穴をとるか。皮をとるか。



今日は新年、初ボランティア演奏に行ってきます。

気になっているのは、三味線の皮の張り具合です。
皮を張り替えてから何年も経っているため
そろそろ替えなくてはと思っています。


ズボンの穴2

皮の張り具合は、音の響きに直接影響します。
破れたら張り替える方、定期的に何年かおきに張り替える方
1年ごとに張り替える方、張り替えるタイミングは人それぞれですが
いずれも音が悪くなる前に、早めに変えた方が良いそうです。


ズボンの穴3

張りたての皮の三味線の音は、とても元気なハリのある音がします。
良い音を求めて、1ステージごとに張り替えるプロの方もいるそうですが
サラリーマンには、そんなお金の余裕はありません。
張り替えたいのはやまやまですが、皮の張り替えは
かなりの出費になります。いつ張り替えようかと考えていたところ。。


私の愛用しているズボンに、いつの間にか
大きな穴があいている事が分かりました。

ズボンの穴8

まったく気づかないまま、この状態で仕事に行ったり
演奏に出かけたりして過ごしていました(汗)

長年履いている間に穴があいてしまっていたようです。
随分みすぼらしい後ろ姿で人前に立っていたと思うと
急に恥ずかしくなってしまいました(汗)
継ぎ接ぎするわけにもいかず、慌てて洋服屋さんに買いに行く事にします。


「あ、すいません。このズボンとこのズボンを試着したいのですが。。」

今、ズボンとは言わないようです(汗)ボトムスと言うそうです。

ズボンの穴7

古い言葉を使う、お尻に穴の空いた昭和の男は、試着室に案内されました。
カーテンの外に店員さんがいると思うと、なぜか少し落ち着きませんが
早速ズボンを試着させていただきます。あ、ボトムスでした(汗)


新しいボトムスを履いてみたら、なんだか気分が引き締まりました。
これから1年新しい挑戦をしてみようという気持ちになりました。
フィット感も良さそうです。丈を私の足の長さにあわせて折っていただき
印としてマチバリを差していただきました。


ズボンの穴6

この丈を直していただく時に、切られてしまう生地の多さから
日本人体型の自分を切なく感じながら、さらに脱ぐ時に
このマチバリが落ちて迷惑をかけてしまわないかハラハラし
慎重に脱ごうとしすぎて変な姿勢になって
背中と足がつりそうになりました(汗)

ふと、試着室の隅のほうに目をやると。。


随分、くたびれた状態の私のボトムスが、いや、
ズボンというほうがしっくりくる
かなりくたびれたズボンが脱ぎ捨てられていました。

よく見ると生地もかなり劣化していて
色もところどころ落ちている事に気づきました。

ズボンの穴5

何年も大切に履いた相棒のようなズボンですが
ここまでクタクタになるまで履いてしまったことが
とても申し訳ない気持ちになりまってきます。


穴があく前に、もっと早く気づいてあげるべきでした。
クタクタになる前に、休ませたりしてあげるべきだったなと思います。
長年私を支えてくれた私のズボンが愛おしくなりました。

丈直しが終わったようです。新しいボトムスの会計をしながら
穴のあいたズボンのことを考えているうちに
クタクタになりかけている三味線の皮のことが気になり始めました。


ズボンの穴4

やはり破れたら張り替えるのではなく
音が悪くなって来たら早めに替えなくてはいけない気がします。
急にこのボトムス代を、三味線の皮代に回したい気もしてきました(汗)

演奏の時に座ってしまえば見えないかもと思ったり
仕事の時も正面だけ相手に見せていれば大丈夫かもと思ったり
本当に新しいボトムスが必要なのかと、急に考えてしまいました。
ズボンにお金をかけるべきか、三味線の皮にお金をかけるべきか。。

ズボンの穴1

次元の違う2択に思わず悩んでしまいましたが
でも、いくらいい音が出るようになっても
良い仕事をしていても、
やっぱりお尻に穴があいていたら
せっかくのいい音が台無しになってしまう気もします。

そもそも、もう丈を直してもらったので、今さらな悩みでした(汗)
しっかりとお支払いさせていただきます。
綺麗に丈も直していただきありがとうございました。

まずは新しいボトムスで気を引き締めて、頑張りたいと思います。
皮は、コツコツお金を貯めて、大会の前には
張り替えられるといいなと思いました。
そのためにも、今日も三味線と仕事頑張ります。





コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは、邦風さん!

ボトムス、インナー、アウター…。
私もシックリきません。笑

『SHAMISEN ART』、楽しみにしています。

ですよね!

コメントをくださった方へ

読んでいただきありがとうございます。
ボトムス、インナー、アウターという言い方がシックリこないの
私だけではなくて良かったです♪

ありがとうございます。 『SHAMISEN ART』もボランティアも
これから頑張って行きます。よろしくお願いします。

邦風
プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ