カバンコロコロ(汗)





昨夜は、会社の先輩が、昔の私の話をしました。

当時の事をよく覚えていていただき恐縮です(汗)
なんだか恥ずかしくて汗が噴き出しました。


なやむ2

私の忘れていた過去のことを、思い出してしまいます。
右も左も分からない当時の自分は
とても恥ずかしいことばかりしていました。

電車の中でしみじみと思いました。


なやむ5

こんな私が、来月からきちんと津軽三味線を教えられるのかと。

やります!と言ってみたものの、本当に出来るのかどうか。。
一体どんな方が私の生徒になってくださるんでしょうか。
仮にもしも、すごく怖い人が来たらどうしましょうか(汗)


なやむ8

どんなに怖い方でも、津軽三味線を習いたい
という方はきっと良い方です。丁寧に心を込めて教えて見たいと思います。

もしも、音楽の理論や知識がある方が来たらどうしましょうか(汗)


なやむ9

私には他の楽器の知識もなければ
音楽という学問はついていけずに投げ出してしまった男です(汗)
馬鹿にされたり、あきれられたりしながらも
一生懸命、津軽三味線の「音楽」を教えなければいけません。

教えるというのに、そもそもこのブログは大丈夫でしょうか(汗)


なやむ6

たくさんの失敗や恥ずかしいエピソードを
たくさん綴ってきました。教える人が
こんなことを語っていて良いのでしょうか(汗)
これから教えさせていただく方を
がっかりさせてしまわないでしょうか(汗)
でも、急に上手い人になったようなブログにするのも
無理があります。悩むところです。


なやむ7

まずはバチの握り方、糸のあて方などを教えていくとして
どんどん上手くなる生徒がいたら、私はどこまで対応出来るのでしょうか。
私自身のレベルを上げて行かなくては、先がつまってしまいます(汗)
今まで以上に頑張らなくてはと思いました。

そんなことを電車で考えていたら。。
あれ?そういえば。。。私のキャスター付きのカバンがありません(汗)


なやむ4

どこにいったんでしょうか? 
しばらく考えごとしているうちにカバンが消えてしまいました。

スリ? ひったくり? 置き引き?
かなり焦ってしまいました(汗)私のカバンが見当たらないのです。
ふと車両の端の方を見ると。。


なやむ3

私のキャスター付きのカバンが、電車の揺れにあわせて
勝手にどんどん移動していました。
うわっ!あんなところにいってる(汗)
待って下さい。それは私のカバンです。
思わず立ち上がってカバンを追いかけました。

車両の中を無人で移動するカバンと
必死に無言で追いかける中年の男。
まるで恋愛ドラマの1シーンのようです。
でも全く絵になりません(汗)


なやむ1

周囲の視線と笑いを感じながら、必死になって車両の端まで
コロコロ転がるカバンを追いかけました(汗)
やっと追いつきました。こんなところまで走るとは思いませんでした。

一部始終を見ていた方が、あまりに必死にカバンを追いかける私を見て
爆笑していました。なんだか、ありがとうございます。
自分のカバンを引き止めようと、全力で車両の端から端まで
猛烈なダッシュする大人は客観的に見て、どう考えても滑稽だと思います。
むしろ、それを笑っていただいた事で少し気が楽になりました。
そして無事カバンをキャッチ出来てホッとしました。

その前まで随分高尚なことを考えていたわりには
なぜか恥ずかしいハプニングへと変化してしまいました(汗)


私はやはり失敗や恥ずかしい経験を繰り返す男です。
これからも沢山の失敗をしそうな気がします(汗)
もういっそのこと開き直りたいと思いました。
失敗を隠す事は簡単ですが、私はあえて
教える事になっても、こんなことを正直に書いていく
自分でいたいなと思います。
コロコロ転がるカバンを必死に追っかけていたら
なんだか難しい事はどうでも良くなってきました。

これからも汗かき恥かき頑張って行きたいと思います。
私は私らしく、私らしいやり方で
今までと変わらず正直にブログも更新し続けて行きます。
今日も三味線と仕事頑張ります。




コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

えんぱちさん、ありがとうございます!

えんぱちさん

ありがとうございます。温かいお言葉ありがとうございます。
そうですね。こんな私で良いのかと悩んでいましたが
こんな私だから伝えられる事を見つけられるよう
しっかり覚悟を決めて頑張りたいと思います。

仕事では早い段階で部下を教えることになり
戸惑いながらもとても成長する事が出来た気がします。
そうですね!教えるのは同じ“人"なのでそのノウハウが
活きてくることもあるかもしれません。

そうですね。自分らしい教え方ややり方を見つけられるまで
試行錯誤しそうですが、この辺りも汗かきながら恥かきながら
頑張ってみたいと思います。これからもいろいろと教えて下さい。

お互い無理をしすぎないよう体に気をつけて頑張りましょう♪
いつもありがとうございます。頑張ります!

邦風

非公開コメントをくださった方へ

非公開コメントをくださった方へ

コメントありがとうございます。
もちろんです!ちゃんと覚えています。
読んでいただいて感謝しております。

私の教室はどうなることやらという感じですが
宣言してしまったので、頑張ってみようと思います(汗)

プロであれば音色で有無を言わさず
生徒さんを惹き付けられるのですが
サラリーマン三味線の場合はどうなるのか暗中模索中です(汗)

教え方も未熟で、説明もきちんとできるかどうか不安ですが
三味線が好きな気持ちだけでも伝えられればと思い
偉ぶらず、上手そうに肩肘張らず、正直に
失敗も、恥も、すべて語ってそれでも三味線の面白さを
語り続けたいと思っています。

先日、師匠や兄弟子から初めての方を教える際のポイントを
教えていただきました。教え方も目から鱗でしたが
自分が初めてバチを握った「不安と希望の入り交じった初日」
のことを思い出しました。

正しいバチの持ち方をいつか自分も出来るようになるのかと思ったり
正確に糸に当たるようになるにはいったい何年かかるのかとか
そもそもこの世界に私のような者が入れさせていただけるのかとか(笑)
あの頃の得体の知れないドキドキ感を思い出しました。
そんな不安なスタート地点にいる方の不安を、少しでも取り除けるといいなと思います。
そして安心して楽しんでいただければいいなと思っています。
仕事で後輩に教えるように、怒らず焦らず、じっくりゆっくりと
そして一緒に真剣に楽しみながらやっていければと思っています。

教室に来られた50代の方のキラキラした質問の話ありがとうございます。
読んでいて嬉しくなりました。
津軽三味線の音を好きになった方は、みんな好きになれそうな気がします。
私も 津軽三味線に出逢えたこと、津軽三味線を通して出逢えた人達
そしてこうしてブログを通して繋がることができることを
改めて感謝しています。私も練習頑張ります♪

こちらこそいつもいつも、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。

邦風
プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ