つたない芸、国境を越える(汗)



長い長いフライトでした。

エコノミー席で、隣に座った外国の男性の方が
なぜか私の見ていた映画を途中からじっと
横目で覗き込んでいました。

クライマックスのシーンでは、思わず二人で感動していました。


こみに7

感動する心に、国境は無いようです。

やっと飛行機が到着しました。
降りたところに、空港のバスが止まっていて乗り込みました。
満員の日本の電車に乗り込むのは慣れていますが
日本人が少ないバスに乗り込むのは少し不安です。


こみに8

体が大きな方に囲まれていることと
乗っているバスの行き先があっているのか分からない不安とで
いつも以上に自分が小さくなったような気がします(汗)
不安になる心に、際限は無いようです。

バスを降りて、ゲートについて身体チェックを受けました。

持って来た金属や電子機器など
専用のカゴに入れて検査を受けたものの
ズボンのベルトが思い切り金属探知機にひっかかり
ベルトを外して再検査を受けることになりました。


こみに2

ベルトを外した瞬間に、ズボンがゆるゆるとずり下がります。
下がるズボンの情けなさに、際限はありません。
こんなことなら着物の帯を締めてくれば良かったです。

そして最後の入国審査を受けました。

パスポートの写真と何度も見比べられながら
何かを聞かれたような気がしましたが、言葉がよく分からず
適当に返事を返したところ、さらに厳しい目で何か質問されました(汗)

こみに3

何かまずい事を言ってしまったんでしょうか。。
気まずい沈黙とともに疑いの眼差しが私に注がれました。
私はこのまま、何か取り調べられてしまうんでしょうか(汗)


その瞬間に。。
パスポートにドンとスタンプが押されました。
何だったんでしょうか。何が疑われて認められたのか
さっぱり分かりませんが、通過出来たようです(汗)

私の言葉のやりとりの危うさには、際限はありません。
空港を出たところで、車で向かえに来てくださった
仕事のスタッフと会う事が出来ました。


こみに1

送っていただいてありがとうございます。
お会い出来て嬉しいですと、たどたどしく英語で言ってみたものの。。

まったく英語を話さない方のようでした(汗)
通訳の方もおらず、現地の言葉はまったくわからないため
車内にきまずい無言の時間が流れて行きます。
お互いに感じる沈黙の長さに、際限はありません(汗)

この出張大丈夫でしょうか(汗)

途中のパーキングで一休みし、もう一度車内に戻ろうと思ったら
私が乗ろうとしたのはまったく別の車だったようです。

こみに4

違う車に乗り込もうとする私の姿を見た先ほどの方が
大声で私を呼んでいる事に気づきました。
ありがとうございます。危うく乗ってしまうところでした。
そのまま乗らなくて良かったです(汗)

その方もあまりに気づかない私の姿に
思わず笑ってしまっていました(汗)
笑っていただいて良かったです。
少しお互いの関係が和らいだ気がしました。
恥をかいて失敗して何か良い関係が生まれる事に
国境は無いようです。


夜、ようやくホテルのロビーに到着しました。


こみに5

ほっとしながらチェックインしようとすると
ここでもまったく言葉が通じない事がわかりました。
英語をまったく使わない国のようです。
身振り手振りでなんとかチェックインまで出来たものの
ドライヤーを借りたいなどのお願いがなかなか伝わりませんでした(汗)

こうなったら。。
絵を描くしかありません。
私には絵で伝えるという方法がわることを思い出しました。
ドライヤーという言葉が通じなくても
絵なら分かるかもしれません。


こみに6

その場で白い紙を取り出し、髪を乾かす自分の絵を
一生懸命描いてみました。伝わるでしょうか。。
このイラストと真剣な眼差しでお願いしてみました。

すると。。ドライヤーが出てきました!
伝わったようです。言葉の壁を絵が乗りこえてくれました。
絵に国境は無いようです。
そして最初、冷たかったフロントの方の表情が少し和らぎました。
私の少し馬鹿馬鹿しいくらいのドライヤー使用のイラストを
少し可笑しく思ってくれたようです(汗)

絵は世界共通言語なんですね。
このブログでコツコツイラストを描き続けて来た事が
こんなところで身を救ってくれるとは思いませんでした。
絵は国境を越える。芸は身を助ける。
そんなことを感じる瞬間でした。

もしかして。。
これは絵だけではなく、音楽もそうなのかもしれません。
三味線を一生懸命やっていれば、いつかいろんなところで
私を救ってくれる日が来るかもしれません。
何が自分を助けてくれるかわからないものです。
音楽は国境を越える。芸は身を助ける。
なんだか三味線が弾きたくなってきました。
まずはこの出張を頑張らなくてはです。

ようやく着きました。ここからさらに海外出張頑張ります。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ