ぜったいに怒らないということ。



ある三味線の会に参加した時に
ものすごく激しく、生徒さんに怒る、別の教室の先生を見かけました。
普段から、とても厳しい指導をするかたのようです。


おこる6

私だったら、怒られることにドキドキしてしまい
あまり演奏に集中出来なくなりそうです(汗)
先生によって、教室によって、いろんな教え方があるものですね(汗)
怒られると人は、どうしても萎縮してしまいます。

私は仕事で後輩に、ほんとんど怒ることはありません。


おこる7

ぜったいに怒らないと自分で決めています。
どんなトラブルも失敗も、一生懸命やっているうえで
起きていることです。話をよく聞いて、一緒に悩み
新しいやり方を考えるようにします。
話しているうちに、自分も後輩から学んだり教えられたりします。


おこる8

怒ることよりも、お互いにしっかり話すことが大切です。
じっくり話していくと、意外と自分の考えのほうが間違っていたり
古い考えだったりすることに気づくこともあります(汗)
結果として、新しい気づきをもらうことが出来ます。

昨日、電車に乗っていた時に、先輩らしき人から
大声で怒られている新人っぽい方を見かけました。


おこる4

かなり激しい口調で、仕事の失敗を責められていました。
申し訳なさそうに何度も新人の子が、頭を下げています。
何があったか分かりませんが、いろんな人が見ているところで
激しく責めるのは、どうかもうやめてあげてください。
そしてもうかなり後輩の方は反省しているようです。


おこる3

次は話を聞いてあげて下さい。
後輩の方にも、何か事情があるはずです。
失敗したくて失敗した人なんていません。
静かに語りかければきっと心を開いて語りだしてくれます。
先輩の責める口調はどんどん激しくなっていきます。
どんな失敗をしたのか分かりません。私が口を挟むことも出来ないまま
2人は途中の駅で降りて行きました。


おこる2

降りてからも、まだ怒っていようです(汗)
そんなに、人の見ているところで激しく怒らないであげてほしいな。
新人の方にも言いたいことが沢山あるはずです。
特に新人は、会社では弱い立場です。
ただでさえ意見が言いにくいのに、怒る人には、
さらに心を開いて話が出来なくなってしまうので
しばらくしたら、きちんと聞いてあげてほしいと心から思いました。

でも「怒ることが上手」な方もいます。
ある先輩のことを思い出しました。


おこる1

この方は、昔から仕事で激しく怒る方です(汗)
新人の頃からことあるごとに大声で怒鳴られていました。
ベテランに近づいている今も、激しく怒られる時もあります。
若い頃は、落ち込んだり、逆にそこまで怒られることかと
頭に来たり、言い返したりしてしまう時もありましたが
最近では、私のためにあえて怒ってくれていることを感じる時も多く
むしろ怒られること自体をありがたく感じてしまいます。

よく聞いてみると、怒り方が上手いのです。
激しく責めているようで、決して私の人格を
否定するようなことは言っていません。

おこる5

仕事に対する姿勢だけを、責めていることに気づきます。
言い返すほど本当に自分が一生懸命仕事に向かえているか
自分で自分に問いかけることになります。
大概の仕事に慣れてきてしまっている自分に
「喝」を入れてくれていることに気づきます。
怒り方に筋も通っていることも勉強になります。
そして、いつも誰もいない部屋でドアを閉めてから
怒ることも一貫しています。
そして最後の言葉はいつも決まっています。

「これ以上はもう言わない。お前なら分かるな。」

随分、たくさん言われた後なのですが(汗)
必ずこう言って言葉を止めるのです。
これがなぜかありがたい気持ちになるから不思議です。
本当は、まだ言おうとしていることがあるんですね(汗)
途中で止めてもらい、そして最後は信じてくれる心遣いに
新人の頃から感謝しております。これがこの方のやり方です。
怒り方のうまい方です。私には真似することは出来ません。

私は、私のやり方でいきたいと思います。
怒らないこと。そして人に温かく、人に優しく
しっかりと心に話しかけるやり方でいきたいと思います。
私は私らしく。今日も三味線と仕事頑張ります。



■竹の音さま
いつも読んでいただきありがとうございます。
新しい気づきをありがとうございます。
道具を丁寧に大切に扱う人間になりたいと思います。
たしかに人格は足下に表れると言うくらいなので、
私も靴を綺麗に磨こうと思います。

■ぶちゃネコさま
ブログを読んでいただきありがとうございます。
そうなんです。本番用の三味線、暑い時期に汗かきながら使うの
私も気を使います。練習用の三味線で出せる最高の音を出す
技術を身につけて行こうと思います。
そしてブログの印象と離れすぎないよう
ヒゲの手入れも気をつけていきます(笑)

■しもっちさま
会場で声をかけていただきいただきありがとうございます。
素晴らしい演奏でした。厳選された人数の演奏者で繰り広げられる舞台で
ゆっくりと堂々と演奏されている姿に感動しました。
私も一生懸命頑張って行こうと思います。本当にお疲れさまでした。




コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントありがとうございます。

非公開コメントをくださった方へ。

読んでいただきありがとうございます。

平常心でいたいけど、心の余裕のない時がある状況
よく分かります。私も忙しい時期や、かなり追い込まれている時は
たしかに、なかなか気持ちの余裕を持てなくなったりもします。

でも「怒らないこと」を自分の中でルール化して
その分しっかりゆっくり話すようにすると
不思議と自分の気持ちにも余裕が生まれてくる気がします。
大変な場面も多いかと思いますが時々試してみてください。

たしかに「何度も同じ失敗する人」に
仕事をする中で私も会うことがあります。
何度も同じ失敗をしないようにしてほしいと怒るのは簡単なのですが
それでは解決しないことが多いです。
私はなぜ同じ失敗してしまうのか、
その原因を一緒に考えてあげるようにします。
少し根気がいります。

本人が原因をつかみきれていない時が
多いので、話しながら探って行くしかありません。
そして「こうしなさい」ではなく、本人が原因をつかんだ上で
「こうしてみよう」と自分で思うことが重要なので
その言葉が出るまでじっくり待つようにします。

怒らずに相手を信じて待つことで
原因を本人が把握して、行動が変わると
とても嬉しい気持ちになります。
あっという間に変わる人もいれば、かなりの時間かかる人もいます。
いずれにしても自分の精神修行にもなる気がします。

怒らずに相手を信じて話しかけるやり方で
私は今日も頑張って行こうと思います。
いろんな方がいます。いろんな向き合い方があります。
自分らしい向き合い方で、お互い頑張って行きましょう♪

それでは失礼します。 邦風


プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ