弟子をとるということ。



暖かかった日に、公園で三味線を練習していると
通りがかりの方から声をかけられました。

「三味線、大したもんだね。あんた、お弟子さんとかいるの?」


おかも2

弟子?? 私が??
とんでもないです。私の演奏はまだまだです。
人に教えるなんて、めっそうもない話です(汗)

特に悩んでいるのは音色の出し方です。

大きな音は出るのですが、指の揺すり方が良くないのか
津軽三味線特有のあの粘っこい音になっていないのです(汗)

おかも1

まるで納豆が糸をひくような、あの粘っこい音を出したいのです。
弟子をとるなんてまだまだ、とんでもありません(汗)

会社では。。何人かの後輩を1から育てました。
いつの間にかみんな優秀になって、仕事が忙しそうです。
その弟子の一人が、来月から新天地で頑張ることになりました。


おかも8

感慨深いです。頑張って行って来て下さいね。

今の力があればどこへ行っても大丈夫です。活躍出来ます。
右も左もわからなかった新人の頃とは違って
今のあなたならきちんとした仕事ができると思います。


おかも11

思い出します。

いろんな仕事を朝まで一緒に頑張りました。
一緒に悩んだり、飲みに行ったり、笑ったり
お互いの人生の話をしたりしながら
最初は自分が教えるつもりだったのにいつの間にか
忘れていたいろんなことを教えてもらったりしました。


おかも7

私は、仕事について語りながら
人の気持ちや、自分の周りの人を大切にすることなど
一生懸命語っていた気がします。
それらが大切ということを、仕事の中で体現できれば良かったのですが
気持ちが空回りしてうまく行かない時が多く
悲惨な私の姿をたくさん見せていたように思います(汗)


おかも6

お恥ずかしい限りです。

それでも、私のそんな悲惨な状況や姿からも
人として大事にすべきものを見抜き、そこから
自分流の「人の心を大切に仕事をする」やり方を
見つけ出してくれたように思います。
素晴らしい後輩です。頭が下がります。

おかも5

あなたは大丈夫ですよ。素晴らしい後輩でした。


いつも、人の気持ちを大切に仕事をしています。
そして新人の時から変わらず、今も優しい心を持ち続けています。
あなたは愚直なまでに、一生懸命頑張ります。
どんな場面も逃げずに立ち向かいます。
そして人の気持ちを大切にこれからもやっていく心を持っています。
振り向かずに新しい場所へ向かって下さい。

旅立っていく、新人の時のような、少し不安そうな背中を見送りました。


おかも4

あなたは私の弟子で、私は僭越ながらあなたの師匠です。
負けないで下さいね。あきらめないでくださいね。


新たな道は、大変なこともあるでしょう。
これから、つらい時もあるでしょう。
驚くほど高い壁が立ちはだかることもあるでしょう。
私の教えたことでは足りない、厳しい場面もあるでしょう。
悔しい思いもいっぱいするでしょう。
たくさんの恥もかくでしょう。でも泣かないで下さいね。


おかも3

いつも笑って乗り切りましょう。
新しい場所では、たくさんの人たちの声を感じて
励まして笑いながら元気づけてあげて下さい。


もう一度言いますね。
あなたは私の素晴らしい弟子で、私は頼りないですが、あなたの師匠です。
一人ではありません。私がついています。


場所は離れても、心が離れることはありません。
いつでも助けに行きます。笑顔で頑張って下さい。


今日はどうしたんでしょうか。

なんだか花粉がひどいようです(汗)
眼鏡があって良かったです。
目も鼻もひどくグズグスしてしまいます。
春ですね。もうすぐ桜も咲きます。

もしかしたら!今弾けば。。
なんだかいつもより粘っこい音も出そうな感じがします。

今日も仕事と三味線頑張ります。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ