親指は、もうすでに死んでいる。



昨日はプレゼンを終えた後に
クライアントの方から「良かったよ」という親指をたてた
合図をいただくことが出来ました。
親指ひとつでも相手の気持ちが伝わってきて、とても嬉しかったです。


親指01

仲間と夜、近くの店で軽く乾杯をしました。
最近、三味線における「ドラえもんの手」を意識するようになってから
人の手の動きが気になって仕方ありません(汗)
ふと、先ほどのクライアントの親指を思い出しました。
親指ってすごい存在なのかもしれません。
思わず、ジョッキを持つ親指に目がいきました。

親指08

実は、ある三味線の上手な方から
私の演奏について治すべきポイントを指摘していただいたのです。
それは左手の親指の動かし方についての指摘でした。


「あなたの演奏の仕方にはすでに弱点があります。左手の親指が死んでいます。」

親指02

こう言われました。演奏の弱点?左手の親指が死んでいる??
指摘に驚きました(汗)

言葉の意味が分からず、恥ずかしながら教えていただきました(汗)
親指をうまく活かしきれていないということのようです。
それどころか親指が無駄な動きをしているため親指の活躍を
殺してしまっているとのことです。

親指04

親指の本来の動き。活躍。親指を活かす。
親指を活かすという方法があるそうです。
本来ぐっと棹を握り込む形を親指がとることで
しっかりした生きた音を出すことができるのに
私の場合はそれが出来ていないため
音を殺してしまって弱くしているんだそうです。


親指07

分かりやすくするために親指に顔を描いてみました(汗)
私の顔を描いた親指で、三味線を演奏してみると
少し私の指の動きがわかりやすくなるかもしれません。
こんな動きになります(汗)


親指05

落ち着きが無い人のように、顔がかなりはげしく動くのです(汗)
しかもかなり機敏に忙しそうに動くのですが、無駄な動きが多い感じです。
仕事をしている自分を見ているようでした(汗)
親指です。すべてのポイントは親指の使い方かもしれません。

親指09

ぐっと棹を握り込むように親指を絞り込むことに集中させていけば
掌も派手に外側に開きにくくなる感じがしてきました。
すでに死んでいた左手を活かして行く方法が見えて来たかもしれません!
私の左手はすでに死んでいたかもしれませんが、活かしていくのも私次第です。

親指03

乾杯は早々に切り上げて、帰って練習することにしました。
思い立ったら即、実行です。アータタタタタタターーーーッ!!
三味線は格闘技です。武道です。そしてすべてのコツは
ちょっとした体の使い方にあるのかもしれません。

親指06

真剣勝負しました。すると。。
練習の中で、音の変化が分かってきました!
親指を活かすことで、音圧、音力、音色変わることが分かってきました。
もしかしたら。。これが「ドラえもんの手」にもつながるコツかもしれません。
親指の握り方。親指の角度と力の入れ方。
これを極めると、他の4本の指の力の入り方も変わる気がします。

もう少し研究して活かします。親指を。左手を。
今日も仕事と三味線頑張ります!


コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございます!

非公開コメントをいただいた方へ

早速読んでいただき、ありがとうございます♪

この「親指を活かす」弾き方とても重要だそうです。
直接糸を押えることのない親指を、どう使うかで
残りの4本の「指の圧力」が変わってくるそうです。

私の親指はひょこひょこ動くので
三味線を握る力と、糸を押える力が分散されてしまうようです。
この指摘は目から鱗が落ちる思いだったので
ブログに書かせていただきましたが。。

なかなか親指が、「落ち着きをもった動き」にすぐはなりませんね(汗)
重要なところなので、焦らずじっくり取り組みたいと思います。
いつもありがとうございます。
これからも仕事と三味線頑張ります! 

邦風


プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ