極寒地仕様の男(汗)


東京に雪が降り積もると聞きました。

備えあれば憂い無しです。
極寒の地での出張を耐え抜いた防寒ブーツを
履いて行く事にしました。


熱い8

ロシア出張もフィンランド出張も乗り切ってくれました。
マイナス15℃まで耐えられる、高性能なブーツです。
見た目は少しゴツいのですが、これを履いていれば
降り積もる雪を恐れず仕事ができそうな気がします。


熱い7

あれ?張り切ってブーツを履いて来たわりには。。

大して雪が降りません。
途中からみぞれになって、さらに雨になってきたかと思うと
その雨もだんだんやんで来てしまいました。
特に寒さも感じないまま電車に乗りました(汗)


熱い6

履いて来たブーツが異様に暖かくて、電車の中で
一人ホカホカしてきました。
マイナス15℃でもないのに履いて来た
極寒地仕様のブーツは、暖かい車内で
私の体温をどんどん上げて行きます(汗)
朝から行われた社内会議でも。。


熱い5

一人でコタツに入っているかのような暖かさです。
極寒地仕様のブーツの効果すごいです。
もともと暖かい会議室で、私の体温は上がり続けて
一人で汗だく状態になってしまいました(汗)

完全に雪はやんでしまったようです。
ゴツいブーツで、プレゼンに向かいました。


熱い3

一生懸命プレゼンをすればするほど、体温が上がります(汗)
一人サウナ状態で、汗が止まりません。
室内の仕事が多い私の仕事に、極寒地仕様のブーツは
やはり大げさだったのかもしれません(汗)
社内に戻ってからのパソコン作業も。。


熱い4

熱いです。一人ポカポカします(汗)
体温が上がって、だんだん眠くなってきました(汗)
自分がなぜパソコンの画面を見ているのか
じっと見ている書類が何なのかさえ分からなくなってきました。
熱いです。眠いです。うわっ、目をつぶってしまいました。
寝たら終わりです。眠ってはいけません。

別のプレゼンに、電車で向かう間も体温は上がりっぱなしでした。

熱い1

「この前の個展でのライブ、良かったですよ。
 真剣にやられていて本当に感動してしまいました。」


後輩の嬉しい一言に、心まで熱くなり汗が止まりません。
雪が降るからと思ってワイシャツの下に着ていた
ヒートテックも、容赦なく私の体温を上げて行きます。
そんな中、ある方から三味線のライブをするので
遊びに来てみてくださいという連絡を受けました。


熱い2

嬉しいご連絡ありがとうございます。
私の個展に2度も足を運んでくださった方です。
もちろんです。プレゼンが終わり次第、行かせていただきます。
降り積もるはずだった雪は完全にやんでしまい
晴れ間さえ見えてきました。

なんだか一人だけゴツいブーツを履いている自分が
とても滑稽に見えてきました(汗)
履き替える靴を持って来ていないので、仕方ありません。
熱いライブに、極寒地仕様のブーツを履いた
熱い体温の男が、熱い気持ちで行かせていただきます。
楽しみです。さらに体がポカポカしてきました。

今日も三味線と仕事頑張ります。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ