チャチャチャチャ茶♪



お茶を飲みませんか?と誘われました。

お茶会へのお誘いです。
海外出張に行く直前に、茶室へ行けるなんて嬉しいです。


茶001

ワクワクしながら、準備が整うのを待っていました。
お茶についてのお作法は、よく分かりませんが
楽しみです。誘っていただいてありがとうございます。

準備が整ったようです。入り口へと案内されました。
え? これが入り口? こんなに小さいんですか?
これがあの「にじり戸」というものですね。

茶7

一体どうやって入るのか、私の体はきちんと入るのか
どっち向きに入るのが正しいのか、靴はどこで脱ぐのかなど
迷いましたが、分からないまま勢いで入ってみました。

上半身を、なんとか狭い入り口に突っ込んで通過させました。
意外と入るものですね。驚きました。

茶6

そのあと残った下半身をどう通過させるのが上品かと迷って
なんとなく、美しく見えるよう、つま先をのばしてみたのですが
おそらく、かなり謎な見え方になってしまったと思います(汗)

茶室に入ってしばらくしてから、お茶をたてていただきました。


茶2

お茶をたてる姿って、とても美しいですね。
「ゆっくりと、丁寧で、無駄の無い所作」だと感じました。
この動きになるまで何度も練習されたそうです。
ゆっくりと、丁寧で、無駄の無い動きは
私の三味線の動きで身につけたい動きでもあります。


茶5

お茶一杯入れていただくために、とても優雅な時間が流れます。
心をこめてお茶を入れる姿と、その所作に魅了されてしまいました。
普段ポットのお湯でお茶を飲んでいましたが、こんな心のこもった
お茶をいただくのは、本当に贅沢な感じがします。

ようやく私の前に、入れたばかりのお茶が差し出されました。


茶4

ありがとうございます。いただきます。
どのタイミングでお辞儀したら良いのか分からず
何度も頭を下げてしまいましたが
慎んでこの一杯を飲ませていただこうと思います。
普段の自分で入れて飲むお茶とは違って緊張しました。

なんて美しい色なんでしょう。
鳥のさえずりのみが聞こえる静かな空間の中で
お茶の良い香りがします。早速いただきます。

茶3

なんて深い味わいなんでしょうか。
心を込めて丁寧に入れていただいた所作や、相手を思う心が
すべてこの一杯の味に凝縮されていました。
お茶の味がこんなに五感を刺激するとは思いませんでした。
私も三味線の一音一音にもっと心を込めなくてはと思いました。
お茶の精神って素晴らしいですね。
とても美味しい時間と空間と味をいただくことができました。

掛け軸やお茶の道具もゆっくり見させていただきます。

見ては見たものの、正直よく分からず、しかも
掛け軸はなんと書いてあるのかまったく読めませんでした(汗)

茶02

「けっこうな掛け軸と、素晴らしいお茶の道具ですね」

分からないまま、とりあえず言ってしまいました(汗)
不勉強な自分がとても恥ずかしかったです。
これからはいろんな和文化をもっと勉強していきたいと思いました。

今日は素晴らしいお茶の世界に誘っていただきありがとうございます。
感謝の気持ちをお伝えしてお茶室を出ました。


茶1

とても素敵な時間を過ごす事が出来て嬉しかったです。

きちんとした所作を身につけていない私を誘っていただいて
恐縮してしまいましたが、とても贅沢な気持ちになりました。
一杯のお茶に心を込める和の精神に、静かに感動してしまいました。

明日からの海外出張のことで、ザワザワしていた気持ちが
とても落ち着く事が出来ました。
いろんなこと、心を込めて頑張れそうな気がします。
目の前の方に、ゆっくりと
丁寧に、そして心を込めることの大切さを学びました。

仕事にも三味線にも取り入れて行きたいと思います。
今日も三味線と仕事頑張ります。




更新し続けているホームページです。
お時間のある時にでもどうぞ。http://kunikaze.jimdo.com/侘び寂びdays/

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ