民謡の唄い方以前の問題?



どこを見て唄えばいいんでしょうか。

三味線の方は
なるべく大会に出たり、舞台にあげていただいたりで
少しづつ人前で弾くことに慣れてきました。

習い始めた民謡も頑張っていますが。。。
なかなか一朝一夕でできるものではありませんね。

声の出し方、メロディーなどが難しいのはもちろんのこと
いざ人前で唄うとなると、まず最初に
いったいどこを見て唄ったらいいか全然わからなくなる
のです。カラオケのようにと思ったのですが、
カラオケはモニターを見るので大丈夫なのですが
民謡を人前で唄う場合は
お客さんのほうを向いて歌うため
目が合ってしまって恥ずかしかったり
さらに目をつぶると歌詞を忘れるうえに
目線をそらして遠くを見ると音程が外れる
なかなか目線のやり場が難しいのです。

度胸をつけるためにも人前で恥ずかしがらずに
唄うようにして、目線の置き所だけでもコツをつかみたいと思っています。
まだまだ唄う以前の問題が多そうです(汗)

何事も経験。いろんな実験をしながら、いろんな問題を乗り越えながら
コツコツやっていこうと思いました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

邦風

Author:邦風
澤田 邦風(さわだ くにかぜ)と申します。東京で、仕事をしながらライフワークとして津軽三味線を演奏する日々を送っています。良い音色とは何か、日々追求しつつ頑張っています。「邦風ホームページ」でも活動が見られますので、見てみてください。

リンク
ブログランキング
ブログランキングに参加しています。 ボタンを押して応援していただけると 励みになります。
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
このエントリーをはてなブックマークに追加
サラリーマン ブログランキングへ