Good bye バラライカ




大変だった、極寒の中の仕事もなんとか終了しました。

これは現場にあった、雪を投げる的だそうです。
なんとも素朴なタッチの絵に、何度も心を癒されました。


かえる10

現地スタッフと打ち上げをしました。
かなり大変な仕事でしたが、終わってしまうと淋しいものです。
お酒を飲みながら、地元料理を食べて
お互いの苦労をねぎらい合いました。

お酒の勢いのせいか、お互いの気持ちが一つになっているからか
なぜか通訳の方なしでいろんなことを話が出来ました。

かえる8

お互い片言の英語で話していても、気持ちはしっかり伝わるんですね。
仕事の話から、いつの間にか音楽の話になり、
三味線の事を話したところかなり興味を持っていただけました。
さらにこの国の伝統楽器の話になりました。

見てみたいと伝えると、翌日飛行機に乗る前の時間を利用して
車で連れて行ってくれることになりました。


かえる7

お心遣いがありがたいです。どんな楽器か見てみたいです。
そして生でその音を確かめてみたいです。そう思ったものの。。

激しい渋滞が送っていました。
インフラが整っていないそうで、つねに渋滞は起こってしまうそうです。
車があまり動かないまま、飛行場に行かなくてはいけない
時間が迫ってしまいました(汗)
残念ですがあきらめて、飛行場に向かうことにしました。


かえる6

渋滞が激しかったので、ドキドキしましたが飛行場には間に合いました。
良かったです。これから搭乗手続きや荷物検査をして
長い長い時間をかけて日本に戻ります。本当にお世話になりました。
この国でいろんなことを教わりました。
ありがとうございました。来させていただき感謝しています。
そうお礼を伝えたところ。。


かえる5

「本当にすまない。あなたを楽器屋さんに連れて行ってあげられなくて
 とても残念だ。心残りです。申し訳ない」


そう言われました。とんでもないです。
時間のないことを承知で、楽器屋さんに
連れて行ってくれようとした皆さんの心に感激しています。
一人一人と握手しようと思ったところ。。


かえる4

抱きしめられました。ハグっていうんですね。
日本人なので一瞬戸惑いましたが、温かいお心遣いを
抱きしめさせていただきます。大丈夫です。
また来させていただきます。きっと今回見れなかったのは
また来た方が良いという合図だと思います。

バラライカという楽器だそうです。
三味線と同じ3本の糸が張られた楽器だそうです。

かえる3

見てみたかったです。その音を聞いてみたかったです。
きっと寒さに戦うこの国の音色が奏でられる楽器だと思います。
でも大丈夫です。今回は見れなくても仕方ありません。

「あなたが帰った後、私たちがバラライカの良いものを
 街で一生懸命探して、日本に送ります。」


かえる2

温かい言葉に、急に涙が出そうになりました。
とんでもないです。それでは仕事になってしまいます(汗)
私は少し見てみたかっただけです。そしていつかまた見に来たいと思います。
今度来る時の楽しみにしておきたいと思います。
温かいお気持ちありがとうございます。嬉しいです。

そう思ってお別れの挨拶をした瞬間に
とても温かい笑顔を見る事が出来ました。

かえる1

笑わない国の人と聞いていましたが
とても優しく温かい笑顔で手を振ってくれました。
とても心優しい、気持ちの温かい方達でした。
きっとバラライカという楽器も、優しくて温かい音がする楽器だと思います。
雪の冷たさと温かさを知るこの国の方たちが生んだ楽器は
いつかまたここに訪れたときに、聞いてみたいと思います。

私は日本に帰ります。帰ったら津軽三味線と仕事頑張ります。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ひょっとしたら、バラライカが邦風さんのところに届くのでしょうか?
この後の展開が気になります(笑)
ハグ、最初はどっきりしますが、
私は女性の方にハグされて、それがお別れの時だったので
いっしょにえぐえぐ泣いてしまった記憶があります。
外国のこういう習慣も、良いものだな~って思った瞬間でした。
・・・が日本人同士では恥ずかしくて出来そうにありません。^^;

みやごんさん、いつもありがとうございます

みやごんさん

ブログ読んでいただきありがとうございます。
またこの国を訪れたくなるように
あえて今回は会わせてもらえなかったのかもしれません。
バラライカにいつどこで、どんな形で
出逢う事が出来るのか、とても楽しみです。

ハグ、日本人の私にとってはかなりどっきりしました。
でも、とても相手の心が伝わって素晴らしい習慣だと感じました。
みやごんさんはハグに、お別れの記憶があるんですね。
言葉や握手だけよりも、お互いの心や体温が
しっかり伝わって涙が出てしまう気持ち分かります。
私もその場にいたら泣いてしまいそうです。

この素晴らしい習慣を、
日本人同士でも広めて行きたい気持ちですが、日本では思わず
「今からハグをさせていただきたいと思っていますがよろしいでしょうか?
ときちんと相手の意思を言葉で確認してしまいそうです(汗)

自然に相手を包み込むようなハグができる海外の方を
羨ましく思いますが、日本人としていろいろ頑張りたいと思います。
いつもありがとうございます。頑張ります。
プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ