運転手になることにします。



先日、思い立って、父と母に
東京に遊びに来ませんか?と言ってみました。
そして、新幹線のチケットを2枚送ってみました。

少し親孝行がしてみたくなったのです。


しかつの1

年老いた親を慣れない東京まで呼ぶのも勇気がいりました。
体の具合も完璧ではないので、きっと
来れないんじゃないかと思っていました。でも。。驚きました。
その息子の勇気に応えたいと考えたのか、一念発起して
二人で東京に来てくれることになりました。

東京での再会は実に10年ぶりになります。

嬉しかったです。来るの大変だったでしょう。
勇気がいったはずです。荷物を持ちます。感謝です。

しかつの10

髪も白くなり皺も増え少し痩せた感じがしました。
体調について聞きましたがはっきりしたことは聞けませんでした。
来てくれたことで胸が一杯です。それ以上は何も聞きません。
ぜひ美しい東京の桜を見て下さい。と思ったものの。。
桜はまだどこにも咲いていませんでした(汗)

早速、親孝行失敗です。仕方ありません。
一緒に飲んで語り合うことにしました。


しかつの2

久しぶりに沢山の話をしてみました。
昔は寡黙で頑固だった父から、いろんな話がどんどん出てきます。
人生の先輩の話として真剣に聞くことが出来、話に花が咲きました。
なぜか話の流れで、急に父の前で三味線を弾くことにしました(汗)


しかつの3

桜を見せてあげられなくて申し訳ない思いを込めて
「さくら」「りんご節」「黒田節」「じょんから節」
など数曲心を込めて弾きました。しかし。。
演奏はまだまだ三部咲きくらいな感じでした(汗)。でも。
父の顔が明るくなり満開の花のような表情になりました。


しかつの4

「三味線いいもんだな。 頑張れ。 俺は尺八を途中であきらめた男だ。
 でもお前は頑張れ。いい演奏出来るまで頑張れよ。」


笑顔でそう言ってくれました。こんな演奏で喜んでもらえてよかったですが
親孝行にはほど遠い演奏でした(汗)
そうだ!明日どこか行きましょう!と提案してみました。


しかつの5

東京は桜だけではありません。
いろんな見所がたくさんあります。どこでも連れて行きます。
免許も持ってるので、どこか行きたいところ言って下さい。

すると。。ずいぶん間があった後で、母が小さな声でこう言いました。

「出来れば。。一度だけでも。日暮里に行ってみたい。」


にっぽり?なぜ日暮里なんでしょうか。
東京タワー、スカイツリー、レインボーブリッジではなく日暮里?
わからないまま翌日、久しぶりに車を運転することにしました。


しかつの6

戸惑いながら日暮里に向かって景色を見て分かりました。
布屋さん? 布の道? 布の街? 日暮里?? 
布を扱うお店が左右にずらっと立ち並んでいたのです。

そう言えば。。母は洋裁一筋に生きて来た人でした。
針と糸だけで勝負して来た人でした。
「洋裁のブームが去り、地元で布屋さんがどんどん減ってしまった」
と以前に嘆いてたことをふと思い出しました。

しかつの8

日暮里の布屋さんが立ち並ぶ姿や、お客さんが入っている姿を見て
布の力や、洋裁の活気を感じたかったんだと思いました。
母が少女のように喜びはじめました。

「うれしい、うれしい。東京にはまだ布を大事にしている
 お店がこんなにある。布の活気のある街がある。うれしい。」


と言って私が見たことのない少女のような嬉しそうな笑顔で
拍手しながら喜んでいました。そんなに嬉しいんですか。。
だんだん分かってきました。
きっと私で言うと。。三味線屋さんがたくさんある街に
連れて来てもらったような感じでしょうか。

しかつの9

道の両端に布屋さんが何件もひしめきあっている景色を
東京の中で見れて本当に嬉しそうでした。
あまりに喜ぶ母を見て私は嬉しくなりました。
出来る限りゆっくりと車を走らせることにしました。

でも何よりも、その横で。。父が驚くほど優しい少年の笑顔で
喜ぶ母の笑顔を見ていました。
二人がとても嬉しそうでまるで新婚カップルのようでした(汗)

洋裁を心から好きな母。そしてその母を好きな父。
私は両親のデートに立ち会っているような
なんだか気恥ずかしいような(汗)感覚に襲われました。
桜も見せられず、演奏もままならい親孝行でしたが
日暮里に来ることがこんなに親孝行になるなんて。
この時間を長くゆっくり感じさせてあげたいと思いました。

私は決めました。今日は運転手に徹してみます。

私の存在を消していたいと思います。
私は東京を案内する運転手です。東京駅につくまで、東京の最高の景色を
次々にさり気なくお見せしたいと思います。
今日は息子でも、サラリーマンでも、三味線弾きでもありません。
お客さま、快適な東京の旅をお楽しみください。

親孝行にはいろんな形があるんですね。
今日も仕事と運転手と三味線と頑張ります。



---------------------竹の音さま------------------------------------------

いつも励ましのコメントありがとうございます。嬉しいです。
脇役も主役も全部出来るよう頑張って行きたいと思います。
自己の主張を抑えることは本当に難しいです。
ついつい自分を主張したい自分が現れて来てしまうので
まだまだ子供だなと自分を反省する毎日です(汗)
脇役も完璧にこなせる自分でいたいと思います。
いつも読んでいただいて感謝しております!。邦風

---------------------懐かし琴の君さま---------------------------------------

温かいコメントありがとうございます。
イラスト頑張って増やして描いてみています。
昔ほど直球で言葉投げられない気持ち私も同じです。いろいろ気遣いますよね。
大人になり、人の気持ちがわかり、周囲のことに
気を遣うことができるようになったからだと思います。
素晴らしいことだと思います。気を遣いながら
でも自分の気持ちもぶつけながらお互い頑張っていきたいですね。邦風



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ありがとうございます!

コメントありがとうございます!

はい、こんな両親だったんだと大人になって
はじめて客観的に知ることが出来ました。

いただいたコメントを読んで嬉しい気持ちになりました。
ありがとうございます。感謝です。


プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ