カラオケボックスは、恐怖です。



夜中に三味線を練習したい時
最近たまにカラオケボックスを利用するようになりました。
とても音の響きもいい上に、近所のことを気にしなくてもいいから
気持ちよく練習することができます。

一人で部屋に入って、三味線を組み立て練習をします。
隣の部屋からも、激しい音量でカラオケが聞こえてくるので
負けないように三味線の音を強く出して演奏します。
ただ、隣の曲が急に終わったとき、
もしくはバラードになった時、
三味線の音が隣に響きだして
隣の部屋が急にざわざわしだす
のです。

トイレに行く振りをしながら中を見ていく人。。
3、4人が扉の外に来たりもします。
こっちをのぞいている逆光のシルエットが見えたりします。
「どこだ?」「本当に聞こえたんだよ!」
という会話が聞こえるようなときには
こちらは何も悪くないはずなのに、なぜか息を止めて行き過ぎるのを待ちます。
最初から照明を暗くして
しかも部屋の死角にあたる位置に身を潜めて
相手がいなくなるのをじっと待ちます。

そしていなくなって、また隣から大音量が流れ出したら
一気に練習開始です。隣のカラオケが終わる前に、こちらも弾ききるために
スピードも自然にあがります。これがいつものカラオケボックスでの練習風景です。

よく考えてみると、
のぞきこまれる私もいつも怖いのですが
のぞきこんだのに誰も見えなくて、しばらくすると
また隣から何度も聞こえてくる三味線の音を感じる方達も不安かもしれません(笑)

カラオケボックスは、楽器専用の階などができてくれると
この不安から解消されるのに。。と思う今日この頃です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ