控え室で感じたこと




会社で編成変えがあり、私の席が移動になりました。
朝からドタバタとお引っ越しです(汗)
朝から汗だくです。キャスターのついた椅子に荷物を載せて
ゴロゴロ音を立てながら必死に移動します。


段差8

「大丈夫ですか?手伝いますよ。」

と会社の女性が言ってくださいました。
優しいお心遣いありがとうございます。
でもゴロゴロと押しているだけなので大丈夫ですよ。


段差6

「その先に段差がありますから、一緒に押さえた方が安全です」

え?段差ですか?たしかに床をよく見ると
少し行った先のところに、わずか1センチほどの
小さな段差が見えました。
あれくらいきっと大丈夫です。ありがとうございます。
お気持ちだけ…と言おうとしたところ。。


段差5

「こっちに行こうと思っていたのでご一緒します」

と言ってくださり、すでに段ボールを押さえて
進み始めてくれていました(汗)
心の優しい方です。ありがとうございます。お忙しいところ恐縮です。
ゴロゴロと進んで行くと、その「段差」にさしかかりました。


段差4

乗りこえる瞬間、たしかに荷物が「グラッ!」としました(汗)
押さえていただいて助かりました。たしかに1センチでも
あなどれないものですね(汗)おっしゃる通りでした。
その女性の心遣いとアドバイスに感謝の気持ちをお伝えしました。

段差と言えば。。先日の老人ホームのボランティア演奏で。。


段差3

本番前に、控え室で三味線の準備をしていたところ
会場となる大きい部屋に、沢山の方達が向かって下さっているところを
見かけました。何人もの方が、ご自分の部屋を出て会場に向かわれていました。
施設の方に連れ添っていただきながら向かっている方もいました。
杖の方や車いすの方など、足の具合の悪い方も多くいらっしゃるようです。
小さな段差を気をつけながらゆっくりと慎重に
私が演奏させていただく会場に向かって下さっていました。


段差7

どんな思いで会場に向かってくださっているんだろう。

そんなことを思いました。
同じ建物内の会場ですが、その会場に向かうということが
とても気力と体力を必要とすることだということに気づきました。

私のつたない演奏を聴くために、自分の部屋から出て
ゆっくりと慎重に一歩一歩会場に向かうその姿を見ていたら
思わず胸が熱くなってしまいました。

中には会場に向かうことが、相当大変そうな方もいらっしゃいます。
よく部屋から出ていただいて、ここまで来てくださいました。
どうぞ段差に気をつけて下さいね。本当にありがとうございます。
ご期待に応えられるように頑張らなくては。そう思いました。

会場に沢山の方が集まっていただけたのを見て
あまりお待たせしないように、三味線を構えて登場していきました。
みなさん、黄色いはっぴの邦風です。
こんなに集まって下さってありがとうございます
と言いかけた瞬間に。。


段差1

笑顔で迎えて下さるみなさんの姿を見たら、さらに胸が熱くなりました。
集まっていただくということが、どれくらい大変で
どれくらいありがたいことか私の心にしみたのです。
私のことを覚えていてくれて、楽しみに集まられた方もいるようです。
私の心にスイッチが入りました。みなさんの温かいお気持ちに答えるためにも
今日は、いつも以上に自分の限界まで頑張ります。心を込めて演奏します。
気持ちが燃えてきました。熱い気持ちで演奏させていただきました。
そして自作の「お話ブック」も見ていただきながら、真剣に語りかけました。

真剣勝負です。全力疾走です。空振り覚悟のフルスイングです。

もがきながら、汗かきながら、沢山失敗しながら
それでも必死に頑張っている一人の男の姿を、人生の先輩がたに
1時間見ていただきました。これが全力の私です。
長時間、見ていただいてありがとうございました。

段差2

会場を見渡すと。。
涙を流してくれる方、温かい言葉をかけてくれる方
別れを惜しんで下さる方、最後まで拍手をしてくださる方が
何人もいらっしゃいました。。感激しました。

こんなすべてがまだまだ未完成な私で申し訳ありません(汗)
でも何かが伝わったようで嬉しいです。ありがとうございます。
まだまだ改良や進化させなくてはいけないと思いましたが
これが集まっていただいた皆さんに対する
現時点で出来る私の精一杯のお返しです。

返しきれていない部分は、さらに修行を積んできますので
お待ちください。また必ず来させていただきますので
みなさん、お元気で待っていて下さいね。
また必ずお会いしましょう。また無様な私を見てやって下さい。
今日は本当にありがとうございました。
そう言ってその場を去りました。

温かい言葉や拍手をいただきながら、会場を去ることが出来ました。
一生懸命歩いて会場に来て下っている姿が忘れられません。
もっともっと上手くならなければ、集まっていただく方のためにも
さらに楽しんでいただけるようにしなければと思いました。

練習することと考えることをやめないようにしたいと思います。
今日も三味線と仕事頑張ります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ