ご近所のおばあちゃん、ありがとうございます。



自宅で練習していると
どうしても三味線の音が外に響いてしまいます。
長時間、自宅で練習した日は、
「近所のみなさん、すいません。。」という気持ちでいっぱいです。

ただ、そんな中、
いつも私の家の前を、犬の散歩をしながら通るお婆ちゃんがいて
私と家の前でばったりでくわすことがあります。
このお婆ちゃんがいつも
かなり音が良くなったじゃないの!すごいすごい!
と三味線の練習について、励ましてくれるのです。

始めたばかりの頃から
三味線の音がしてたねえ。いいねえ、三味線の音って。
と言ってくれ、ことあるごとに
テンポがよくなってきたねえ。
間がよくなってきたねえ。
曲になってきたねえ。
スピードが出てきたねえ。

など三味線についてコメントしてくれたのです。
どうも三味線の音色についてよく知っている感じがしていました。

人前でまともに演奏したことがなかった頃は、
この言葉がどれだけ心の拠り所になったかわかりません。
以前すれ違った時に

最近は天才的ね!(笑)最初の頃は、かなりひどかったねえ(笑)

と言っていただきました。もちろんお世辞です。
天才でないことは、自分もお婆ちゃんも十二分に知っています。
むしろひどい音の時も、聴いてそのことを言わないようにしてくれていたんだと思いました。
いつも聴いていてくれること、上達を喜んでくれること、
私にとってはとても嬉しいことでした。

最近、仕事が忙しく、練習も短い時間で切り上げることが多かったためか
最近、三味線の音が聞こえないわよ。寂しいわよ。やめちゃだめよ。
と笑顔で言ってくれました。やめません。お婆ちゃんのためにも、自分のためにも。

いま考えてみると、
このお婆ちゃんは、私にとっての三味線のよき聞き手であり、
もう一人の先生なのかもしれません

ちょっとづつ良くなっている部分を聞き分け、いつも褒めてくれていた気がします。
この方なしでは、続けてやって来れなかったように思います。
きっと、ネットもブログもお婆ちゃんは見ることないと思いますが、
お婆ちゃん、いつもありがとう。
私の演奏が素晴らしくなるまでまだ時間がかかるので、
ずっと長生きして待っていてください。
まだまだ練習頑張ります。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ