成果アピールの時期です(汗)



会社では、評価のシーズンに入っています。

この半年どんな仕事を取り組んで来て、結果を出せたか
まとめて上司に報告、発表しなくてはいけません。


こま10

これによって私の会社での評価が決まります。
自分の一生懸命やってきた半年間を
どのようにまとめて、どう発表するかかなり神経を使います(汗)

そしてまとめた資料をもとに上司との面談があります。


こま5

今期、頑張った自分の仕事のアピールや
どんな結果を出したか、また今後の新しいビジネスの一歩になり得たか
そしてそれがどんな意味を生んだかなど話さなくてはいけません。

自分で自分の仕事の良さを全力でアピールする。
何度やっても、なんだか恥ずかしいです(汗)


こま9

全力でやればやるほど、妙に気恥ずかしさを感じます(汗)
よく私の事を知っている上司に
堂々と自分の仕事の良さを主張するのは
なぜかとても照れくさい感じがします。
成果主義、成果評価、成果アピール、日本人の私には
なんだかなじめない感覚です。


こま8

自分で自分の仕事の良さをアピールする。
会社では、仕事と同時にこの能力を身につけなければいけません。

これは三味線でいうと、演奏をうまく行ったあとに
その演奏をした後に、自分の演奏の良かった点を自分でまとめて
その良かった点を強調して解説するような感じです。


こま7

自分で自分の演奏の良かった点をアピールするなんて(汗)
考えただけでも恥ずかしくて汗が出ます(汗)
津軽三味線の良さはむしろいくらでも語れますが
自分の演奏の良さをアピールするのは違和感があります。

自分の音を、どう聞いている人にアピールするか。
ここ最近、私は自分のアピールする音について考え
三味線の駒にこだわるようになってきているので
今までにも増して、いろんな駒を試しています。


こま2

いろんな状況や、条件で駒の選び方を変えたりもしています。
調子の悪い時はある駒を
調子が良く大きい音で挑みたい時は別の駒を
演奏する場所や状況、三味線のコンディションにあわせて
自分のイメージする音を出せる駒を選ぶようにしています。
最近出来た新しい駒を試しています。


こま1

ある駒職人の方が作った、小さい手製の駒です。
糸の振動を、皮によりダイレクトに伝える仕組みになっていて
私のはっきりしないモゴモゴとした音を
かなりクリアに鮮明で、芯のある音に変えてくれる駒になっています。
なかなか皮が張り替えられない時など、この駒を使う事で
しっかりした音が生まれてきます。


こま3

ある素材が駒の中を貫通しているため、音の伝導効率が良く
演奏者の小さなアピールを、はっきりした良い音に
変えることが出来る仕組みなっています。
いろんな方の声を聞き、試行錯誤して
改良に改良を加えた末に生まれた駒だそうです。


忍び駒や、ハード音緒も開発したその駒職人の方からは
小さく弱い者の声をしっかり聞いて受け止めて
それを救い上げるために、真剣に考え抜いて
一つの形を作ろうとする、情熱や温かさや志を感じます。

いろんな場所や状況で使わせていただこうと思います。
私の小さな仕事をしっかりアピールしてくれそうで
成果アピールにも使いたいところですが、それは難しいようです(汗)
いろんな駒や人との出会いが私の演奏を変えていく感じがします。
今日もしっかりアピール出来るよう
地道に三味線と仕事頑張ります。












コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ