無言の仕事に教えられること



お昼休みを利用して、買い物に行きました。

いつも使っている電動のシェーバーの替え刃と
電動の歯ブラシの替えブラシを買いに
会社の近くにある電気屋さんにやってきたのです。


でんきや8

どれも微妙に似ているものが多く迷ったため
メーカー名と型番を店員さんに伝えて
この製品にあうものを探していただく事にしました。
しばらく待った後、奥の方から
店員さんが申し訳なさそうな顔で現れました。


でんきや7

「お客さん、すいません。これシェーバーと電動歯ブラシ
 両方ともですね、一つ前の型なにってしまってですね
 この前までは、対応して関連商品が出ていたんですが
 最近、メーカーさんのほうが新しく出すものは
 新しい型用のものしか作らないという方針になったようでして。。。

 もう今は生産をやめたようで
 いつ生産するかも分からない状況です。 」


でんきや6

え!???もう古い型になっているんですか。。

どちらも2011年に、このお店で買った物ですが
もう対応してもらえない商品になってしまったようです。
壊れてもいないうえに、大事に使おうと思っていただけに
思わぬ言葉にビックリしました(汗)
世の中のスピードは私が思うより早いようです。

途方に暮れながら店内を歩いていると。。


でんきや2

さまざまな種類の「マッサージチェア」が置かれた
健康電化製品のコーナーの前を通りかかりました。
それは本来、売っている商品にも関わらず、たくさんの人たちがその上で
マッサージを体感しながらくつろいでいらっしゃいました。
その様子はまるで自分の部屋のようでした。

なぜ店内でそこまでくつろげるのか。。
早速、私も試してみる事にしました(汗)


でんきや1

うわぁ。これは心地いいです。最高です。
エアコンの効いた涼しい店内で、しかもふわふわのクッションに包まれて
弱くも強くもない、ほどよい力加減の心地よい自動のマッサージ。
後ろから大きないびきが聞こえてくるのもよく分かりました。最高です。

思わずうとうとしそうになりながら、ふと
先日行った三味線屋さんの言葉を思い出していました。


「この数ヶ月感、かなり頑張って演奏されていますね。
 かなりバチの角が丸まっています。」


でんきや5

私のバチを見ながら、三味線屋さんが言いました。
たしかにこの何ヶ月間か、かなり同じバチで練習していました。
とがっていたバチの先が、かなり丸まってしまったようです(汗)
このバチももう3年以上使っていますが
買い替えた方が良いでしょうか?

「買い替える必要はありません。
 少しづつ削りましょう。今回はこのくらいだけ削りましょう。
 少しづつ丁寧にに削っていけばまだまだ使えます。」


でんきや4

 なるほど、少し上部を削ることで丸まって来てしまった両端を
 再び尖らすことができるんですね! 一番気に入っている 
 大切なバチなのでまだまだ長く付き合っていきたいと思っていたので
 三味線屋さんの言葉を聞いて、思わず嬉しい気持ちになりました。
 ありがとうございます。よろしくお願いします。


でんきや3

「シュッ、シュッ、シュッ、シュッ、シュッ」

店内にバチをヤスリで研磨する音が、響き渡り始めました。


「シュッ、シュッ、シュッ、シュッ、シュッ」

三味線屋さんは一切話をしなくなりました。
ただひたすらバチを磨き続けてくださいました。

「シュッ、シュッ、シュッ、シュッ、シュッ」

私もその手もとをじっと見ていました。
物を大事にすることについて考えていました。
そして物を作るだけでなく、きちんと手入れをして
長く付き合っていくということについて考えました。

「シュッ、シュッ、シュッ、シュッ、シュッ」

長い付き合いを感じる心地の良い音でした。
三味線屋さんは何も語ってはいませんが
これからも三味線と大事に付き合っていきたいと
静かに深く思いました。

今日も仕事と三味線を頑張ります。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ