かな。。

あ!!!
来たーーーーーーーーーーーーー!!!!良かった。。。


人を待つ3

やっと姿が見えました。良かったです。
嬉しくなりました。やはり不安だったようです(汗)
まだまだ心に弱さがあるようです。
「待つ」ということをしっかりできるようになるには
強い精神力が必要なようです。

動じず待つことができるようにできれば
三味線の大会でも、もう少し自分らしい演奏ができる気がします。
演奏でも、しっかりと演奏の間を待てる自分にしていきたいと思います。

今日も三味線と仕事頑張ります。






コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ