親友との乾杯



先日、仕事で移動中に、東京タワーが目に入りました。

東京タワーを見ると、ある親友の事を思い出します。


親友1

大学時代の親友のことです。
お互い田舎から上京して来た二人が
初めて間近に見た東京タワーの存在感すごさに驚いたのを覚えています。

親友9

夜中に見た東京タワーは、ライトアップされていて
とても巨大で、美しく凛々しくそびえ立っていました。
これが東京タワーです。僕らは本当に地元を離れて
東京にいるんだということを実感したのもこの瞬間でした。


親友8

美しいです。まぶしいです。これが東京です。
東京ってすごいです。パリみたいです。
二人ともまったくフランスに行った事もありませんでしたが
エッフェル塔みたいだと本気で思いました(汗)


親友7

あまりの美しさと巨大さに、思わずその場に立ち尽くしてしまいました。
そして、すごいところに来てしまったと思いました。
こんな巨大なタワーの立っているところで
こんな小さな自分が、これからやって行けるのかなと
なぜだか急に不安になってきたことも覚えています(汗)


親友6

「俺、東京でやっていけるのかな?」

急に親友が私に聞いてきました。
なぜかまったく同じ事を思ったようです(汗)
これから始まる東京生活と大学生活。
体験したことのないものには不安がつきまといます。
やって行ける自信はどこにもありませんでした。


親友5

「大丈夫だよ。やっていけるよ。今は何にも無いから不安だけど
 何十年後かにはさ、ここで普通に暮らしていて、
 こんなタワーなんて小さく見えるようになるんだよ。」


なぜかそんなことを言った覚えがあります(汗)


親友4

帰り道、なぜだかはしゃぎながら二人で帰りました。
初めて見た東京タワーにテンションが上がったのか
不安を吹き飛ばそうとしたのか今ではよくわかりません。
二人で大笑いしながら歩いて駅まで歩いていました。

少しづつ東京タワーが小さくなって、まるで自分が
少しだけ東京に馴染んだかのような気持ちになりました。


親友3

今日一緒に東京タワーを見れて良かったわ。
 なんか頑張ろうという気になった。ありがとう。
 これからも東京タワーが小さく見えるまでお互い頑張ろうな。」


若かったし、お互い青かった親友との約束です。


親友2

素晴らしい親友でした。
お酒と映画とジャズが大好きでした。
デザインの事や音楽の素晴らしさを語った事も
まるでついこの前の事のようです。
今はその親友にはもう会う事は出来ません。
数年前に他界してしまったからです。

東京タワーが小さく見えるようになったら
一緒に乾杯するはずでした。残念です。


この乾杯は出来なくなりましたが
私はあなたの分まで頑張らなくてはと思います。
もっともっと頑張っていつか東京タワーが
小さく見えるようになったら
東京タワーの下にグラスを二つ置いて
お酒を飲ませていただきますね。

でもそれはまだまだ先のようです。
その時まで、仕事と三味線頑張ります。





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ